フラットコーテッドレトリバーの特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

フラットコーテッドレトリバーの特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

フラットコーテッドレトリバーの誕生した背景・歴史、性格や外見、手入れ方法や散歩の頻度、性質から見るしつけ方などがここにあります。


  • フラットコーテッドレトリバーの歴史
  • フラットコーテッドレトリバーの特徴
  • フラットコーテッドレトリバーの健康
  • フラットコーテッドレトリバーの運動
  • フラットコーテッドレトリバーのしつけ
  • フラットコーテッドレトリバーの手入れ

フラットコーテッドレトリバーの歴史

水鳥を回収する猟犬

フラットコーテッド・レトリーバーは、イングランド原産で、19世紀半ば、カナダからイギリスに輸入された「セント・ジョンズ・ウォーター・ドッグ」等と、イギリスのセター犬種を掛け合わせて作られました。
元々はハンターが仕留めた水鳥を回収する猟犬として活躍していました。
当初は、セッターから受け継いだ波打つ被毛を持っており、「ウェービーコーテッド・レトリーバー」と呼ばれ、より平滑で体に沿う被毛や、より身軽さをもとめて品種改良が進められ、フラット・コーテッドと呼ばれるようになりました
その過程では、「スコッチ・コリー」や「セター」との交配が行われた

フラットコーテッドレトリバーの特徴

とにかく陽気で明るく楽天的

フラットコーテッドレトリバー
外見 体は、他のレトリーバー種よりは細身で、胸は深く、筋肉質です。
尾は短く、前肢はまっすぐで長く、たくましい後肢を有しています。
頭部は長めで、耳は小さめの垂れ耳、目はアーモンド型で、暗褐色かはしばみ色です。
被毛は中位の長さで光沢があり、基本的には直毛ですが、わずかにウェーブがかかっている子もいます。
毛色はブラックかレバー色です。
性格 フラットコーテッドレトリバーは、とにかく陽気で明るく楽天的で、人にも犬にもとてもフレンドリーな性格です。
一生にいると、とても幸せな気分にさせてくれる犬種です。
体重  27~36kg
体高  59~62cm

フラットコーテッドレトリバーの健康

遺伝性疾患にかかりやすい?

フラットコーテッドレトリバーの平均寿命は10歳~12歳ほどです。
大型犬ですので、「股関節形成不全」と「胃捻転」には注意してください。
食事のドカ食いを予防し、食後は安静にしましょう。
また、「悪性腫瘍」も比較的多く、できものやしこりを発見したら、病院へ検査しましょう。

フラットコーテッドレトリバーの運動

毎日1~2時間の散歩が必要

体力はかなりあるので、毎日1~2時間は散歩が必要です。
時には、とても遊び好きなので、ボール遊びなども取り入れてあげてください。

フラットコーテッドレトリバーのしつけ

非常に賢いので、しつけ自体は難しくない?

非常に賢いので、しつけは難しい犬種ではありません。

しつけの基本は必ず確認しましょう⇒犬のしつけの基本理論 完全ガイド
「おすわり」や「待て」など行動別のしつけ方法はこちら⇒犬の行動別しつけ方法

フラットコーテッドレトリバーの手入れ

毎日のブラッシング

ダブルコートなので抜け毛も多く、毎日のブラッシングは欠かせません。
特に春と秋の換毛期には、抜け毛の量も増え、ゴッソリと抜けます。
また、被毛は滑らかでとても美しいので、ブラッシングの他にもよく絞ったタオルで拭いてあげて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA