離れていても、いつでも一緒。【ドッグカメラ】

ピットブルの特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

ウェブクルー  ペット保険資料一括請求

ピットブルの誕生した背景・歴史、性格や外見、手入れ方法や散歩の頻度、性質から見るしつけ方などがここにあります。

ピットブルの歴史

ピットブルの正式名称は「アメリカン・ピット・ブル・テリア」です。
「ピット・ブル」、1870年代にイギリスからアメリカ合衆国に輸入された「スタッフォードシャー・ブル・テリア」をベース「ブルドッグ」などを厳選して交配し作出されました
 作家マーク・トウェイン、発明家トーマス・エジソン、セオドア・ルーズベルト大統領、ヘレン・ケラーなどの著名人から愛された事でも知られています。なお、ほぼ同じ容姿を持つ「アメリカン・スタッフォードシャー・テリア」は、性格をより温厚にした犬種とされ、1936年にアメリカン・ケネルクラブに公認されています。
ピットブル

外見  胸部が幅広い筋肉質な体型で、迫力のある個性的な顔立ちをしています。艶のある短毛で、毛色と模様は白、黒、ブリンドルなど多種多様です。垂れ耳ですが、耳を短くカットすることもあります。
性格  非常に強い闘争心があり、危険な犬種との評価がありますが、我慢強く、飼い主に対しては忠誠心と服従心が強い性格であり、忠実な性格でもあります。
ただ実際には、飼育難度がトップクラスでもあります。
体重  14〜36kg
体高  46〜56cm

ピットブルの健康

緑内障」、「白内障」、「チェリーアイ」などの眼病には注意が必要です。
その他では、「皮膚病」、「心臓病」、「腫瘍」などができやすいとされています。

ピットブルの運動

かなりの運動量が必要で、最低でも毎日2時間程度の散歩はしてあげて下さい。ドッグランに連れて行くのは危険な面があり、じゃれ合っているうちに本気になり、取り返しのつかない結果を招く恐れが十分にあります。

ピットブルのしつけ

子犬の頃からたくさんの人や犬と接触させながら社会性を育み、時には厳しく訓練やしつけを行い、どんな時でも命令に従うという信頼関係を築く必要があります。

しつけの基本は必ず確認しましょう⇒犬のしつけの基本理論 完全ガイド
「おすわり」や「待て」など行動別のしつけ方法はこちら⇒犬の行動別しつけ方法

ピットブルの手入れ

短毛で被毛の手入れは楽です。定期的にブラッシングを行ってあげましょう。

最後に

 大切なペットの具合が悪くなり、動物病院へ行くと、かなりの請求金額になる事はよくあります。
 いざという時の為にも必ず人と同様に保険には入っておきましょう!

 保険料よりも補償内容をきちんと比較する必要があります。
 保険料の安さだけで選んだら、いざ、病院に行ったら、「こちらは保険外です」なんて事にならないように、
 ワンちゃんの為にも、飼い主様の為にも、しっかりと各社を比較して、
 ご自分と愛するペットに最適な保険を選びましょう!

 大切なペットの保険選びの前に「無料資料請求」はこちら⇒保険スクエアbang!/ペット保険

オリジナル歯磨きペースト バイオペースト ルース お試し

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA