犬の眼瞼内反症(がんけんないはんしょう)

犬の眼瞼内反症~愛犬が涙を流していたり、目やにが多かったら~

犬の眼瞼内反症(がんけんないはんしょう)とは、まぶた(眼瞼)が内側に曲がりこんだ状態を言います。
逆に外側にめくれている状態を眼瞼外反症といいます。

犬のまぶたは通常、内側と外側についている靭帯(じんたい)によって形が保たれています。
しかし何らかの理由でこの靭帯が引っ張られたり、ゆるんだりすると、まぶたの位置がおかしくなり、主に下のまぶたが内側に反り返ってしまうことがあります。
この状態が「眼瞼内反」です。また逆に、まぶたが外側に反り返ってしまった状態は「眼瞼外反」と呼ばれます。
内側に反り返ったまぶたは、まばたきするたびに眼球の表面にある角膜を刺激し、様々な症状を呈します。

ここでは、犬の眼瞼内反症の主な原因はもちろん、症状から対処法、かかりやすい犬種などをまとめていますので、是非ご参考になさってください。


  • 犬の眼瞼内反症の主な症状
  • 犬の眼瞼内反症の主な原因
  • 犬の眼瞼内反症の主な治療法

犬の眼瞼内反症の主な症状

犬の眼瞼内反症の主な症状としては、常に眼球に刺激があるような状態ですので、涙が流れていたり、目やにの量が増えます。

主な症状
結膜炎症状
角膜炎症状
☆前足で目をこすろうとする
☆目やにが増える
☆涙が増える(流涙症
☆まぶたがけいれんする
☆逆まつげ

犬の眼瞼内反症の主な原因

犬の眼瞼内反症は、先天的な要因で発生することが多いといわれています。
この他の原因としては、症状が重い結膜炎や外傷などによるまぶたの変形、眼の回りの筋肉や神経の異常などで見られることがあります。

  • 先天性のまぶたの異常
    まぶたの周辺にある組織が生まれつきおかしな状態
    にあると、生後間もなく眼瞼内反症を示すことがあります。
    発症するのは、早ければ生後2~6週齢頃から、遅くとも1歳未満です。
    トイプードルヨークシャーテリアパグペキニーズブルドッグといった小~中型犬種においては、主にまぶたの内側にある靭帯が引っ張られ、目頭に近い方(内側)の下まぶたが内反を起こします。
    またシャーペイチャウチャウ、ノルウェジャンエルクハウンド、マスティフセントバーナードニューファンドランドといった大~超大型犬種においては、逆にまぶたの外側にある靭帯が緩みすぎて、目尻に近い方(外側)の下まぶたが内反を起こします。

  • 痩せすぎ
    極端に体重が減り、眼球を入れている眼窩(がんか)と呼ばれる部分の脂肪が目減り
    すると、眼球自体が後ろに下がったような状態になります。
    その結果、前の部分に生じた余った空間にまぶたが入り込み、内反を起こしてしまうことがあります。

  • 目の病気による瞼の異常
    結膜炎角膜炎に伴う眼瞼の痙攣(けいれん)によって、一時的にまぶたが内側に反り返ってしまうことがあります。

犬の眼瞼内反症の主な治療法

犬の眼瞼内反症の治療は、外科的手術による瞼の整形がメインになります。
ただ、内反の程度が軽い場合は、角膜や結膜を刺激しているまつ毛の抜毛や点眼による内科的治療で症状が改善することもあります。

  • まつ毛の脱毛
    角膜炎や結膜炎を引き起こしているつ毛自体を抜いてしまいます
    またまぶたに密生している被毛を剃ってしまうこともあります。

  • 手術
    まぶたの変形が重度の場合は、手術による整形を行います。
    犬が1歳未満で、まだ完全には成熟していない状態にある時は、一時的にまぶたが内側に入り込まないように縫い合わせてしまいます。
    犬が1歳を超え、体が完全に成熟した状態にある時は、皮膚の切除術が行われます。
    具体的には、外眼角形成術(Hotz-Celsus法)と呼ばれる手術法があります。
    まぶたの下や横の皮膚を切り取って縫い合わせることで、内反したまぶたを強引に正常な状態に戻します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA