ホワイトシェパードの特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

ホワイトシェパードの誕生した背景・歴史、性格や外見、手入れ方法や散歩の頻度、性質から見るしつけ方などがここにあります。

ホワイトシェパードの歴史

 ホワイト・スイス・シェパード・ドッグはスイス原産で、「ジャーマン・シェパード・ドッグ」の白色種です。また、同一犬種として、アメリカ合衆国やカナダで繁殖された白色の「ジャーマン・シェパード・ドッグ」があり、これを区別して「アメリカン・カナディアン・ホワイト・シェパード」と呼ぶこともあります。

ジャーマン・シェパード・ドッグからは白色の個体も生まれ、特に19世紀末に犬種として作出される段階では多くの個体が白色、あるいはその血を引くものでした。
番犬として不適格であるといった理由により、1933年にドイツでの犬種標準から白色は排除されました。その後も1960年代にかけてドイツを中心に白色個体への反対運動が展開され、ヨーロッパでは白色個体はほぼ絶滅しました。
しかし、能力も性格も基本的に普通のジャーマン・シェパード・ドッグと同じであり、白い犬を好む愛好家もいたため、独立した犬種として、アメリカ合衆国やカナダに残存する白色のジャーマン・シェパードをもとにした活動が行われました。

1970年代には次第に人気が集まり、1990年代にスイスで、次いでオランダ・デンマーク・チェコにて犬種スタンダードが認められ、2002年にはスイス原産の「ホワイト・スイス・シェパード・ドッグ」として国際畜犬連盟に暫定公認され、2011年に正式登録となりました

ホワイトシェパード
外見  筋肉質で引き締まった体型です。耳は立ち耳で、尾は垂れ尾です。肉球や鼻の色はダークブラウンです。
被毛はミディアムもしくはロングのダブルコートで、 毛色はホワイトです。
性格  ホワイトシェパードは「ジャーマンシェパード」と似たフレンドリーで飼い主に対してとても忠実な性格です。また、頭も良く、ジャーマンシェパードよりも大人しく温厚です。
体重  25〜40kg
体高  55〜66cm

ホワイトシェパードの健康

かかりやすい疾患としては、「股関節形成不全」「関節炎」「皮膚疾患」には注意が必要です。

たった55秒でペットの安心を確認しませんか?

 大切なペットの具合が悪くなり、動物病院へ行くと、
 かなりの請求金額になる事はよくあります。

 ケガや病気で手術が必要となった場合、
 「入院費+手術代で200,000円」ですとなったら、
 どうしますか?
 
 いざという時の為にも人間と同様に保険には加入を検討してみて下さい。

 保険料よりも補償内容をきちんと比較する必要があります。
 保険料の安さだけで選んだら、いざ、病院に行ったら、
 「こちらは保険外です」なんて事にならないように、

 ワンちゃんの為にも、飼い主様の為にも、しっかりと各社を比較して、
 ご自分と愛するペットに最適な保険を選びましょう!

 大切なペットの保険選びの前にたったの55秒で「無料資料請求」はこちら ⇒ かわいいペットの急な病気に備えて!!

ホワイトシェパードの運動

毎日1時間程度は散歩の時間を作ってあげて下さい。たまにはゲームやボール遊びなどもして、遊んであげて下さい。

ホワイトシェパードのしつけ

賢いので、しつけは入りやすいです。厳しく叱るよりも、ほめて伸ばすようにしましょう。
たくさんの人や犬と触れさせて、社会性を身に付けましょう。

しつけの基本は必ず確認しましょう⇒犬のしつけの基本理論 完全ガイド
「おすわり」や「待て」など行動別のしつけ方法はこちら⇒犬の行動別しつけ方法

ホワイトシェパードの手入れ

週2回程度ブラッシングをしてあげて下さい。ただ、抜け毛の時期は、毎日ブラッシングをして、抜け毛を取り除いてあげましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA