ポメラニアンの特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

ポメラニアンの特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

ポメラニアンの誕生した背景・歴史、性格や外見、手入れ方法や散歩の頻度、性質から見るしつけ方などがここにあります。


  • ポメラニアンの歴史
  • ポメラニアンの特徴
  • ポメラニアンの健康
  • ポメラニアンの運動
  • ポメラニアンのしつけ
  • ポメラニアンの手入れ

ポメラニアンの歴史

ヴィクトリア女王が寵愛

ポメラニアンはスピッツ系の犬種で祖先はサモエドとされています。
犬種名は原産地のバルト海南岸の現在のポーランドとドイツにまたがっているポメラニア地方という地名にちなんだものです。
元々は10kg以上の中型犬でしたが、愛犬家として知られるヴィクトリア女王がポメラニアンを寵愛し、熱心に繁殖させたことによってポメラニアンの小型化に拍車がかかり、世界的な人気犬種となりました。

ポメラニアンの特徴

愛らしい反面、吠えやすい一面も

ポメラニアン
外見 ポメラニアンは小さな頭に丸い大きな目で、手足も小さく、尻尾は背中に向けて巻いています。
被毛はダブルコートで最大の特徴であるふわふわの毛質です。
カラーはホワイト、ブラック、ブラウン、チョコレート、レッド(明るい茶色)、オレンジ(さらに明るい茶色)、クリーム(ベージュに近い茶色)、オレンジ・セーブル(明るさに濃淡のある茶色)、ウルフ・セーブル(灰に黒の差し毛)、ビーバー(濃いベージュ)、ブルー(灰色)、パーティ・カラー(混色)、ブラック・タン(黒茶)などがあります。
また大理石状に灰色が混ざる「マール」色や、眼の色が青い個体が時々いるようです。
遺伝性疾患が出やすいため、ポメラニアンでは繁殖に使ってはいけないとされていますので、ドッグショーなどで公認されることはありません。
珍しい毛色や目の色の子はその子一代限りのものになります。
公認色ではなくても、大切にしてあげたいものです。
性格

ポメラニアンはとてもフレンドリーで、活発で明るく遊び好きな性格です。
その反面、繊細なところがあり、寂しがり屋で一人の留守番を嫌います。
愛らしい表情の反面、吠えやすい一面もあります。

体重  2 ~ 5kg
体高  13 ~ 28cm

ポメラニアンの健康

平均寿命は12~14歳

ポメラニアンの平均寿命は12~14歳です。
ポメラニアンは比較的丈夫な犬種ですが、「膝蓋骨脱臼」と「気管虚脱」には注意が必要です。
とてもかかりやすい傾向があります。
また、まれに「黒斑病 (black skin disease)」と呼ばれる遺伝性の皮膚疾患による脱毛症に罹患することもあります。

ポメラニアンの運動

関節に不安があるので、激しい運度は避けて

ポメラニアンはとても活発ですが、関節に不安もあるので、激しい運度は避け、1日15~30分程度の散歩で十分でしょう。
室内ではじゃれてあげたりと遊んであげて下さい。

ポメラニアンのしつけ

甘やかし過ぎに注意

賢い一面もあるので、比較的学習するのも早いです。
可愛いからといって、甘やかし過ぎないようにしましょう。
精神的に弱いところもあるので、我慢を覚えさせ、少しでもメンタルを強くさせてあげましょう。

しつけの基本は必ず確認しましょう⇒犬のしつけの基本理論 完全ガイド
「おすわり」や「待て」など行動別のしつけ方法はこちら⇒犬の行動別しつけ方法

ポメラニアンの手入れ

年間を通して抜け毛が多い

年間を通して抜け毛の多い犬種です。
年に2回換毛期は特に抜け毛が増えます。
毎日のブラッシングで、不要な毛をしっかり取り除いてあげましょう。
ポメラニアンの魅力でもある美しい毛並みを維持するため、毎日ブラッシングを行い、1か月~2か月の1回はトリミングしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA