イングリッシュマスティフの特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

イングリッシュマスティフの誕生した背景・歴史、性格や外見、手入れ方法や散歩の頻度、性質から見るしつけ方などがここにあります。

イングリッシュマスティフの歴史

紀元前1000年ごろにフェニキア人がイギリスへ持ち込んだ闘犬である「パグノーズ・ブリタンニア」や「モロサス犬」などが先祖です。初期のうちは先祖と同じく闘犬として使われていたため、それ用の犬種というイメージが強いですが、純粋に闘犬としてだけ使われていた期間は短いです。闘犬としてはコロシアムでの殺し合いゲームなどに使われていたが、すぐに取りやめられガードドッグとして使われるようになっていきました。
2度の世界大戦が起こった際は雑種化により急速に頭数が減少して絶滅の危機に陥ったが、第二次世界大戦後に本種をもとに作り出された「ブルマスティフ」などの犬種の血を借りて復活し、頭数回復後はそれらの特徴を取り除いて純粋なイングリッシュ・マスティフの姿を取り戻すことが出来ました。
イングリッシュ・マスティフ

外見  頭部が大きく、がっしりした筋肉質で骨太の体格をしている。マズルは短く太い。垂れ耳・太い垂れ尾でコートはスムースコート、毛色はフォーン、ブリンドル、アプリコットなどで、顔にはブラックマスクが入っています。皮膚は少したるみがあり、顔には深いしわがあり、これにより顔が泣き顔に見えるという人もいます。
性格  イングリッシュ・マスティフは本質的に気立てがよく、物静かでおおらかな性格の持ち主で、驚くほどやさしい犬種です。無駄吠えをせず、ねばり強く侵入者を追跡する能力はブルドッグから受け継いでいますが、当時のブルドッグの凶暴さは混血によって緩和されました。
とても忠実ですが、あまり感情をあらわに出すほうではなく、見知らぬ人には警戒心が強く無愛想になる事も。家族に対しては献身的で、危機が迫った際には勇敢に立ち向かってくれます。特に子供の子守り役として安心して任せられる犬種です。
体重  79~86kg
体高  70~75cm

イングリッシュマスティフの健康

気をつけなくてはならない病気は、股関節形成不全胃捻転眼瞼外反症、小眼球症などです。

イングリッシュマスティフの運動

四肢の骨格が成長したら、屋外での引き運動や、広場で自由に遊ばせたりすることが必要です。

たった55秒でペットの安心を確認しませんか?

 大切なペットの具合が悪くなり、動物病院へ行くと、
 かなりの請求金額になる事はよくあります。

 ケガや病気で手術が必要となった場合、
 「入院費+手術代で200,000円」ですとなったら、
 どうしますか?
 
 いざという時の為にも人間と同様に保険には加入を検討してみて下さい。

 保険料よりも補償内容をきちんと比較する必要があります。
 保険料の安さだけで選んだら、いざ、病院に行ったら、
 「こちらは保険外です」なんて事にならないように、

 ワンちゃんの為にも、飼い主様の為にも、しっかりと各社を比較して、
 ご自分と愛するペットに最適な保険を選びましょう!

 大切なペットの保険選びの前にたったの55秒で「無料資料請求」はこちら ⇒ かわいいペットの急な病気に備えて!!

イングリッシュマスティフのしつけ

普段は大人しいからと言ってそのままにしておかずに、日頃からきっちりと主従関係を教え込んでおきましょう。幼犬のうちからできるだけ人間と接したり、いろいろな環境に慣れさせたりするようにします。
主従関係さえ明確にしておけば、元々は賢い犬種ですのでしつけ自体はそこまで難しくはありません。

しつけの基本は必ず確認しましょう⇒犬のしつけの基本理論 完全ガイド
「おすわり」や「待て」など行動別のしつけ方法はこちら⇒犬の行動別しつけ方法

イングリッシュマスティフの手入れ

短毛なので、お手入れは難しくはありません。濡らしたタオルや柔らかいブラシなどを使い、毎日10分くらいのマッサージで良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA