エアデールテリアの特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

エアデールテリアの特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

エアデールテリアの誕生した背景・歴史、性格や外見、手入れ方法や散歩の頻度、性質から見るしつけ方などがここにあります。


  • エアデールテリアの歴史
  • エアデールテリアの特徴
  • エアデールテリアの健康
  • エアデールテリアの運動
  • エアデールテリアのしつけ
  • エアデールテリアの手入れ

エアデールテリアの歴史

「テリアの王様」と呼ばれる犬種

イギリスのヨークシャー州のウェスト・ライディングにある谷「エアデール」(エア渓谷)が犬種発祥の地です。
テリアの中で最も大きく、「キング・オブ・テリア」と呼ばれています。
19世紀中頃に労働者階級の人たちが、カワウソ猟で活躍する「オッターハウンド犬」と、古い種類の「 ブラック・アンド・タン・テリア」を交配させたことでこのエアデール・テリアを作り出したとされています。
名称は当初、「ビングレー」や「ウォーターサイド・テリア」でしたが、1878年に「エアデール・テリア」となりました。
1886年には、イギリス・ケネルクラブがエアデール・テリアを犬種として正式に認定しました。
19世紀の中頃、テリア犬がその周辺に住む大きな川ネズミを追いかけるという定期的な競技会がエア川に沿って行なわれていました。
川岸の獲物のネズミがいる穴を見つける能力、そしてフェレットによって穴から駆り立てられたネズミが水に入ったのを追って捕らえる能力を審査されました。
こうした行事の人気が高まってくると、この作業を優秀にこなすテリアへの需要も起こり、その期待に応える為にオッター・ハウンドと、その時期に一般に普及していたブラック・アンド・タン・テリアやブル・アンド・テリアを交配させることで作り出されました。
出来上がったのは、我々が今日これがエアデール・テリアだと認める、脚の長い犬でした。
この体格は、小回りを効かせて働くのが流儀のテリア種としても、敵の獲物から自分の身を隠すのにも大き過ぎていましたが、競技会でテリアに期待される他の仕事はどれも上手にこなしました。
特に水に関する作業が上手く、 この大きなテリアには、ネズミを捕獲する技術に加えてさまざまな才能がありました。
猟犬の血が入っていることから、獲物を嗅ぎつける能力に恵まれており、大きな動物に組み付くのに十分な大きさと体力も持っていました。
そのため、 強力な嗅覚により獲物が銃で傷ついたことを主人に教えることも、その獲物を回収することも出来ました。
またその大きさと気質により家や農場の番犬としても有能でした。
第一次世界大戦では、戦線で敵の背後にいる味方の兵士に連絡文書を運ぶためにエアデール・テリアが広範囲で利用され、赤十字も、負傷した兵士を戦場で発見するために利用していました。
エアデール・テリアを飼っていた有名人としてはジョン・ウェインも知られています。
いつも一緒にいたその犬の名「リトル・デューク」にちなんで彼は「ビッグ・デューク」というニックネームで呼ばれていました。

エアデールテリアの特徴

運動能力も高く学習意欲も旺盛

エアデールテリア
外見

脚がスラリと長く、体高が高いのが特徴です。
体調と体高がほぼ同じ長さのスクエア型で、力強さを感じさせる筋肉質の体をしています。
胸はひじに届くほど深く、背中は短くまっすぐで、手足やしっぽもまっすぐな、全体に四角い印象を与える体型です。
頭部も長く、頭頂部は平らで、ストップはほとんどありません。
目は小さく、耳はV字型に垂れています。

トップコート(上層毛)は硬い針金状で、アンダーコート(下層毛)は柔らかで毛皮のようであることが求められています。
頭、耳、脚が茶褐色や橙褐色であるのが正しいコートカラーとされています。
また、背中はブラックかグリズル(黒と灰色や赤色の混合色)とされています。
生まれたときの被毛はブラックが多いですが、成長するにつれてしだいにタンが多くなります。

口は鋏状咬合(上の歯が下の歯に密着して覆い、顎に対して垂直に附着する)のが標準とされており、歯はテリア種で最も大きい。

性格 勇敢でとても賢く、判断力がありながら服従心も強く、堂々とした姿に品格があります。
運動能力も高く学習意欲も旺盛なので、原産国のイギリスを始め、日本を含めた世界各国で軍用犬や警察犬として働いていることからも、その実力がうかがい知れるでしょう。
エアデールテリアは、明るく元気で活発で、頑固で勇敢で負けず嫌いという、テリアらしい性質ですが、性格的に一直線な面があるため、ときにはそそっかしい行動で家族を笑わせてくれます。
気難しく、頑固な一面もありますので、ほかの犬と争いごとを起こすこともあります。
体重  21~27kg
体高  56~61cm

エアデールテリアの健康

眼病が起きやすい

エアデールテリアの平均寿命は11~14年ほどです。

とても健康な犬種で、病気にならずに老衰することは決して珍しくありません。
エアデール・テリアは、遺伝性疾患には比較的かかりづらいですが、視力がしだいに低下する「進行性網膜萎縮(PRA)」や「角膜ジストロフィー」、まぶたの異常(内反外反)、結膜炎などの眼病が起きやすいとされています。

また、1~2才頃までに股関節形成不全肘関節形成不全若年性腎不全が発見されることがあります。

中年齢以上では、「拡張型心筋症」、「僧房弁閉鎖不全症」などの心臓疾患や、甲状腺ホルモンの分泌が低下する「甲状腺機能低下症」が現れることがあります。

エアデールは大型で胸が深く、胃捻転が起こりやすい体型です。
ドカ食いを避けるために食事は1日2回以上に分けて与え、食後は落ち着いて過ごさせるようにしてください。

多くのテリアと同様に、エアデール・テリアには皮膚炎になりやすい傾向があり、 アレルギーや栄養バランスの悪い食事、甲状腺の生産過剰や不足は、皮膚の健康状態に大きな影響を与えます。

エアデールテリアの運動

1回1時間以上の散歩を1日2回

ストレスがたまると不満から、扱いにくい犬になってしまいます。
ですので、健康なうちは1回1時間以上の散歩を1日2回以上行なってあげましょう。
また、時には、ドッグランなどで思いっきり走らせてあげて下さい。

エアデールテリアのしつけ

訓練やトレーニングは得意

頑固な面がありしつけにくいことがある反面、好奇心が強く、自分で考える知性と判断力がありますで、訓練やトレーニングも得意で、優れた力を発揮します。
強引なしつけには反抗的になりますが、ほめられると素直に反応し、自分から学習して見せるという向上心があるので、信頼関係を築き、上手くしつけられれば手がかかりません。
ただし、知性が高いので、飼い主の知性を判断しているようなところがあります。
訓練やトレーニングでは一貫性のある指示を出すようにするなど注意が必要です。
動物離れした人間のような心の動きが人々を魅了している所以と言えるでしょう。

しつけの基本は必ず確認しましょう⇒犬のしつけの基本理論 完全ガイド
「おすわり」や「待て」など行動別のしつけ方法はこちら⇒犬の行動別しつけ方法

エアデールテリアの手入れ

週に3回以上のコーミングやブラッシング

抜け毛がとても少ない犬種ですので、家庭犬としての被毛の手入れは週に3回以上のコーミングやブラッシングと定期的なシャンプー、カットで維持できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA