ビションフリーゼの特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

ビションフリーゼの特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

ビションフリーゼの誕生した背景・歴史、性格や外見、手入れ方法や散歩の頻度、性質から見るしつけ方などがここにあります。


  • ビションフリーゼの歴史
  • ビションフリーゼの特徴
  • ビションフリーゼの健康
  • ビションフリーゼの運動
  • ビションフリーゼのしつけ
  • ビションフリーゼの手入れ

ビションフリーゼの歴史

アンリ3世にも愛された犬種

ビションフリーゼは、フランス原産で、「ビション」はマルチーズ、「フリーゼ」は巻き毛という意味です。
その起源は古く、14世紀には存在しており、地中海沿岸で「バルビー」と呼ばれていた大型のウォータードッグと、「マルチーズ」などの白い小型犬を掛け合わせて作られました。
この掛け合わせは「バービションズ」という系統として確立され、さらに「ビション・マルチーズ」「テネリフェ」「ボロニーズ」「ハバニーズ」の4種類に分けられましたが、その中で船乗りがカナリア諸島のテネリフェ島に持ち込んだとされている「テネリフェ」が後のビション・フリーゼとほぼ同じ犬種とされています。
14世紀には船乗りたちがテネリフェをイタリアへ持ち込み、上流階級の人々の注目を集めました。
16世紀にはフランスに渡り、フランソワ1世やアンリ3世などの貴族たちの愛玩犬として愛されました。
第一次世界大戦により絶滅の危機に瀕しましたが、後に数人のフランス人繁殖家たちがビション・フリーゼの救済運動に乗り出し、1933年、正式に「ビション・プワル・フリーゼ」と命名されました。

ビションフリーゼの特徴

初めて会う人や動物にもフレンドリー

ビションフリーゼ
外見 体重は3kg ~10kgで個体差が大きい犬種ですが、5~6kgが望ましいとされています。
被毛はダブルコートで、カラー純伯に限ります。
性格 性格は陽気で、初めて会う人や動物を問わずにフレンドリーで、家族に非常に従順です。
温厚で賢く、辛抱強い面もありますので、小さい子供の相手も問題ありません。
体重  3 ~10kg
体高  30cm前後

ビションフリーゼの健康

とても健康的な犬種

ビションフリーゼの平均寿命は12〜15歳ほどです。
特徴は純白の巻き毛。愛玩犬にもかかわらず特殊な遺伝的疾患もなく、きわめて健康的な体質と健全な心をもつ稀な犬種でもあります。

ビションフリーゼの運動

毎日30分以上の散歩

体は小さいですが、ある程度の運動を必要とします。
甘えん坊な性格なので、ひとりでいる時間が長いとストレスになることがあります。
運動が大好きなので毎日30分以上の散歩はしてあげて下さい。
ただ、毛量が多いので、暑い時期は避けましょう。

ビションフリーゼのしつけ

しつけは簡単?

従順で明るい性格であり、賢く人懐こいため、しつけは難しくありません。
吠える事も少なく、とても飼いやすい犬種と言えます。
きつく叱らずに、ほめて伸ばす方法でしつけましょう。

しつけの基本は必ず確認しましょう⇒犬のしつけの基本理論 完全ガイド
「おすわり」や「待て」など行動別のしつけ方法はこちら⇒犬の行動別しつけ方法

ビションフリーゼの手入れ

毎日ブラッシングを

被毛の手入れは、抜け毛は少ないですが、毛玉ができやすいので、できれば毎日ブラッシングを行って下さい。
ブラッシングをして、下毛にも空気を入れてあげましょう。
目や口の周りは汚れやすいので、湿らせて絞ったコットンやペット用のウエットシートでこまめに拭いて清潔を保ちましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA