スタッフォードシャーブルテリアの特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

スタッフォードシャーブルテリアの特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

スタッフォードシャーブルテリアの誕生した背景・歴史、性格や外見、手入れ方法や散歩の頻度、性質から見るしつけ方などがここにあります。


  • スタッフォードシャーブルテリアの歴史
  • スタッフォードシャーブルテリアの特徴
  • スタッフォードシャーブルテリアの健康
  • スタッフォードシャーブルテリアの運動
  • スタッフォードシャーブルテリアのしつけ
  • スタッフォードシャーブルテリアの手入れ

スタッフォードシャーブルテリアの歴史

犬と熊や牛を戦わせる競技用の犬種

19世紀のイギリス原産で犬と熊や牛を戦わせる「ブルバイティング」や「ベアバイティング」と呼ばれるスポーツ用にブルドッグ(オールド・イングリッシュ・ブルドッグ)とスムース・フォックス・テリア、ホワイト・イングリッシュ・テリア等を交配し改良されて作られました。
スタッフォードシャー・ブル・テリアは1870年代にアメリカ合衆国へ輸出され、アメリカン・スタッフォードシャー・テリアの基礎になりました。
アイリッシュ・スタッフォードシャー・ブル・テリアはごく近年に作出された犬種で、スタッフォードシャー・ブル・テリアが闘犬として使われる以前の「本来の姿」を取り戻すという目的で生み出されました。
ブル・テリアはもともと同名異種の別犬種であしたが、ペット用に改良する際にスタッフォードシャーブルテリアの血が加えられました。
イギリスでは常に登録数ベスト5に入る大人気犬種となっている。オーストラリア、ニュージーランドにも多く飼育されています。

スタッフォードシャーブルテリアの特徴

陽気で人懐こい性格だが、興奮しやすく攻撃的なところも

スタッフォードシャーブルテリア
外見 骨太で筋肉質なしっかりとした体型です。
マズルは太く短く、額には少ししわが寄っていて、半立ち耳です。脚は太く長く、尾は飾り毛のない垂れ尾です。
被毛はショートコートです。
毛色はホワイト・アンド・ブリンドルやブリンドル、レッド、フォーン、フォーン・アンド・ブリンドルなどです。
性格 性格は無邪気で陽気なうえに人懐こい反面、興奮しやすく攻撃的な一面も残っています。
基本的に普段はやさしく穏やかです。
活発に走り回ることが大好きである。 主人に対しては大変従順でもあります。
体重  16~18kg
体高  36~41cm

スタッフォードシャーブルテリアの健康

緑内障や白内障の目の病気に注意

スタッフォードシャー・ブル・テリアは、基本的には健康で頑丈な犬種ですが、かかりやすい疾患として、緑内障白内障チェリーアイなどの眼病、口蓋裂・口唇裂など口周りには注意が必要です。
また、肥満細胞腫悪性腫瘍、関節炎、股関節形成不全が挙げられます。

スタッフォードシャーブルテリアの運動

毎日1日1~2時間くらいを早足

運動量は多めで、太りやすくもあるので、筋肉質な体型を維持するためにも、毎日1日1~2時間くらいを早足で歩くのが良いでしょう。
ただ、暑さや寒さには弱いので、そのような時期の散歩は短めに切り上げて、室内で遊ぶのが良いでしょう。

スタッフォードシャーブルテリアのしつけ

しっかりとした訓練がないと飼育は難しい

基本的はやさしく穏やかな性格ですが、闘犬の本能が残っている場合があるので、しっかりとした訓練がないと飼育は難しく、初心者向きの犬ではありません。
子犬の頃から信頼関係をつくり、十分なしつけと訓練が必要です。

しつけの基本は必ず確認しましょう⇒犬のしつけの基本理論 完全ガイド
「おすわり」や「待て」など行動別のしつけ方法はこちら⇒犬の行動別しつけ方法

スタッフォードシャーブルテリアの手入れ

コミュニケーションの一環として週に1~2回程度のブラッシング

スタッフォードシャーブルテリアはスムースコートですので、被毛の手入れはほとんど必要ありませんが、コミュニケーションの一環として週に1~2回程度のブラッシングをすると良いでしょう。
また、皮膚のしわのあいだは汚れが溜まりやすいので、こまめに拭き取ってあげましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA