柴犬の特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

柴犬の特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

柴犬の誕生した背景・歴史、性格や外見、手入れ方法や散歩の頻度、性質から見るしつけ方などがここにあります。


  • 柴犬の歴史
  • 柴犬の特徴
  • 柴犬の健康
  • 柴犬の運動
  • 柴犬のしつけ
  • 柴犬の手入れ

柴犬の歴史

縄文時代から日本人と一緒に暮らしてきた歴史のある犬

遺伝的には古くからの血を受け継ぐ現存する古代犬種の一つで、「シャーペイ」、「バセンジー」に次ぐ古い犬種となります。
日本では縄文時代早期から縄文犬と呼ばれるイヌが出現しています。
縄文犬は日本人と一緒に暮らしてきた歴史のある犬です。
各地の貝塚からも出土してます縄文犬は猟犬として用いられ、丁重に埋葬された出土事例が多く、人の埋葬に伴う出土事例もあり、特に女性の埋葬に係る呪術的な位置づけであったとする説もあります。
弥生時代には大陸から縄文犬と形質が異なる弥生犬がもたらされ、毛色は不明であるが多くは柴系であるとされ、大部分はストップがごく浅く、大きな歯牙を持ちます。
昔から本州各地で飼われ、古くから、ヤマドリ・キジなどの鳥やウサギなどの小動物の狩猟、およびそれに伴う諸作業に用いられてきた犬です。
信州の川上犬、保科犬、戸隠犬、美濃の美濃柴犬、山陰の石州犬や因幡犬など、分布地域によっていくつかのグループに細分されていましたが、第二次世界大戦後の食糧難の時代や、その後1952年(昭和27年)に犬ジステンパーが流行したことによって、柴犬を含む多くの犬が激減しました。

現在、大多数を占めているいわゆる信州柴犬は、昭和初期の保存運動の中で、島根産の石号と四国産のコロ号を交配して作られたアカ号の子孫が長野県へ移入・繁殖されたものを源流としており、その呼び名からしばしば誤解を受けるが信州地方原産種ではありません。
このため、天然記念物に指定された7犬種の中で、柴犬のみが地方名を冠していません。

柴犬の特徴

キリッとした顔立ちが特徴の忠犬

柴犬(1)
外見 柴犬はピンと立った耳、キリッとした顔立ちが特徴です。
体高より体長がやや長く、小さな立ち耳で巻き尾、短毛でダブルコートです。
パッと見では同じに見える巻尾ですが、左巻きや右巻き、さし尾など形態が異なります。
毛色は赤(茶)・胡麻・黒、希に白などがあります。
性格 主人に対しては非常に忠実で、見知らぬ人に対しては馴れ馴れしくせず、賢く勇敢で警戒心も強いため、番犬にも適します。
独立心があり、我慢強い反面、頑固なところもあります。
体重  9kg前後
体高  37 – 40cm

柴犬の健康

皮膚疾患の多い犬種

柴犬の平均寿命は、12~15歳ほどです。
柴犬は皮膚疾患の多い犬種として知られており、その症状や原因は多様です。
マラセチアなどの真菌が原因であるものや内分泌疾患によるもの、食物アレルギー接触アレルギー、原因不明のアトピーまで非常に多くの種類の皮膚病を好発します。
予防としては、ブラッシングを皮膚をキズつけないように丁寧に、まめに行うことが重要です。
また部屋などの居住環境を清潔にすることに気を付けましょう。
アレルギーが疑われる場合はきちんと検査をして原因を特定するのが近道となるでしょう。

柴犬の運動

毎日1時間以上は散歩を

柴犬は運動が大好きで体力もあるので、毎日しっかりと朝夕2回1時間以上は散歩をしましょう。
運動不足によるストレスは問題行動の原因となりますので、注意しましょう。

柴犬のしつけ

頑固なため、しつけは忍耐強く

中には独立心が強く、頑固な子もおり、しつけしにく個体もあります。
信頼関係をしっかり作りながらも、上下関係のけじめをつけること、甘やかさないことが大切です。
しかし、体罰などは逆効果になり、それ以上に可哀そうなので、決してしないようにしましょう。

しつけの基本は必ず確認しましょう⇒犬のしつけの基本理論 完全ガイド
「おすわり」や「待て」など行動別のしつけ方法はこちら⇒犬の行動別しつけ方法

柴犬(2)

柴犬の手入れ

最低でも週に2~3回はブラッシングを

柴犬は短毛ですが、抜け毛は多く、特に春・秋の年2回の換毛期は非常に抜けます。
ですので、最低でも週に2~3回はブラッシングをしてあげましょう。

※豆柴犬について

豆柴犬は、通常の柴犬よりも小型の個体を選んで交配し、繁殖させたもです。
あくまでも小柄な柴犬であり、独立した犬種ではありません。
ですので、中には「豆柴」と思って育てていたら、通常に柴犬くらいの大きさになった、という事も多々あります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA