犬の水腎症(すいじんしょう)

 尿を排出する管の通りが悪くなり、腎臓内部におしっこがたまってふくらんでしまった状態を言います。
 より正確には、尿管、膀胱、尿道までのどこかで尿の流れが閉塞された状態(尿路閉塞症)と、血流障害により腎臓が部分的に萎縮してしまった状態を合わせて水腎症と称します。

主な症状
☆おなかがふくらむ
急性腎不全
慢性腎不全

 

たった55秒でペットの安心を確認しませんか?

 大切なペットの具合が悪くなり、動物病院へ行くと、
 かなりの請求金額になる事はよくあります。

 ケガや病気で手術が必要となった場合、
 「入院費+手術代で200,000円」ですとなったら、
 どうしますか?
 
 いざという時の為にも人間と同様に保険には加入を検討してみて下さい。

 保険料よりも補償内容をきちんと比較する必要があります。
 保険料の安さだけで選んだら、いざ、病院に行ったら、
 「こちらは保険外です」なんて事にならないように、

 ワンちゃんの為にも、飼い主様の為にも、しっかりと各社を比較して、
 ご自分と愛するペットに最適な保険を選びましょう!

 大切なペットの保険選びの前にたったの55秒で「無料資料請求」はこちら ⇒ かわいいペットの急な病気に備えて!!

犬の水腎症の主な原因

  • 先天的な奇形により尿路が閉塞してしまうことがあります。具体的には尿管と膀胱の移行部が先天的に狭くなっているなどです。多くの場合、子犬の頃から症状を示します。
  • 後天的な理由により尿路が閉塞してしまうことがあります。具体的には結石による目詰まり、腫瘍による圧迫、炎症による周辺組織の腫れ、避妊手術による不慮の尿管結紮などです。

犬の水腎症の主な治療法 

  • 水腎症が片側だけに生じている場合は、片方の腎臓を摘出する外科手術が行われることがあります。
  • 水腎症が両方の腎臓に発生している場合は、腎不全と似た症状をきたしますので、主に急性腎不全に準じた治療法が施されます。
  • 別の疾病によって水腎症が引き起こされている場合は、それらの基礎疾患への治療が合わせて施されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA