ワイマラナーの特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

ワイマラナーの特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

ワイマラナーの誕生した背景・歴史、性格や外見、手入れ方法や散歩の頻度、性質から見るしつけ方などがここにあります。


  • ワイマラナーの歴史
  • ワイマラナーの特徴
  • ワイマラナーの健康
  • ワイマラナーの運動
  • ワイマラナーのしつけ
  • ワイマラナーの手入れ

ワイマラナーの歴史

非常に有能な狩猟犬として誕生

ワイマラナーはドイツ原産で、ワイマール地方のカール・アウグスト大公の宮廷にて作出されました。
シカやクマなどの大型の動物から鳥やうさぎ、リスなどのすばしっこい小動物まで狩ることができる非常に有能な狩猟犬として誕生しました。
高貴な容姿も含めた完璧な猟犬を求め、「ブラッドハウンド」、「ジャーマン・ポインター」などが掛け合わされたと推測されているが、秘密裏に交配が行われたため、詳細は謎です。

19世紀前半のドイツでワイマラナークラブが設立され、ワイマラナーは貴族など上流階級のみが飼育できる犬として、繁殖を厳重に管理されてきました。
1928年、アメリカ・ニューイングランドのハワード・ナイトは、ワイマラナークラブへの入会を申し込み、入会を認められ、2頭のワイマラナーを与えられましたが、その2頭は断種されていて、繁殖はできない個体でした。
さらに10年後の1938年、ハワード・ナイトはクラブから3頭の未避妊メスと子犬を与えられ、本国ドイツのワイマラナークラブの管理の下、アメリカでもワイマラナーの繁殖が始まりました。
1942年にはアメリカ・ワイマラナークラブが発足し、アメリカンケネルクラブに犬種登録がされることになりました。

ワイマラナー

ワイマラナーの特徴

筋肉質で引き締まったカッコイイ犬種

外見 筋肉質で引き締まっており、長い脚も有しています。
耳は垂れ耳で、目は小さく、瞳の色は明るいアンバー、ブルー・グレー、グレーのいずれかです。
被毛は基本的には短毛ですが、まれにロングヘアーの個体も存在します。
カラーはシルバーやグレーの毛色に、わずかな白斑は許されますが、白以外の斑は公認されません。
性格 非常に活発で、とても賢く、状況判断力に優れています。
また飼い主には忠実で従順であり、普段は穏やかですが、いざという時は勇敢さも見せてくれます。
体重  30~40kg
体高  59~70cm

ワイマラナーの健康

平均寿命は10〜12年前後

ワイマラナーの平均寿命は、10〜12年前後です。
大型犬ですので、「股関節形成不全」や「胃捻転」には気を付けましょう。
食事のドカ食いを防ぎ、食後は安静に過ごさせましょう。
その他では、「肥満細胞腫」や「白内障」や「眼瞼内反症」などの眼病にも注意が必要です。

ワイマラナーの運動

思いっきり走らせてあげて下さい

運動欲求が高い犬種ですので、最低でも毎日2時間以上の散歩が必要です。
また、ただ歩くだけでは満足させる事は出来ないので、思いっきり走らせてあげられる環境も必要です。
運動不足によるストレスから、問題行動に発展することがあります。

ワイマラナーのしつけ

主従関係さえ築けば楽

ワイマラナーは、とても賢く訓練性能は高いです。
飼い主には非常に忠実で従順なので、主従関係さえ築くことができれば、しつけは難しくありません。
飼い主は、攻撃的な行動を取ろうとしたとき毅然とした態度で接しましょう。
ただ、やや繊細な面があるので、子どもとの相性はいまいちです。

しつけの基本は必ず確認しましょう⇒犬のしつけの基本理論 完全ガイド
「おすわり」や「待て」など行動別のしつけ方法はこちら⇒犬の行動別しつけ方法

ワイマラナーの手入れ

お手入れはとても楽!

ワイマラナーは短毛種と長毛種がいます。
短毛であれば、被毛の手入れはとても楽ですが、長毛種でもあまり毛が長くないので大変ではなく、週2~3回はブラッシングしてあげましょう。
シャンプーは月1〜2回程度してあげてください。
また、寒い日には、服を着させるなど、対応してあげましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA