フラットコーテッドレトリバーの特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

フラットコーテッドレトリバーの誕生した背景・歴史、性格や外見、手入れ方法や散歩の頻度、性質から見るしつけ方などがここにあります。

フラットコーテッドレトリバーの歴史

 フラットコーテッド・レトリーバーは、イングランド原産で、19世紀半ば、カナダからイギリスに輸入された「セント・ジョンズ・ウォーター・ドッグ」等と、イギリスのセター犬種を掛け合わせて作られました。当初は、セッターから受け継いだ波打つ被毛を持っており、「ウェービーコーテッド・レトリーバー」と呼ばれ、より平滑で体に沿う被毛や、より身軽さをもとめて品種改良が進められ、フラット・コーテッドと呼ばれるようになりました。その過程では、「スコッチ・コリー」や「セター」との交配が行われた
フラットコーテッドレトリバー

外見  体は、他レトリーバー種よりは細身で、胸は深く、筋肉質です。尾は短く、前肢はまっすぐで長く、たくましい後肢を有しています。頭部は長めで、耳は小さめの垂れ耳、目はアーモンド型で、暗褐色かはしばみ色です。
被毛は中位の長さで光沢があり、基本的には直毛ですが、わずかにウェーブがかかっている子もいます。毛色はブラックかレバー色です。
性格  フラットコーテッドレトリバーは陽気で明るく楽天的で、人にも犬にもとてもフレンドリーな性格です。
体重  27~36kg
体高  59~62cm

フラットコーテッドレトリバーの健康

大型犬ですので、「股関節形成不全」と「胃捻転」には注意してください。食事のドカ食いを予防し、食後は安静にしましょう。
また、「悪性腫瘍」も比較的多く、できものやしこりを発見したら、病院へ検査しましょう。

フラットコーテッドレトリバーの運動

毎日1~2時間は散歩が必要です。ボール遊びなども取り入れてあげてください。

たった55秒でペットの安心を確認しませんか?

 大切なペットの具合が悪くなり、動物病院へ行くと、
 かなりの請求金額になる事はよくあります。

 ケガや病気で手術が必要となった場合、
 「入院費+手術代で200,000円」ですとなったら、
 どうしますか?
 
 いざという時の為にも人間と同様に保険には加入を検討してみて下さい。

 保険料よりも補償内容をきちんと比較する必要があります。
 保険料の安さだけで選んだら、いざ、病院に行ったら、
 「こちらは保険外です」なんて事にならないように、

 ワンちゃんの為にも、飼い主様の為にも、しっかりと各社を比較して、
 ご自分と愛するペットに最適な保険を選びましょう!

 大切なペットの保険選びの前にたったの55秒で「無料資料請求」はこちら ⇒ かわいいペットの急な病気に備えて!!

フラットコーテッドレトリバーのしつけ

賢いので、しつけは難しい犬種ではありません。

しつけの基本は必ず確認しましょう⇒犬のしつけの基本理論 完全ガイド
「おすわり」や「待て」など行動別のしつけ方法はこちら⇒犬の行動別しつけ方法

フラットコーテッドレトリバーの手入れ

ダブルコートですが直毛なので、週に1度くらいのブラッシングでOKです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA