ナポリタンマスティフの特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

ナポリタンマスティフの特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

ナポリタンマスティフの誕生した背景・歴史、性格や外見、手入れ方法や散歩の頻度、性質から見るしつけ方などがここにあります。


  • ナポリタンマスティフの歴史
  • ナポリタンマスティフの特徴
  • ナポリタンマスティフの健康
  • ナポリタンマスティフの運動
  • ナポリタンマスティフのしつけ
  • ナポリタンマスティフの手入れ

ナポリタンマスティフの歴史

20世紀前半にはほとんど絶滅?

ナポリタン・マスティフは、イタリア原産であり、19世紀まではイタリア半島に大型のマスティフがいたことが知られました。
17世紀にナポリで描かれたテラコッタにナポリタン・マスティフのような犬も描かれていましたが、第二次世界大戦の影響で20世紀前半にはほとんど絶滅していました。
しかし一方で、芸術家のピエロ・スカンツィアニによって改良が進められ、犬種標準が作られ、ケネルクラブに公認されるという動きもありました
また改良に際しては、見た目の恐ろしさが重視されたといいます。
一度に出産する子どもの数が多いのも特徴の1つで、イギリスのナポリタンマスティフが24匹の子どもを出産して、現在ギネス公認の記録に認定されています。

ナポリタンマスティフの特徴

怖そうに見えますが、実際はとても温厚忠実

外見

噛まれたときのダメージを軽減するために全身の皮膚が著しくたるんでおり、唇、デューラップ(のど下のたるみ)、顔の皮膚のたるみは特に顕著です。
生まれて間もない仔犬はそれほど皮膚はたるんでいないが、成長とともに次第に伸びてきます。
また、垂れ耳、垂れ尾ですが、断耳、断尾をすることもありましたが、現在では動物愛護の観点からあまり行われていません。 
被毛はスムースコートで、毛色はフォーン、ブラック、グレーで、ブラックがもっとも好ましいです。

性格 気質はとても温厚で安定しており、マイペースな一面もありますが、主人に対しては非常に忠実で、飼い主家族にも愛情深いです。
普段は吠えることもほぼしませんので、しつけがきちんとされているナポリタンマスティフは、小さなお子さんがいても問題なく同居できるとされています。
体重  50〜70kg
体高  60〜75cm

ナポリタンマスティフの健康

平均寿命は約7~9年と短い

ナポリタンマスティフの平均寿命は、約7~9年と短いです。
気をつけたい病気は「股関節形成不全」、「肥大性心筋症」、「チェリーアイ」、胃が捻じれてしまう「胃捻転」などがあげられます。
特に「胃捻転」は発症後数時間で死に至る事もある恐ろしい病気です。
食事のドカ食いをさせないよう注意し、食後は安静にしましょう。

ナポリタンマスティフの運動

激しい運動は禁物です

特に運動が好きな犬種ではありません。
しかし健康の為にも、散歩は毎日2回の60分程度が必要です。
体重が重いため、激しい運動は関節を痛めてしまうので、無理に引き運動などをする必要はありません。

ナポリタンマスティフのしつけ

初心者には扱いが難しい?

穏やかな性格で、他の犬や人を攻撃する恐れは低いですが、力がとても強いので、しっかりとしつけをする必要があります。
子犬の頃からしっかりとトレーニングを行い、行動をコントロールできるようにしておくことが大切ですが、初心者には扱いが難しく、プロのトレーナーに相談することも視野にいれておきましょう。

しつけの基本は必ず確認しましょう⇒犬のしつけの基本理論 完全ガイド
「おすわり」や「待て」など行動別のしつけ方法はこちら⇒犬の行動別しつけ方法

ナポリタンマスティフの手入れ

しわの間をタオルで拭いてあげて下さい

皮膚のシワには汚れがたまりやすく悪臭や皮膚病の原因になります。
週に1度のブラッシングに加えて、濡れタオルで拭いてあげることで皮膚をケアしてあげてください。
また、よだれが多いことでも有名ですので、常にタオルを準備しておくなどが必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA