アメリカンアキタ(グレートジャパニーズドッグ)の特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

アメリカンアキタ(グレートジャパニーズドッグ)の特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

アメリカンアキタ(グレートジャパニーズドッグ)の誕生した背景・歴史、性格や外見、手入れ方法や散歩の頻度、性質から見るしつけ方などがここにあります。


  • アメリカンアキタ(グレートジャパニーズドッグ)の歴史
  • アメリカンアキタ(グレートジャパニーズドッグ)の特徴
  • アメリカンアキタ(グレートジャパニーズドッグ)の健康
  • アメリカンアキタ(グレートジャパニーズドッグ)の運動
  • アメリカンアキタ(グレートジャパニーズドッグ)のしつけ
  • アメリカンアキタ(グレートジャパニーズドッグ)の手入れ

アメリカンアキタ(グレートジャパニーズドッグ)の歴史

「出羽系」と呼ばれる「マスティフ」や「ジャーマン・シェパード・ドッグ」と交配した秋田犬

戦時中は極度の食糧不足のため、軍用犬となる「ジャーマン・シェパード・ドッグ」以外の犬種の飼育が事実上禁止されているに近い状態でした。
そのため、終戦直後では、純粋な秋田犬はわずか十数頭しか生存していませんでした。
ところが、戦前にヘレン・ケラーに贈られた秋田犬のニュースが広まったことや、秋田犬が日本犬で唯一の大型犬種であったこともあり、GHQのアメリカ兵の間で、秋田犬が意外な人気を呼びました。
当時比較的入手しやすかったのは、「マスティフ」や「ジャーマン・シェパード・ドッグ」の特質が色濃く残る「出羽系」と呼ばれるタイプのものでした。
アメリカ兵が入手し母国へ連れ帰った秋田犬のほとんどはこの「出羽系」でした。
頭がよく、適応能力の高いこれらの「秋田犬」は、アメリカ国内でも人気となり、繁殖によりその数も増やしていきました。

一方、日本国内では、原種である秋田マタギ犬を使うことにより、本来の日本犬の特質が強い秋田犬が改めて改良繁殖され、この系統こそが真の秋田犬とされたために、一世を風靡した出羽系は、最終的にはほぼ根絶されるに至りました。

アメリカンアキタ(グレートジャパニーズドッグ)の特徴

忠実で献身的な優しい性格

アメリカンアキタ(グレートジャパニーズドッグ)
外見 がっしりとした骨太で均整が取れた体型で、三角形の広い頭部、深いマズル、小さな目、前傾した直立の耳、背上に巻くか脇腹に垂れる尾が特徴です。
秋田犬に比べるとやや大きめの姿をしており、顔つきも多少異なりどちらかと言うとシェパードに似た顔をしています。
被毛は厚く密なアンダーコートと、粗く硬い短めで直毛のアウターコートのダブルコートです。
被毛カラーはレッド、フォーン、ホワイトなど様々な色が認められており、顔のブラックマスクも許されています。
性格 飼い主にとても忠実で献身的な優しい性格です。
家族を守ろうとする気持ちが強く、高い縄張り意識を持つので、番犬としても優れた能力を発揮します。
日本の秋田犬に比べ、警戒心が強くなくフレンドリーです。
体重  27~59kg
体高  61~71cm

アメリカンアキタ(グレートジャパニーズドッグ)の健康

「股関節形成不全症」には注意が必要

アメリカンアキタの平均寿命は、10~12年ほどです。

大型犬であるので、股関節に負担がかかって歩様がおかしくなる「股関節形成不全症」には注意が必要です。
また、「甲状腺機能低下症」「自己免疫性甲状腺炎」「膝蓋骨脱臼」にかかりやすいです。
「甲状腺機能低下症」は、併発する「クッシング症候群」や免疫疾患である「天疱瘡(てんぽうそう)」や「原田病」にも注意が必要です。
関節疾患は発育期の過剰な運動や肥満が大きな原因です。
歩行異常がみられたら早めに獣医さんの診察を受けてください。

「脂腺炎」という秋田犬にみられる皮膚疾患にもかかりやすいです。
「被毛が脂っぽくなる」「フケが出る」「アンダーコートが大量に抜ける」などの症状が出たら疑いがあります。
原因不明で進行性なので完治することは難しいですが、初期の段階であれば効果的に進行を抑える薬があります。
遅れるとシャンプー療法を中心に対症療法をするしかありませんので、早期に病院へ連れてあげてください。

アメリカンアキタ(グレートジャパニーズドッグ)の運動

毎日1時間程度の散歩を2回

狩猟犬の血を引くためタミナが多いので、豊富な運動量が必要で、毎日1時間程度の散歩を朝夕の2回するのが理想です。
長距離の散歩を好むので、ジョギングも交ぜながらの散歩をしてください。
室内飼育はストレスの原因になり、攻撃的になってしまうのでなるべく外で飼うようにしてくださいね。

アメリカンアキタ(グレートジャパニーズドッグ)のしつけ

初心者の方にはしつけが難しい

初心者の方にはしつけが難しい犬種です。
対応力や忍耐力があるので訓練などへの反応は良いのですが、毅然とした態度でしつけを行う必要があります。
大型犬で力が強く、体重が50kgを超えることもあるので、しつけに失敗すると手に負えない猛犬になってしまいます。
子犬の頃から少し頑固な一面があるので積極的にコミュニケーションを図り、飼い主を信頼させるのがポイントです。
できるだけ遊びや生活の中で飼い主との主従関係をしつけ、服従訓練を徹底する必要があります。
日々愛情を持って接し続けることで、愛犬も徐々に信頼してくれるはずです。
信頼関係が結べれば、これほど心強いパートナーはいません。

しつけの基本は必ず確認しましょう⇒犬のしつけの基本理論 完全ガイド
「おすわり」や「待て」など行動別のしつけ方法はこちら⇒犬の行動別しつけ方法

アメリカンアキタ(グレートジャパニーズドッグ)の手入れ

毎日ブラッシングを

被毛の手入れを怠ると皮膚病の原因になることもあるので、スキンシップも兼ねて毎日ブラッシングをしてあげてください。
丁寧にブラッシングをして表面に浮いてきたフケや埃を蒸しタオルなどで拭き取ってあげ、被毛を清潔に保ちましょう。

シャンプーは月に1回ほどで十分ですが、換毛期には大量の毛が抜けるので、いつもよりも丁寧にムダ毛を取り除いてあげてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA