ヨークシャテリアの特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

「動く宝石」とも言われるヨークシャーテリア

シルキーで手触りのよい美しい被毛のヨークシャー・テリアは「動く宝石」とも呼ばれ、現在も人気を博しています。
性格も明るく遊び好きな超小型犬ですが、気の強い一面も特徴の一つでしょう。

しつけが少し難しいイメージがあったり、その華奢な体からあまり長生き出来ないのではと思われる方もいるかも知れません。
中には、散歩をする必要がないと思っている方もいるでしょう。

ここでは、そんなヨークシャーテリアの誕生した背景や歴史、性格や外見、手入れ方法や散歩の頻度、性質から見るしつけ方の詳細などをまとめていますので、是非ご参考になさって下さい。



ヨークシャーテリアの歴史

当初は今の倍の大きさだった

ヨークシャー・テリアはイギリス原産で、「ヨーキー」とも呼ばれています。

19世紀中頃、イギリス・ロンドンの北部にあるヨークシャー地方の工業地帯のネズミを捕まえるために間接狩猟犬として誕生しました。
1862年に「ブロークン・ヘアード・スコッチ・オア・ヨークシャ・テリア」と命名されましたが長すぎたため定着することなく、程なくして「ヨークシャ・テリア」と呼ばれるようになりました。

当時は今の2倍近くの5kg程度で毛質も硬かったのですが、その後、マンチェスター・テリアやスカイ・テリア、マルチーズなどさまざまな種類を交配させ小型化が進み、毛質も柔らかく滑らかになり、庶民だけではなく貴族など上流階級でも愛されるようになりました。

ヨークシャーテリアの特徴

チワワに次ぐ小型犬

ヨークシャーテリアの被毛は、シングルコートです。
毛色が成長とともに変わるのが特徴で、一生のうちに7回も変化するとも言われています。
子犬の頃は全体的に黒い部分が多く、その中にところどころタンと呼ばれるゴールドが見られます。
成長するにつれて、黒かった毛は白やシルバーに近い色になり、よりツヤを感じられるようになります。
ジャパンケネルクラブの公認カラーは「ダーク・スチール・ブルー&タン」の1色のみです。

体は華奢で体重は2〜3kg程度と軽くとても小柄です。

性格はテリア気質が色濃く、自己主張が強く、頑固で警戒心も強いです。
それ故に、知らない人や犬に対しては吠えるなどの攻撃性を見せる事もあります。
ただ、飼い主に対しては、忠実で甘えん坊な一面もあります。
体は小さいですが、活発で遊び好きですので、とても可愛い小さな子供のような犬種です。
賢く飼い主にも忠実ですので、しっかりとしつけをすれば良きパートナーとなってくれるでしょう。

ヨークシャーテリア
外見

絹のようなストレートの被毛が全身を覆っています。
子犬の頃はほとんど黒い毛で覆われていますが、成長にしたがって、少しずつタン色の毛が増えます。
毛色はブラック&タン(赤褐色)、ブルー(青みがかった黒色)&タン、ブラック&ゴールド、ブルー&ゴールドなどがあります。
黒い毛は灰色やシルバー、金色などに変化をし、最終的には犬種の特徴でもあるダーク・スチール・ブルーとタンの2色になります。

体重も2〜3kg程度でとても小さく、チワワに次ぐ小型犬とされています。

性格

明るく活発で遊び好きな性格です。
とても気が強く、頑固ないわゆる「テリア気質」です。
その気の強さから、大型犬に向かっていくこともあります。
その反面、飼い主には深い愛情を示し、家族にもとてもフレンドリーに接してくれます。

体重  2~3kg
体高  15~18cm

ヨークシャーテリアの健康

平均寿命は14〜16歳前後と長命

ヨークシャテリアの平均寿命は14〜16歳前後と長命です。

腸管内部から多量の蛋白が漏れ出てしまう「タンパク喪失性腸症」に比較的なりやすい傾向があります。原因は様々で、症状は下痢が見られることが多いです。

かかりやすい疾患として、「門脈体循環シャント」があげられます。
症状は、食欲不振、おう吐、下痢やふらつきなどで、それらが見られたら、早めに受診しましょう。

その他では、血尿、頻尿、排尿困難といった症状が現れる「尿道結石」や、小型犬に多く見られるひざのお皿の骨が外れてしまう「膝蓋骨脱臼」、肺へ空気を送る気管がつぶれてしまう病気で呼吸困難を起こす「気管虚脱」などがあります。

平均寿命が長いからと言って高を括らず、しっかりと健康には留意してあげましょう。
定期的に健康診断を受けるなどすると良いでしょう。
それが元気に長生きしてくれる最大のコツですから。

ヨークシャーテリアの食事

年齢や愛犬の特長によって考えましょう

ヨークシャーテリアの成犬の食事は1日2回が一般的です。
ただ、食が細かったり、集中して食事を出来ない子であったり、胃腸が弱く便通がスムーズではない子には、3回以上に分けて食べさせるなど臨機応変に対応する事も必要です。

また、子犬の時期や老齢犬になってくると、カロリーの消費量も変わってくるので、年齢でも食事を考える必要があります。

愛犬に合ったドッグフードを探す

愛犬の健康を考える上で、食事の管理を大切です。
「太りすぎだな」と思ったら、低カロリーのフードにしなくてはいけません。
逆に年老いてきて、食欲が細くなったら、少ない量でもエネルギーを取れる老齢犬用のフードに替える必要があります。

下記は様々な犬用品を卸値に近い価格で提供してくれるサイトです。
参考までにどうぞ。

愛犬のフードを探す⇒外部リンク:犬の通販デパート ニコシティ

ヨークシャーテリアの運動

毎日15~30分程度の散歩

毎日15~30分程度の散歩で十分です。
「室内だけの運動で十分です」なんて言うペットショップの店員がいますが、それではヨーキーもストレスが溜まってしまいますし、可哀そうです。
少ない時間でもいいので、毎日、外の世界を味わわせるようにしましょう。

それとは別に遊び好きなので室内でおもちゃなどで遊んであげるといいでしょう。
甘えん坊な一面もあるので、日々の飼い主との接触がヨークシャテリアの幸せの一つとなります。

ヨークシャーテリアのしつけ

根気よくしつけを行いましょう

テリア種特有の気が強く、頑固な面もあるので、根気よくしつけを行いましょう。
特に服従訓練をしっかり行う必要があります。
しっかりとした主従関係が築けないと、何も言う事を聞いてくれないわがままな子になってしまう可能背もあります。

また、警戒心が強いので、幼犬のころから、たくさんの人や犬と触れさせて、社会性を身に付けさせましょう。
その警戒心の高さからすぐに吠えてしまいますので、「無駄吠えのしつけ」もしっかりと行いましょう。

しつけの基本は必ず確認しましょう⇒犬のしつけの基本理論 完全ガイド
「おすわり」や「待て」など行動別のしつけ方法はこちら⇒犬の行動別しつけ方法

ヨークシャーテリアの手入れ

ブラッシングは毎日行いましょう

シングルコートなので抜け毛はあまりありませんが、伸び続けるので、月一回程度の定期的なトリミングが必要です。
その被毛は細く絡まりやすいので、ブラッシングは毎日行いましょう。

また、口まわりの毛は伸びやすく、食事の度に汚れるので、清潔に保つために拭いてあげるといった事も心掛けましょう。

ヨークシャーテリアのカットスタイル

元祖はフルコートだった⁉

ヨークシャーテリアの被毛は伸び続けるので、カットは月1回を目安に行うと良いでしょう。

また、ヨーキーはカットスタイルによって、印象がかなり変わります。
「動く宝石」と呼ばれるほど美しい被毛を持つヨークシャーテリアの本来のスタイルは全ての被毛を伸ばしたフルコートと呼ばれるスタイルです。
ドッグショーでは、フルコートのヨークシャーテリアばかりが登場します。
それは、ジャパンケネルクラブにおいて、ヨークシャーテリアのスタンダードを「長い被毛で、左右に均等に真っ直ぐ垂れる。分け目は鼻から尾先まで伸びている。」としていてるからです。
しかし、現在では一般的にはフルコートのスタイリングをしているヨーキーは珍しく、様々なカットを楽しいでいる方が多いのが実情です、

耳の飾り毛からお顔につなげて顔全体を丸くしたスタイルがスタンダードと言えるでしょう。
幼い子供のような可愛らしさが際立つカットで、飾り毛を生かせるのも人気の一因です。

また、顔とお耳を分けてカットすることで耳を強調したスタイルも人気です。
これはミッキーマウスに似ている事から、ミッキーカットミッキーマウスカットとも呼ばれます。

被毛のお手入れが大変だという方に人気なのが、顔や体など全体的に短くスッキリさせたサマーカットも人気です。
毛玉が出来てしまって、どうしようも出来なくなった場合もサマーカットにする場合もあります。
小さな子犬という印象から夏場以外でもこのスタイリングをする方がいます。

以上のようにヨーキーのカットスタイルは様々です。
その時々で、愛犬に一番合ったカットをすると、また一段と愛着が湧いてくる事でしょう。

まとめ

✔ 遊び好きで明るい性格だが、気の強い一面も
✔ ブラッシングは毎日行う事
✔ 被毛のカットで印象がガラリと変わる

とても明るくて遊び好きな性格ですが、気が強く、頑固な一面もあります。
いわゆるテリア気質と云われるもので、しつけには根気が必要でしょう。
しかし、飼い主にはとても深い愛情を示し、家族にもとてもフレンドリーに接してくれます。

ヨークシャーテリアは、シングルコートなので抜け毛は少ないですが、ブラッシングは毎日行ってください。
柔らかな被毛は、絡まりやすく、美しい毛並みを維持する上でも、また衛生面でも注意してあげて下さい。

被毛は伸び続けるので、様々なカットスタイリングを楽しむ事も出来ます。
また、季節に合わせて、フルコートにしたり、サマーカットにしたりすると良いでしょう。

ヨークシャーテリアは、その小さく愛らしい見た目と明るく天真爛漫なその性格が、人を惹き付けてやまない人気犬種です。
ただ、しつけはしっかりと行って、お互い良きパートナーとなれるように努めましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA