イビザンハウンドの特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

イビザンハウンドの特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

イビザンハウンドの誕生した背景・歴史、性格や外見、手入れ方法や散歩の頻度、性質から見るしつけ方などがここにあります。


  • イビザンハウンドの歴史
  • イビザンハウンドの特徴
  • イビザンハウンドの健康
  • イビザンハウンドの運動
  • イビザンハウンドのしつけ
  • イビザンハウンドの手入れ

イビザンハウンドの歴史

優秀な個体同士を交配させて生まれた有能な猟犬

イビザンハウンドは、古代エジプトのファラオ達が連れていた猟犬「ファラオハウンド」が祖先と言われています。

西暦前8世紀にエジプトと地中海とを往復していたフェニキア商人が、スペイン領のイビサ島に持ち込んだ犬種と言われています。
イビザンハウンドが持ち込まれた当時のイビサ島は、食糧が少なくてかなり過酷な生活環境でした。
生き残るために、イビザンハウンドは有能な狩猟犬に必要な能力である視覚や聴覚、嗅覚や狩猟能力を向上させていきました。
さらに能力が高まっていくよう優秀な個体同士を交配させていったため、より嗅覚と聴覚も研ぎ澄まされ、昼夜問わず狩りをできるほどの能力を身に着けました。

この犬種が世界で知られるきっかけとなったのは、イビサ島の近くにあるマジョルカ島在住のドッグショー審査員がイビザンハウンドに興味を抱いたことが始まりだったと言われています。
この審査員が熱心に繁殖計画を進めた結果、イビザンハウンドは1950年頃にはヨーロッパや北アメリカに広がって知られるようになりました。

イビザンハウンドは、野ウサギ狩りをしていた狩猟犬だったので、非常に俊敏でジャンプ力が優れており、助走なしの垂直飛びでもかなりの高さを飛べることが知られています。
嗅覚と聴覚も非常に優れているので、昼夜を問わず狩りをすることができるほどの高い能力を持っています。

イビザンハウンドの特徴

従順で、忍耐力があり、家族に愛情深い

イビザンハウンド
外見

イビザンハウンドは、優美な弓形を描く長い首と大きく直立した耳が特徴で、鹿のように美しくスマートな体型をしています。
歩く姿は優雅な雰囲気を醸し出し、全体的に気品溢れるとても美しい犬です。
つぶらな瞳は琥珀色をしていて、スッと通った鼻筋に、ローズカラーまたはキャラメルカラーの鼻は、西洋的な美しさを持つ顔立ちです。

どんな地形にも対応できる運動神経を持つイビザンハウンドは、すらりと長い足をしており、高く飛び跳ねることと動いているものも素早く追いかけることを得意としています。
人間でいう親指部分に狼爪(デュークロウ)が生えるタイプの犬種で、昔は子犬の頃に切除していましたが、最近は動物愛護の観点から切除せず残すことが多くなっています。

コートは、3種類あり、短毛と長毛、ワイヤーコートがいます。
カラーは、ホワイト&レッドが好ましいとされ、単色のホワイトやレッドもいます。

性格 おとなしく清潔好きな犬種です。
遊び好きですが、家の中では大人しくお行儀がよく、分別があり敏感です。
飼い主にはとても従順で、忍耐力があり、家族に愛情深いです。
やさしく、しつけやすいのですが、わがままで飽きやすい傾向があります。
やや独立心が強く、知らない人には神経質なところがありますが、普段は人なつこい犬です。
防衛本能が強く、他の犬、特に同性のイビザン・ハウンドにやや攻撃的になる傾向があります。
はじめて犬を飼う初心者が迎える犬種としては、難しい面があると思われます。
体重  20~30kg
体高  55~75cm

イビザンハウンドの健康

寒さには弱いので、冬場は注意

イビザン・ハウンドは頑健で強いのですが、殺虫剤やノミ取り粉などの薬品にアレルギー反応を示すことがあります。

被毛が防寒に役立たないので、寒さに非常に敏感です。
発作に見舞われがちな血統があるようです。
遺伝的に、神経軸索ジストロフィーという神経や筋肉の病気にかかる傾向があります。

イビザンハウンドの運動

とても多くの運動量を必要とします

元気いっぱい走り回ることが大好きでな犬種ですので、都会生活にはやや不向きです。
とても多くの運動量を必要としますので、自転車引きや、ノーリードが許される安全な広場やドッグランのような場所での自由運動の時間をとってあげたいところです。
暑さには強い犬種ですが、寒さに弱いので、冬場は暖かい寝床を用意してあげましょう。

イビザンハウンドのしつけ

独立心が強いので、しつけは簡単ではない

独立心が強いので、しつけは難しくないが、簡単ではないでしょう。
初心者の方が飼うには難しい犬種と言えるでしょう。

イビザン・ハウンドは、完全に止まった状態からでも、信じられないくらい高く跳び上がることができるので、ほとんどの塀は軽々と跳び越えます。
ですから、この犬の安全を確保するためにも、かなり高い塀で囲うか、または、屋根付きの飼育場を用意してください。

しつけの基本は必ず確認しましょう⇒犬のしつけの基本理論 完全ガイド
「おすわり」や「待て」など行動別のしつけ方法はこちら⇒犬の行動別しつけ方法

イビザンハウンドの手入れ

被毛の種類によって変わります

スムースヘアードの方であれば、汚れた時に雑巾などで拭くか、まれに獣毛ブラシでブラッシングする程度で十分です。

ワイヤーヘアードタイプは毛が絡まってしまうので、時々ブラシをかけて無駄な毛を処理しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA