ダルメシアンの特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

ダルメシアンの特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

ダルメシアンの誕生した背景・歴史、性格や外見、手入れ方法や散歩の頻度、性質から見るしつけ方などがここにあります。


  • ダルメシアンの歴史
  • ダルメシアンの特徴
  • ダルメシアンの健康
  • ダルメシアンの運動
  • ダルメシアンのしつけ
  • ダルメシアンの手入れ

ダルメシアンの歴史

ディズニー『101匹わんちゃん』のモデル

ダルメシアンはクロアチア原産で、ディズニー映画の『101匹わんちゃん』のモデルとしても有名です。
クロアチアにあるダルマティア地方で生まれたので「ダルメシアン」という名前がついたと言われています。
かつては猟犬・番犬・牧羊犬・軍用犬などの様々な使役をしていたといわれ、激務に耐えうる体力と持久力があります。
交通機関の主流が馬車であったころ、消防馬車の先導・護衛として活躍した事から、 アメリカでは現在でも消防のマスコットキャラとして親しまれています。
後に貴族の家庭犬として大人気を博したが、ブリーダーにより近親交配がむやみに進められたことが現在でも先天的に股関節に異常をもつ個体が誕生する原因となりました。

ダルメシアンの特徴

白地に黒またはレバー色の斑点が特徴の陽気な犬種

ダルメシアン
外見 ダルメシアンの特徴は何と言っても、白地に黒またはレバー色の無数の斑点という独特の毛並みです。
また耳は垂れ耳で、滑らかな短毛に覆われた筋肉質の体躯を持ちます。
性格 性格は明るく陽気な反面、警戒心が強く、飼い主や家族以外の他人や他犬に気を許さないところがあります。
しかし、攻撃的ではないので、社会性のしつけをすれば、とても友好的な犬種になるでしょう。
体重  27~32kg
体高  56~61cm

ダルメシアンの健康

生まれつきの「難聴」に要注意!

ダルメシアンの平均寿命は、10〜13年ほどです。
ダルメシアンは先天性聴覚障害のもっとも多い犬種で、アメリカの調査では全体の20%が片耳または両耳が聞こえないというデータもあります。
これは、毛色の白の遺伝子により起きる現象で、斑の色や性別には関係なく起こります。
ブルーアイの個体には非常に起こりやすく、パッチ(斑点の面積が大きなもの)がある個体には起こりにくいという特徴があります。

ダルメシアンの運動

毎日1~2時間の散歩が必要

ダルメシアンは走ることが大好き犬種で、30km程度の距離を走破できるほどの体力があります。
ダルメシアンは非常に体力があるので、毎日1~2時間の散歩が必要です。
ジョギングしながらや、自転車での伴走なども良いでしょう。

ダルメシアンのしつけ

比較的しつけがしやすい?

ダルメシアンは、友好的で攻撃的でもないため、比較的しつけがしやすいと言われています。
その一方で、家族に対しても気の荒い面を見せる個体がしばしばいるようです。
しつけがストレスにならないように、だらだらとお説教する事はせず、端的に一言二言で注意するようにしましょう。
子犬の頃からしっかりとしつけや訓練を行い、従順に扱いやすくなるように育てていくことが大切です。

しつけの基本は必ず確認しましょう⇒犬のしつけの基本理論 完全ガイド
「おすわり」や「待て」など行動別のしつけ方法はこちら⇒犬の行動別しつけ方法

ダルメシアンの手入れ

毎日ブラッシングや濡れたタオルなどで

ダルメシアンはシングルコートのスムースなので抜け毛が少ないと思われがちですが、大変抜け毛が多いです。
ですので、ラバーブラシを使って毎日やさしくブラッシングしたり、濡れたタオルなどで拭いてあげましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA