オーストラリアンテリアの特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

オーストラリアンテリアの特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

オーストラリアンテリアの誕生した背景・歴史、性格や外見、手入れ方法や散歩の頻度、性質から見るしつけ方などがここにあります。


  • オーストラリアンテリアの歴史
  • オーストラリアンテリアの特徴
  • オーストラリアンテリアの健康
  • オーストラリアンテリアの運動
  • オーストラリアンテリアのしつけ
  • オーストラリアンテリアの手入れ

オーストラリアンテリアの歴史

毒蛇を捕らえるのにも使われていた犬種

1860年代にオーストラリアへ渡ってきた初期の移民によって作られました。
ヨークシャー・テリア」、「ノーリッチ・テリア」、「ケアーン・テリア」、「スコティッシュ・テリア」、「ダンディ・ディンモント・テリア」、「スカイ・テリア」、「アイリッシュ・テリア」を複雑で綿密に計画されたプログラムに則って交配させて作り出されたテリアで、1870年代に完成しました。
オーストラリアン・テリアは地中に潜って獲物を捕らえるだけでなく、畑を荒らす野ウサギや人にとっては有害な毒蛇を捕らえるのにも使われていました。
1899年には犬種クラブが結成され、FCIへの申請を目指してスタンダード(犬種基準)の制定が行われ、オーストラリアン・テリアの名が与えられたのもこのときです。
しかし、始めのうちは純血犬種として認められず、ワーキング・テリアのバリエーションである本種に「オーストラリア」の名を冠するのを嫌がる人もいて非難されていた時期もありましたが、民間では作業犬として非常に人気があったため絶滅は免れました。
そして20世紀には本種がワーキング・テリアでなくれっきとした純血の犬種となったということを認められるようになり、FCIにも公認されることが出来ました。
オーストラリアで人気の高い犬種のひとつですが、他国でもペットおよびショードッグとしてだけでなく作業犬としても人気が高いです。

オーストラリアンテリアの特徴

陽気で子供や老人にも親しみやすい性格

オーストラリアンテリア
外見

やや胴長短足ぎみの体形ですが、ボディは筋肉質で引き締まっている。
人間のウルフカットのようなヘアスタイルをしていることもオーストラリアン・テリアの特徴の一つです。
口ひげはなく、マズルは先が尖っており、くりっとした大きく丸い瞳を持ち、耳は立ち耳です。
尾は垂れ尾ですが、半分の長さに断尾することもありましたが、現在では動物愛護の観点からあまり行われていません。

被毛はダブルコートです。
毛色はタン・アンド・ブルーが最も人気であるが、サンディー(砂色)やレット、タンの単色の個体もいます。

性格

無邪気で陽気であり警戒心が強いですが、テリア種の中でも穏やかな性格です。
飼い主に対しては、愛情深く従順な一面があります。
もとが作業犬であるため小動物を見ると狩猟本能が覚醒する事があります。
ただし、オーストラリアン・テリアから作られた同国原産の愛玩用犬種、オーストラリアン・シルキー・テリアと比べると性格面は忍耐強く、シルキー・テリアほど攻撃的ではないです。

体重  5~6kg
体高  24.5~25.5cm

オーストラリアンテリアの健康

「レッグパーセス病」や「膝蓋骨脱臼」に注意が必要

オーストラリアンテリアの平均寿命は、11〜15歳ほどです。

基本的には丈夫な犬種です。
かかりやすい遺伝病は特にはありませんが、「レッグパーセス病」や「膝蓋骨脱臼」に注意が必要です。
高いところから硬いフローリングに飛び降りると、「膝蓋骨脱臼」の原因になりますので、フローリングの床で滑らないようにカーペットを引くことをおすすめします。

オーストラリアンテリアの運動

毎日1時間程度の散歩を

非常に活発な犬種なので、毎日十分な量の散歩や運動をさせる必要があります。
毎日1時間程度の散歩をしてあげてください。
オーストラリアンテリアはあちこち探索することが好きなので、毎日の散歩道も変えてあげると喜びます。
運動不足はストレスに繋がり攻撃的な正確になるので、ドッグランなどで思いっきり遊ばせてあげるのもおすすめです。

オーストラリアンテリアのしつけ

しつけは比較的しやすい

テリア種ですが気の強さは控えめなのでしつけは比較的しやすい犬種といえます。
幼犬の頃から主従関係を教えてあげるのがおすすめです。
オーストラリアンテリアは賢く、家族を喜ばせることが大好きです。
誉めて長所を伸ばすしつけ方が効果的です。

しつけの基本は必ず確認しましょう⇒犬のしつけの基本理論 完全ガイド
「おすわり」や「待て」など行動別のしつけ方法はこちら⇒犬の行動別しつけ方法

オーストラリアンテリアの手入れ

週1回程度のコーミング

耐候性の被毛は針金のように硬く、ほとんど抜けることがないので、被毛の手入れは週1回程度のコーミングと、年に2回ほど手で丁寧にムダ毛を取り除いてあげるくらいで十分です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA