犬の胃潰瘍(いかいよう)

犬の胃潰瘍~愛犬が吐血したり、便が真っ黒な下痢だったら~

 犬の胃潰瘍(いかいよう)とは、胃壁を深く損傷し、胃の粘膜が傷ついてでこぼこになった状態のことです。
 胃潰瘍には、ゆるやかに経過する慢性と突然発症し急激に進行する急性があり、症状も軽度なものから最悪の場合、命を落とす可能性のあるものまで様々です。
 医学的に「びらん」(erosion)とは組織の損傷が粘膜層にまで達した状態を指し、「潰瘍」(かいよう, ulcer)とは、器官の表面を覆う上皮組織が欠損し、その下にある組織にまで至った状態を指します。ですから「胃潰瘍」と言った場合は、胃の表面を覆う粘膜層が何らかの理由で欠損し、さらに下にある粘膜下層や筋層にまで達してしまった状態ということになります。胃潰瘍の好発部位は、胃袋の入り口付近にある「胃底部」と、出口付近にある「幽門洞」です。

ここでは、犬の胃潰瘍の主な原因はもちろん、症状から対処法などをまとめていますので、是非ご参考になさって下さい。


  • 犬の胃潰瘍の主な症状
  • 犬の胃潰瘍の主な原因
  • 犬の胃潰瘍の主な治療法

犬の胃潰瘍の主な症状

 胃潰瘍の代表的な症状としては、吐血や真っ黒な下痢がみられます。胃潰瘍が進行すると多量に出血し貧血になることがあります。

主な症状
☆嘔吐
☆吐血(コーヒー色の嘔吐物)
☆血便
☆腹痛(触ると痛がる)
☆背中を丸めたような姿勢

犬の胃潰瘍の主な原因

 胃潰瘍は、胃酸が過剰に分泌したりすることによって、胃壁が損傷され起こります。

  • 基礎疾患
    慢性胃炎肥満細胞腫など、胃に生じた何らかの病変が引き金になって発症することがあります。その他、アジソン病慢性腎不全、肝臓疾患、膵臓疾患など、胃以外の疾患が原因となることもあります。

  • 寄生虫
    大小さまざまな寄生虫が胃炎を引き起こし、結果として胃潰瘍を形成することがあります。具体的には、回虫、フィサロプテラ(胃虫)などです。

  • 薬の副作用
    ある種の薬が胃炎を引き起こすことがあります。具体的には非ステロイド抗炎症薬(NSAIDs)、グルココルチコイドなどです。

  • ストレス
    人間では精神的なストレスが胃潰瘍を引き起こすことが分かっていますが、動物の場合は身体的なストレスが胃潰瘍の引き金になります。具体的には敗血症(はいけつしょう=病原体によって引き起こされた全身性の炎症反応)、低血圧、熱中症火傷、血栓塞栓症などです。

  • ピロリ菌
    人間においては、「ヘリコバクター・ピロリ」という菌が慢性胃炎や胃潰瘍を引き起こすことが分かっています。動物においては研究段階ですが、胃潰瘍を発症した犬の胃の中で検出されることもあるため、やはり多少は関係しているのかもしれません。

犬の胃潰瘍の主な治療法

 胃潰瘍が重症化し胃に穴を開けることがありますが、そうなる前に胃潰瘍となった原因を制御できれば、経過はおおむね良好です。

  • 基礎疾患への治療
    別の疾病によって胃潰瘍が引き起こされている場合は、まずそれらの基礎疾患への治療が施されます。たとえば肥満細胞腫が原因の場合は腫瘍の切除、腎不全の場合は投薬治療を施すなどです。

  • 対症療法
    症状の軽減を目的とした治療
    が施されます。具体的には胃酸の分泌を抑えるため、制酸薬や抗ヒスタミン薬などが投与されます。これらの投薬は治癒後も継続することがあります。

  • 経過観察
    出血、穿孔、過剰嘔吐、腹膜炎が見られる場合は入院し、輸液や輸血を行いながらしばらく経過が観察されます。

  • 手術
    切除可能な病変部が発見された場合は、開腹して患部を切除することがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA