アイリッシュセッターの特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

アイリッシュセッターの特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

アイリッシュセッターの誕生した背景・歴史、性格や外見、手入れ方法や散歩の頻度、性質から見るしつけ方などがここにあります。


  • アイリッシュセッターの歴史
  • アイリッシュセッターの特徴
  • アイリッシュセッターの健康
  • アイリッシュセッターの運動
  • アイリッシュセッターのしつけ
  • アイリッシュセッターの手入れ

アイリッシュセッターの歴史

現在でも改良を続けられている進化系犬種

1700年代にアイルランドで発展したセッター種です。
初期のアイリッシュセッターの毛色は、赤にところどころ白が混ざっており、アイリッシュ・レッド・アンド・ホワイト・セッターに近い犬種でした。
この美しい毛色はレッド&ホワイト・セッターから時々生まれていましたが、選別交配されて、19世紀初頭に固定されました。

現在でも、ドッグショーのリングで華やかな姿を見せるだけでなく、実猟犬としての改良も続けられています。

アイリッシュセッターの特徴

気品あふれる美しい被毛に、争いを好まず温和で優しい性格

アイリッシュセッター
外見 被毛は適度な長さで赤い色をしており、尾と脚には絹のような気品あふれる美しい飾り毛を持ちます。
耳は、垂れ耳で大きいです。
体は無駄なく引き締まり、力強いです。
前に突出した胸骨は大きな肺を細い体に収めるためであり、胸の形も特徴的です。
性格 体力が旺盛で心身ともにたくましく、陽気な性格で、感受性は強いですが、細かいことには動じないという猟犬らしい精神的な強さがあります。
賢く従順でフレンドリーな性格です。
他の犬や人との争いを好まず、温和で優しく、家族と一緒にいる事が大好きです。
しかし、屋外で猫などの小動物に出会った時は態度が豹変し、時には追跡をしようとすることがあります。
体重   27~33kg
体高   64~69cm

アイリッシュセッターの健康

「股関節形成不全」と「胃捻転」に注意

アイリッシュセッターの平均寿命は、12~15年ほどです。

胃拡張や胃捻転が起きやすいことが知られています。
ドカ食いをしないように注意し、食事のあとなどの運動も控えさせましょう。

また、稀ではあるものの、進行性網膜萎縮症(PRA)が比較的多い犬種としても知られています。
光を感知する網膜が変質してしまい、萎縮が進行して視力が低下し、失明に至るという病気で、遺伝性の疾患です。
暗い所でぶつかりながら歩くなど、夜の散歩で不安そうにしていたら、可能性を疑ってみるのが良いかもしれません。
動体視力より先に止まっているものが見えにくくなるようです。

大型犬に起きやすい股関節形成不全は、アイリッシュセッターでも起きやすいとされています。

アイリッシュセッターの運動

一日1時間の散歩でも十分とは言えない

アイリッシュ・セターはもともと猟犬だったため、スタミナがあります。
特に若いうちは、一日1時間の散歩でも十分とは言えないでしょう。
運動不足により欲求不満になって問題行動を起こすことがありますので、飼うにあたっては、旺盛な運動欲をどうやって満足させるかを検討してから決断すべきでしょう。
ドッグランなどで思いっきり走らせてあげて下さい。

散歩中に他の犬と出会ってもあまり問題はありませんが、猫や小動物を見つけた時は、遠方にいても飼い主を振り切って走り出そうとすることがあります。
体力があふれながら訓練の十分でない若犬のあいだは、制止できる人が散歩に行くようにしましょう。

アイリッシュセッターのしつけ

しつけは比較的入りやすい

服従心が強く、とても賢く従順なので、しつけや訓練は比較的入りやすいとされています。
しかし、おおらかで大雑把な面があるため、室内トイレなど細かい生活のしつけには、少々根気がいるかもしれません。

しつけの基本は必ず確認しましょう⇒犬のしつけの基本理論 完全ガイド
「おすわり」や「待て」など行動別のしつけ方法はこちら⇒犬の行動別しつけ方法

アイリッシュセッター(顔)

アイリッシュセッターの手入れ

毎日のブラッシングが必要

アイリッシュセッターの被毛の手入れは欠かせません。
毎日のブラッシングが必要でしょう。
美しい被毛を維持するためにも、獣毛ブラシで仕上げをすると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA