ブルドックの特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

ブルドックの誕生した背景・歴史、性格や外見、手入れ方法や散歩の頻度、性質から見るしつけ方などがここにあります。

ブルドックの歴史

 ブルドッグは、18世紀ごろのイギリスで雄牛(ブル)と犬を戦わせる牛いじめという見世物が流行し、牛に対抗できる犬として開発されました。
現在のブルドッグは品種改良され、温厚な性格をしています。
ブルドック

外見  低い体高、広い肩幅、大きな頭、突き出た下顎が特徴です。
被毛は短く、カラーはレッド、フォーン、ホワイト、ブリンドル、パイボールドなどがあります。
性格  善良で勇敢、優しく温和、穏やかで冷静沈着です。
体重  21~25kg
体高  31~36cm

ブルドックの健康

ブルドッグは皮膚が緩んでいるため、皮膚病にかかりやすいです。「アトピー性皮膚炎」や「毛包虫症」には注意が必要です。また骨盤が小さいため出産の際は難産になることが多く、骨格も独特のため、息をするときゼーゼーと音を出したり、睡眠時にいびきをかいたり、よだれをたらしたりします。
その他で、「股関節形成不全症」や「鼻腔狭窄」に期を付けましょう。

ブルドックの運動

毎日20~30分程度の散歩で十分です。

たった55秒でペットの安心を確認しませんか?

 大切なペットの具合が悪くなり、動物病院へ行くと、
 かなりの請求金額になる事はよくあります。

 ケガや病気で手術が必要となった場合、
 「入院費+手術代で200,000円」ですとなったら、
 どうしますか?
 
 いざという時の為にも人間と同様に保険には加入を検討してみて下さい。

 保険料よりも補償内容をきちんと比較する必要があります。
 保険料の安さだけで選んだら、いざ、病院に行ったら、
 「こちらは保険外です」なんて事にならないように、

 ワンちゃんの為にも、飼い主様の為にも、しっかりと各社を比較して、
 ご自分と愛するペットに最適な保険を選びましょう!

 大切なペットの保険選びの前にたったの55秒で「無料資料請求」はこちら ⇒ かわいいペットの急な病気に備えて!!

ブルドックのしつけ

あまり利口とは言えないので、しつけの覚えは遅いかもしれません。根気よく行う必要があるでしょう。

しつけの基本は必ず確認しましょう⇒犬のしつけの基本理論 完全ガイド
「おすわり」や「待て」など行動別のしつけ方法はこちら⇒犬の行動別しつけ方法

ブルドックの手入れ

被毛は汚れたときに濡れタオルで拭くなどの最低限の手入れで充分です。ただし顔と尻尾のしわの間は細菌が繁殖しやすいため、こまめに拭くようにします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA