離れていても、いつでも一緒。【ドッグカメラ】

ブリュッセルグリフォンの特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

ウェブクルー  ペット保険資料一括請求

ブリュッセルグリフォンの誕生した背景・歴史、性格や外見、手入れ方法や散歩の頻度、性質から見るしつけ方などがここにあります。

ブリュッセルグリフォンの歴史

 ブリュッセル・グリフォンは、ベルギー原産で、「グリフォン・ブリュッセル」と呼ばれる事もあります。
「グリフォン」の語源は「ワイヤーコート」という説や、「捕まえる」という意味の動詞 griffer の変形という説があります。ブリュッセル・グリフォンの祖先はベルギーの都市部でネズミなどの害獣を駆除していた小型犬とされています。
1870年代に、ベルギー王妃マリー=アンリエットが小型のグリフォンを愛犬としたことにより流行しました。その後、さらに小型で、人間に似た平たい顔を持ち、毛色が安定するように改良が進みました。その際に「アフェンピンシャー」や「パグ」、「ヨークシャー・テリア」などが交配されたと言われています。
ブリュッセルグリフォン

外見  マズルはつぶれていて、あごひげや口ひげが豊かで、体は華奢で脚は細長く、耳は半垂れ耳かボタン耳、尾は垂れ尾です。耳は断耳して立たせ、尾は短く断尾することもあります
被毛は、硬くて長く、 赤茶色のワイヤーコートが特徴です。同じ親から生まれても、ブラックの毛色は「ベルジアングリフォン」、スムースコート(短毛種)は「プチブラバンソン」と呼ばれ、違う犬種と認定されます。
性格  陽気でやんちゃですが、フレンドリーで飼い主には深い愛情を持ってくれます。また、警戒心は強いですが、心を開くのも早いので、番犬には向いていないかもしれません。
体重  3〜5kg
体高  18〜20cm

ブリュッセルグリフォンの健康

かかりやすい疾患としては、「軟口蓋過長症」「気管支狭窄」、「熱中症」などがあげられます。
また、小型犬一般に起きやすい「膝蓋骨脱臼」など関節の疾患にも注意しておきましょう。
なお、ブリュッセルグリフォンなどの短頭種の犬は、難産であることが知られています。出生直後に呼吸不全で亡くなってしまったり、出産途中で死産となってしまったりする場合があります。
軽い気持ちで交配や繁殖をするのは、決して愛犬の幸福ではありません。不幸な結果を招くことになりかねないことを理解しておきましょう。

ブリュッセルグリフォンの運動

毎日回20分程度の散歩と、遊び好きなので、室内でじゃれ合ってください。この犬種にとっては、この上ない喜びとなるかもしれません。

ブリュッセルグリフォンのしつけ

頑固な面もあるため、根気よくしつけをしましょう。たくさんの人や犬と触れさせ、社会性を身につけさせましょう。

しつけの基本は必ず確認しましょう⇒犬のしつけの基本理論 完全ガイド
「おすわり」や「待て」など行動別のしつけ方法はこちら⇒犬の行動別しつけ方法

ブリュッセルグリフォンの手入れ

シングルコートですので抜け毛は少ないです。ただ、毛玉になりやすいので、週2~3回にブラッシングで解きほぐしてあげましょう。

最後に

 大切なペットの具合が悪くなり、動物病院へ行くと、かなりの請求金額になる事はよくあります。
 いざという時の為にも必ず人と同様に保険には入っておきましょう!

 保険料よりも補償内容をきちんと比較する必要があります。
 保険料の安さだけで選んだら、いざ、病院に行ったら、「こちらは保険外です」なんて事にならないように、
 ワンちゃんの為にも、飼い主様の為にも、しっかりと各社を比較して、
 ご自分と愛するペットに最適な保険を選びましょう!

 大切なペットの保険選びの前に「無料資料請求」はこちら⇒保険スクエアbang!/ペット保険

オリジナル歯磨きペースト バイオペースト ルース お試し

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA