マルックスの特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

マルチーズとミニチュアダックスフンドのミックス犬 マルックス

マルチーズとミニチュアダックスフンドの間に生まれたマルックスは、とても飼いやすいミックス犬です。
基本的には健康な犬種ですが、それでも気を付けなくてはいけない疾患や運動量など色々と気に掛けなくてはいけない事も少なからずあります。

ここでは、マルックスの誕生した背景や歴史、性格や外見、手入れ方法や散歩の頻度、性質から見るしつけ方の詳細をまとめていますので、是非、ご参考になさって下さい。



マルックスの歴史

マルチーズとミニチュアダックスフンドのMIX犬

マルックスは「マルチーズ」と「ミニチュアダックスフンド」を交配して誕生したミックス犬です。
「マルダックスフンド」や「マキシー」などとも呼ばれる事もあります。

ちなみにミックス犬は、両親ともに純血種であることが原則です。
雑種犬とミックス犬を混同される場合が多いですが、ミックス犬は純血の犬種同士を掛け合わせた犬のことを指し、雑種犬は2種以上の犬種の血が入っている犬を意味します。

ミックス犬を同志の交配は、遺伝的な疾患を持った子犬が生まれやすくなってしまうためタブーとされています。

マルックスの特徴

胴長短足のマルチーズ

見た目はどちらの特徴を色濃く受け継ぐかによって変わってきますが、多くの場合はダックスフンド寄りの短足胴長になる傾向があります。
被毛はマルチーズのような白いロングコートになる事が多く、耳は垂れ耳になります。
顔つきはニチュアダックスフンドに似ると、マズルが長くなります。
マルチーズに似るとクリっとした真ん丸の目の可愛らしい顔になります。

マルックスの性格はやはり個体差があるものの、一般的には甘えん坊でフレンドリーな性格です。
マルチーズに似ると、温厚ではあるが、神経質で見知らぬ人が来た時や他の犬に対して、吠えてしまう事もあります。
ダックスフンド寄りになると、アクティブで遊び好きな子になるでしょう。

外見

外見は、どちらに似るかで変わってきますが、ミニチュアダックスフンドの短足胴長になる傾向が強く、目は大きく、耳は垂れ耳です。
被毛はマルチーズのようなシルクのような美しい毛質になることが多いです。
カラーは「ホワイト」「ブラック」「ブラウン」「レッド」「タン」など様々です。
「胴長短足のマルチーズ」といったイメージです。
もちろん、中にはミニチュアダックスフンドに似てマズルが長くなる子もいます。

性格

ミックス犬なので、個体差はありますが、基本的には温厚で、甘えん坊でフレンドリーな性格です。
また、飼い主にも従順でとても飼いやすい性格です。
マルチーズの特徴が色濃いと、神経質で人見知りな子になる場合もあり、吠え癖も心配になりますが、しつけをする事によって改善はできます。

体重  3~6kg
体高  20~27cm

マルックスの健康

平均寿命は13~15年

マルックスの平均寿命は、13~15年と比較的長めです。

かかりやすい疾患としては、膝のお皿がずれてしまう「膝蓋骨脱臼」や「椎間板ヘルニア」などがあげられます。
垂れ耳の場合は、「外耳炎」にも注意が必要です。

マルックスの食事

年齢や体調に合わせたフードを選びましょう

子犬の頃とシニア犬になった頃に必要とされるカロリーや栄養素は変わってきます。
また、食欲が旺盛な子にはカロリーバランスを考えて、低カロリーの食事を与える必要があります。

以上のように「子犬用」「成犬用」「シニア犬用」「体重管理用」など、年齢と目的に応じたフードを与えましょう。

愛犬に合ったドッグフードを探す

愛犬の健康を考える上で、食事の管理を大切です。
「太りすぎだな」と思ったら、低カロリーのフードにしなくてはいけません。
逆に年老いてきて、食欲が細くなったら、少ない量でもエネルギーを取れる老齢犬用のフードに替える必要があります。

下記は様々な犬用品を卸値に近い価格で提供してくれるサイトです。
参考までにどうぞ。

愛犬のフードを探す⇒外部リンク:犬の通販デパート ニコシティ

マルックスの運動

毎日30分程度の散歩

運動量はそれほど多くを必要とはせず、毎日30分程度の散歩で十分です。
ただ、遊び好きな面もありますので、ずっと室内に閉じ込めていると、ストレスが溜まり、問題行動の原因ともなります。
少ない時間で気分転換に毎日外へ連れ出してあげて下さい。

また、骨や関節が弱いので、激しい運動や高い所からのジャンプは避けましょう。

マルックスのしつけ

しつけは比較的しやすい

マルックスは賢いので、しつけは比較的しやすいです。
厳しく叱らずに、ほめて伸ばすようにしましょう。
また、幼犬の頃からたくさんの人や犬と触れさせ、社会性を身につけさせましょう。

可愛いからと言って、甘やかし過ぎるとワガママになってしまいますので、しつけの時は毅然とした態度で臨むようにしましょう。
マルチーズの神経質な面を受け継いで、「吠え癖」が出る場合もあります。
ですので、「無駄吠えのしつけ」をしておくと良いでしょう。

しつけの基本は必ず確認しましょう⇒犬のしつけの基本理論 完全ガイド
「おすわり」や「待て」など行動別のしつけ方法はこちら⇒犬の行動別しつけ方法

マルックスの手入れ

毛玉になりやすいので、毎日ブラッシングを

マルチーズに似て抜け毛が少ない子が多いです。
ただ、毛玉になりやすいので、スキンシップも兼ねて、毎日ブラッシングをしてあげて下さい。

被毛は放っておくと、どんどん伸び続けますので、定期的にトリミングが必要となります。

目元は「涙やけ」しやすいので、こまめに良く絞ったタオルなどで拭いてあげて下さい。

また、垂れ耳ですので、耳掃除は定期的に行ってください。

マルックスのカットスタイル

様々なスタイルが楽しめます

時折、カットスタイルを変えると、愛犬の可愛さを再認識できるでしょう。
ここでは、代表的なカットスタイルをまとめましたので、是非ご参考になさって下さい。

テディベアカット

定番のカットスタイルです。
顔全体を丸くし、耳も丸くカットします。
体も全体的に長めでふんわりとした丸みを帯びたカットで、ぬいぐるみのような雰囲気になります。
足は短く太く見えるようにすると、より可愛く見えます。

ライオンカット

遊び心のあるスタイルです。
体全体の毛は短くカットし、胸まわりから顔にかけてはライオンのたてがみのように長めにします。
しっぽの先の毛も長めに残してカットします。
体全体はかなり短めになるので、夏場でも良いでしょう。
小さな体でライオンのような雰囲気なのに、顔が可愛いというアンバランスさが周りの注目を惹くでしょう。

サマーカット

被毛を全体的に15~30mm程に短くカットするスタイルです。
名前の通りで夏場などの暑い時期に人気のカットスタイルですが、普段の手入れも楽になる為、1年を通して人気のスタイルでもあります。
ただ、被毛は紫外線から皮膚を守る役割もありますので、熱中症のリスクが高くなります。
愛犬の体調管理には十分に注意する必要があります。
尻尾や頭の部分などを残すデザインも人気です。

パピーカット

顔や耳を丸くカットし、目と口周りを短めにすることによって子犬のような愛らしさを表現します。
涙やけの対策としても有効ですので、涙やけしやすい子にはオススメです。

マルックスの値段

ブリーダーから直接購入の際は、必ず現地を確認すること

マルックスはペットショップでも見かける事があるほど、ミックス犬の中では人気の犬種です。
ペットショップでの価格は、場所によって様々で、40万近くする場合もあります。

ブリーダーさんからの直接購入であれば、マルックスの価格相場は、約12万円~20万円です。
ただ、費用だけで決めるのではなく、必ず現地へ行って、飼育環境やブリーダーさんの人柄を確認し、信頼できると確信してから購入を決めるようにしましょう。

まとめ

✔ 甘えん坊でフレンドリーな性格
✔ 飼いやすい犬種
✔ 被毛は毛玉に注意

マルックスの性格は個体差があるものの、甘えん坊でフレンドリーな性格が一般的です。
中には、神経質で見知らぬ人が来た時や他の犬に対して、吠えてしまう事もありますが、基本的には温厚です。
外見も個体差はありますが、おおむね胴長短足のマルチーズといったイメージでしょう。

マルックスは賢いので、しつけは比較的しやすく、性格も問題が少ないので、とても飼いやすい犬種と言えます。
かと言って、しつけを疎かにしてしまうと、ワガママな子になってしまいますので、厳しく叱らず褒めて伸ばす事を意識してしっかりとしつけは行いましょう。

マルックスの被毛はマルチーズに似る事が多く、柔らかくて抜け毛が比較的に少ないです。
ただ、毛玉にとてもなりやすい毛質なので、毎日ブラッシングをする事を心掛けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA