ゴードンセッターの特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

ゴードンセッターの特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

ゴードンセッターの誕生した背景・歴史、性格や外見、手入れ方法や散歩の頻度、性質から見るしつけ方などがここにあります。


  • ゴードンセッターの歴史
  • ゴードンセッターの特徴
  • ゴードンセッターの健康
  • ゴードンセッターの運動
  • ゴードンセッターのしつけ
  • ゴードンセッターの手入れ

ゴードンセッターの歴史

岩だらけで悪天候でも長時間の猟ができるために生まれた

全てのセッター犬種の中で最も大きい犬種です。
西暦1600年ごろから存在していた「スコティッシュ・セッター」という犬種が元と言われています。
名前の由来でもあるゴードン公爵4世が独自に改良して誕生したのがゴードン・セッターです。
岩だらけで悪天候のもとでも長時間猟を継続できるようにし、力の強いセッターを目指して作出されました。
「スコティッシュ・セッター」に「ラフ・コリー」、「ブラッドハウンド」、「ワーキング・コリー」などを掛け合わせて1770年に作出が開始され、1820年に完成しました。
主にキジやヤマシギを狩るのに用いられ、嗅覚で獲物を捜索し、獲物を発見するとその方向を向き、体を地面に落として伏せをする「セッティング」というポーズをとります。
セッティングを確認した主人はそれをもとに投網を行い鳥を生け捕りしたり、猟銃を撃って仕留めました。

ゴードンセッターの特徴

美しいブラック・アンド・タンの毛色で、陽気で人懐こい性格

ゴードンセッター
外見

ゴードン・セッターはつややかで美しいブラック・アンド・タンの毛色が特徴です。
コートはウエーブしていて柔らかく、防寒性にも優れています。
凛とした顔つきとき締まった均等の取れた体を持ち、脚が長く、公爵の名に恥じない容姿を備えています。
力は強く、足場の悪い場所でも駆け回ることが出来ます。
マズルの長さは普通で太く、上唇は少し垂れています。
耳は垂れ耳、尾はサーベル形の垂れ尾で、耳、尾、胸部、臀部などには豊かな飾り毛があります。

性格 性格は陽気で人懐こく、好奇心が旺盛です。
社交的で初対面の人や犬に対してもフレンドリーに接してくれます。
頭がよく、しつけもしやすいので、初心者の飼育にも適した犬種です。
体重  20~36kg
体高  58~69cm

ゴードンセッターの健康

垂れ耳ですので「外耳炎」に注意

ゴードンセッターの平均寿命は、10〜12年ほどです。
かかりやすい病気は大型犬にはありがちな「股関節形成不全」や「離断性骨軟骨症」「肘関節形成不全」などの関節疾患と、「汎進行性網膜萎縮症」に注意が必要です。
また、垂れ耳ですので、「外耳炎」にも注意が必要で、定期的に耳を掃除してあげてください。

ゴードンセッターの運動

1日2回1時間程度の散歩

体調を維持管理するためには、毎日かなりの量の運動が必要です。
肥満予防のためにも、1日2回1時間程度の散歩に加え、ボールやフリスビー、ドックランなどで遊んであげてください。

ゴードンセッターのしつけ

飲み込みが早く、しつけやすい?

ゴードンセッターは飲み込みが早く、状況判断力も高いので、初心者の方にもしつけやすい犬種です。
子犬の頃からコミュニケーションをしっかりとりながら愛情を持ってしつけることで、最高のパートナーになってくれます。
あまり厳しく接したり、手荒なトレーニングを行うとすねてしまい逆効果です。
厳しく叱らず、ほめて伸ばす事を心がけましょう。

しつけの基本は必ず確認しましょう⇒犬のしつけの基本理論 完全ガイド
「おすわり」や「待て」など行動別のしつけ方法はこちら⇒犬の行動別しつけ方法

ゴードンセッターの手入れ

2~3日に一回のブラッシング

ゴードン・セターは長毛ですが、シングルコートですので、換毛期はありません。
被毛の手入れは、2~3日に一回のブラッシングとコーミングを欠かさないようにしてください。
毛が伸び続けるため、定期的なトリミングが必要です。
また、「外耳炎」予防のためにも、定期的に耳を綿棒とイヤーローションで掃除してあげてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA