犬の結膜炎

犬の結膜炎~愛犬の目の充血や目やにが気になったら~

 犬の結膜炎とは、まぶたの内側のピンク色の組織(結膜)が炎症を起こした状態をいいます。
 結膜にはまぶたの内側を壁紙のように覆っている「眼瞼結膜」(がんけんけつまく, 瞼結膜)と、眼球の前方部分を覆っている「眼球結膜」(がんきゅうけつまく, 球結膜)とがあり、そのどちらでも発症する可能性があります。

犬の結膜炎には感染性と非感染性の2つのタイプがあり、非感染性結膜炎はうつりません。

 犬の黒目(虹彩)はとても大きいため、まっすぐ正面を見ている状態だとなかなか白目部分までは確認できません。
結膜に炎症があるかどうかと確かめるためには、上まぶたを強引に押し上げるか、「あっかんべー」の要領で、下まぶたを強引に押し下げる必要があります

ここでは、犬の結膜炎の主な原因はもちろん、症状から対処法などをまとめていますので、是非ご参考になさってください。


  • 犬の結膜炎の主な症状
  • 犬の結膜炎の主な原因
  • 犬の結膜炎の主な治療法 

犬の結膜炎の主な症状

 犬の結膜炎の主な症状としては、目の充血や目やにが代表的です。

主な症状
☆目をこすろうとする
☆床や壁に目をこすりつける
☆白目が充血する
☆まばたきが多くなる
☆涙が多くなる
☆眼球が腫れてやや大きくなる

犬の結膜炎の主な原因

 結膜炎が片方の目にだけ現れている場合は異物などの物理的な刺激、両目に現れている場合はアレルギーや感染症などを疑います。

犬の結膜炎の主な治療法 

結膜炎の治療は、その原因によって異なります。

  • 点眼薬や眼軟膏 
    炎症を抑えるために処方します。

  • 眼の周辺の毛をカット 
    眼球周辺の被毛が眼に入って炎症を引き起こしている場合は、眼の周囲にある無駄毛をきれいにカットします。

  • 洗浄 
    眼の周辺をほう酸水などで洗浄し、常に清潔に保ちます。

  • エリザベスカラー 
    犬がどうしても眼をこすってしまうような場合はカラーで予防します。しかしこの方法は、根本的な原因を解決するまでの一時しのぎにすぎません。

  • 感染症治療 
    細菌やウイルスが原因の場合は、まずはそうした根本的な原因を取り除きます。

  • 異物の除去
    異物が原因の場合は、全身麻酔をかけて、目の中の異物を取り除く事が必要になることがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA