ウェルシュシープドッグの特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

ウェルシュシープドッグの特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

ウェルシュシープドッグの誕生した背景・歴史、性格や外見、手入れ方法や散歩の頻度、性質から見るしつけ方などがここにあります。


  • ウェルシュシープドッグの歴史
  • ウェルシュシープドッグの特徴
  • ウェルシュシープドッグの健康
  • ウェルシュシープドッグの運動
  • ウェルシュシープドッグのしつけ
  • ウェルシュシープドッグの手入れ

ウェルシュシープドッグの歴史

羊を誘導する牧羊犬として活躍

1820年代にウェールズにつれてこられた「ボーダー・コリー」をベースとし、それに地元の「ワーキング・コリー」を掛け合わせることによって作出されました。

ウェルシュシープドッグが初めて公の場に出たのは1873年の牧羊犬競技大会で、ここで好成績を残したため知名度・人気が上昇しました。
大会後は多くの農民がウェルシュ・シープドッグを使うようになり、羊を誘導する牧羊犬としてだけでなく、性格のよさが評価されてペットとしても飼われるようになり、さらに普及が進みました。
しかし、1900年代に入るとウェルシュシープドッグに対する関心は薄れ、無計画な異種交配が多く行われたために純血の犬がとても少なくなり、絶滅の危機に陥いりました。
幸い愛好家は多く、絶滅を防ぎ純粋繁殖を促進するための犬種クラブが同年代に設立されました。
このクラブの活動によりウェールズ中に何頭の本種が生存しているのかなどが調査され、その結果44頭の純血犬が発見されました。
このうちのおよそ半数は繁殖が可能で、この犬たちをもとに繁殖を継続し、現在まで種として生き残るまでに至っています。
現在ウェールズでは人気のある犬種で、実用犬としてだけでなくペットとしても人気が高いです。
しかしウェールズ国外ではあまり知られておらず、原産国外ではほとんど飼育されていません。

ウェルシュシープドッグの特徴

身体能力は非常に高く、やさしく友好的

ウェルシュシープドッグ
外見 引き締まった体を持ち、身体能力は非常に高いです。
上品で優雅なたたずまいは、ボーダーコリーにそっくりです。
短めだが先細りのマズルを持ち、耳は立ち耳または半立ち耳で、尾はふさふさとした垂れ尾です。
コートは硬いアウターコートと保温性の高いアンダーコートからなるダブルコートです。
コートの長さは、柔らかく長いロングコートのものと、さらりとした短いショートコートの2タイプがあります。
毛色は「ブラック」、「ブラック・アンド」、「ホワイト」、「ブラック・アンド・タン」、「トライカラー(黒白茶)」、「ブルー・マール」などがあります。
瞳の色は通常ブラウンだが、片方がブラウンでもう片方が青いバイアイの個体もいます。
性格 性格は明るく活発、やさしく友好的です。
家族以外の犬や人とも仲良くすることができ、小さな子供に対しても寛容です。
とても賢く、飼い主への忠誠心は高いです。
しつけの飲み込みは非常によく、状況判断力も通用の犬種に比べて高いです。
体重  18~20kg
体高  43~51cm

ウェルシュシープドッグの健康

「股関節形成不全」「コリーアイ症候群」に注意

ウェルシュシープドッグの平均寿命は、12~15年ほどです。

気をつけたい病気は「股関節形成不全」「コリーアイ症候群」や夜間や暗いところで目が見えにくくなる遺伝性の病気である「進行性網膜委縮症」と、ボーダーコリーがかかりやすい「セロイドリポフスチン症」にも注意が必要です。

「コリーアイ症候群」は眼の疾患で、軽度の場合は無症状ですが重症化すると網膜剥離や眼房内出血を起こして視力障害を起こします。
最悪の場合、失明してしまいます。
視神経と網膜の発達異常が原因とされています。

ウェルシュシープドッグの運動

毎日2回1~2時間程度の運動

個体によってはボーダー・コリーをも凌駕するほどのずば抜けた身体能力を持つものもいるが、通常はボーダー・コリーと同等の身体能力を備えています。
ウェルシュシープドッグはもともと牧羊犬なので、飼育には十分な時間を割いて運動量を確保してあげる必要があり、少なくても毎日2回1~2時間程度の運動が必須です。

また、遊ぶことが大好きで活発な犬種ですので、ドッグランで自由運動やボールキャッチ、フリスビーをしてあげると喜んでくれますよ。

運動不足で無駄吠えや破壊などの問題行動に繋がり安い犬種ですので、適度な運動でストレスを溜めさせないようにしてあげましょう。

ウェルシュシープドッグのしつけ

聞き分けがよいので、しつけはしやすい

ウェルシュシープドッグは、聞き分けがよく飼い主に忠実で、高い知能も持ち、状況判断力はボーダーコリー並みに高いですので、しつけはしやすいです。

しかし、わがままが通る環境に置かれれば、飼い主に依存することなく自立して手に負えなくなることもあります。
幼犬期からのダメことなはダメと毅然とした態度で、服従訓練を徹底する必要があります。
ただ、しつけの飲み込みは非常によく、状況判断力も通用の犬種に比べて高いです。

しつけの基本は必ず確認しましょう⇒犬のしつけの基本理論 完全ガイド
「おすわり」や「待て」など行動別のしつけ方法はこちら⇒犬の行動別しつけ方法

ウェルシュシープドッグの手入れ

毎日欠かさずブラッシング

ウェルシュシープドッグは、ダブルコートなので、抜け毛は多く、特に春と秋の換毛期には、抜け毛の量もさらに増えます。
抜け毛が抜け落ちずに体に残っていると皮膚の通気が悪くなるので、毎日欠かさずブラッシングをしましょう。

シャンプーは月に1~2回程度は行い、必ずドライヤーを使ってしっかりと乾かすようにしましょう。
生乾きのまま放っておくと、皮膚病の原因になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA