ピットブルの特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

ピットブルの特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

ピットブルの誕生した背景・歴史、性格や外見、手入れ方法や散歩の頻度、性質から見るしつけ方などがここにあります。


  • ピットブルの歴史
  • ピットブルの特徴
  • ピットブルの健康
  • ピットブルの運動
  • ピットブルのしつけ
  • ピットブルの手入れ

ピットブルの歴史

闘犬に勝つためにつくられた犬種

ピットブルの正式名称は「アメリカン・ピット・ブル・テリア」です。
「ピット・ブル」、1870年代にイギリスからアメリカ合衆国に輸入された「スタッフォードシャー・ブル・テリア」をベース「ブルドッグ」などを厳選して交配し作出されました。
要は闘犬で勝つためにつくられた犬種です。
作家マーク・トウェイン、発明家トーマス・エジソン、セオドア・ルーズベルト大統領、ヘレン・ケラーなどの著名人から愛された事でも知られています。
なお、ほぼ同じ容姿を持つ「アメリカン・スタッフォードシャー・テリア」は、性格をより温厚にした犬種とされ、1936年にアメリカン・ケネルクラブに公認されています。

ピットブルの特徴

筋肉質な体型で、迫力のある存在感

ピットブル
外見 胸部が幅広い筋肉質な体型で、迫力のある個性的な顔立ちをしています。
艶のある短毛で、毛色と模様は白、黒、ブリンドルなど多種多様です。
垂れ耳ですが、耳を短くカットすることもあります。
性格 非常に強い闘争心があり、危険な犬種との評価がありますが、我慢強く、飼い主に対しては忠誠心と服従心が強い性格であり、忠実な性格でもあります。
ただ実際には、訓練に熟練した人以外が気軽に飼える犬種ではなく、飼育難度がトップクラスでもあります。
体重  14〜36kg
体高  46〜56cm

ピットブルの健康

眼病には注意が必要

ピットブルの平均的寿命は12年程度と言われています。
緑内障」、「白内障」、「チェリーアイ」などの眼病には注意が必要です。
その他では、「皮膚病」、「心臓病」、「腫瘍」などができやすいとされています。

ピットブルの運動

最低でも毎日2時間程度の散歩

かなりの運動量が必要で、最低でも毎日2時間程度の散歩はしてあげて下さい。
ドッグランに連れて行くのは危険な面があり、じゃれ合っているうちに本気になり、取り返しのつかない結果を招く恐れが十分にあります。

ピットブルのしつけ

飼育難度がトップクラス

子犬の頃からたくさんの人や犬と接触させながら社会性を育み、時には厳しく訓練やしつけを行い、どんな時でも命令に従うという信頼関係を築く必要があります。
他の犬との争いが起きやすい犬なので、多頭飼いには向きません。
また、小さなお子さんがいる家庭にも不向きです。

しつけの基本は必ず確認しましょう⇒犬のしつけの基本理論 完全ガイド
「おすわり」や「待て」など行動別のしつけ方法はこちら⇒犬の行動別しつけ方法

ピットブルの手入れ

被毛の手入れは楽?

短毛で被毛の手入れは楽です。
週に1回程度ブラッシングを行ってあげましょう。
その際は、スリッカーブラシなどの硬めの方が適しています。
ブラッシングをした後に、軽くタオルなどで拭くと被毛の輝きが維持できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA