犬の甲状腺機能低下症(こうじょうせんきのうていかしょう)

 のどにある甲状腺から分泌される甲状腺ホルモンの機能が弱まることで発症する病気を言います。

 甲状腺ホルモンは、全身の細胞に作用して代謝を上げる働きを持つホルモンで、機能が強くなりすぎると甲状腺機能亢進症(こうじょうせんきのうこうしんしょう)、弱くなりすぎると甲状腺機能低下症が発症します。前者の場合は体温の上昇、呼吸数の増加、心拍数と血圧の増加、食べているのにやせていく等の症状が見られますが、犬では極めてまれ(1~2%)とされており、圧倒的に低下症の方が多いというのが特徴です。

たった55秒でペット保険の無料資料請求

 大切なペットの具合が悪くなり、動物病院へ行くと、
 かなりの請求金額になる事はよくあります。

 ケガや病気で手術が必要となった場合、
 「入院費+手術代で200,000円」ですとなったら、
 どうしますか?
 
 いざという時の為にも人間と同様に保険には加入を検討してみて下さい。

 保険料よりも補償内容をきちんと比較する必要があります。
 保険料の安さだけで選んだら、いざ、病院に行ったら、
 「こちらは保険外です」なんて事にならないように、

 ワンちゃんの為にも、飼い主様の為にも、しっかりと各社を比較して、
 ご自分と愛するペットに最適な保険を選びましょう!

 大切なペットの保険選びの前に「無料資料請求」はこちら ⇒ かわいいペットの急な病気に備えて!!

主な症状
☆胴体の左右対称性脱毛
☆動作が鈍くなる
☆体温が低下し寒さに弱くなる
☆全身がぶよぶよむくんだようになる
☆顔のむくみによる悲劇的顔貌
☆脱毛部に色素が沈着する
☆心拍数と血圧の低下
脂漏症膿皮症などの皮膚疾患

 甲状腺ホルモンの低下によって毛の新陳代謝が滞ると、被毛が簡単に抜けるようになってしまいます。抜け毛が起こりやすいのは、摩擦が生じやすい腋の下、胸元、おなか、首輪の下などで、指で毛を引っ張るとゴソッと抜け落ちてしまうこともあります。また甲状腺機能低下症に特徴的な症状としては「悲劇的顔貌」が挙げられます。これは、体内における水分代謝が低下することでムコ多糖類が顔に蓄積し、皮膚がブヨブヨになった状態のことです。この病気が時に「粘液水腫」(ねんえきすいしゅ)と呼ばれる理由はここにあります。

 

犬の甲状腺機能低下症の主な原因 

 

犬の甲状腺機能低下症の主な治療法

  • 体内で不足している甲状腺ホルモンを、人工の甲状腺ホルモン製剤(レポチロキシンなど)を投与することで補います。ただし量を間違えると逆に甲状腺機能亢進症(代謝が上がりすぎて心拍、脈拍、血圧、体温が過剰に上がってしまう)の症状が現れますので要注意です。投薬後、1~2週間で表情や活動性が改善し、1~4ヶ月で皮膚症状が緩やかに消えていきます。ただし、投薬は一生続けなければなりません。
  • クッシング症候群など、別の疾病によって甲状腺機能低下症が引き起こされている場合は、それらの基礎疾患への治療が施されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA