シュナウザーの特徴は?種類は?

シュナウザーの歴史、それぞれの種類の生い立ちや性格、飼い方について・・・

シュナウザーと言えば、人気犬種の一つですし、犬好きの中ではよく耳にする事も多い犬種名だと思います。
しかし、一言でシュナウザーと言っても、実際は3つの種類に分かれています。
ここでは、シュナウザーの誕生した背景・歴史、種類をまとめました。


  • シュナウザーの歴史
  • シュナウザーの種類

シュナウザーの歴史

「シュナウザー」という名前はドイツ語で口髭

「シュナウザー」という名前はドイツ語で口髭を意味します。
シュナウザーはドイツ原産で、ピンシャー犬種から作られたと言われています。
スタンダード・シュナウザーから、アーフェンピンシャーや プードル と掛け合わせ、小型の ミニチュア・シュナウザー が作られ、グレート・デーンやロットワイラーなどと交配し、 ジャイアント・シュナウザー も作られました。
シュナウザーはあらゆる犬種の中でも、とりわけ賢いです。

シュナウザーの種類

サイズによって次の3種類

サイズによって次の3種類に分けられ、ジャイアントシュナウザーとミニチュアシュナウザーでは体重に約10倍、体高に約2倍の差にもなります。

  • ミニチュア・シュナウザー
    アーフェンピンシャーや プードル と掛け合わせ、小型の ミニチュア・シュナウザー が作られました。
    シュナウザー3犬種の中で最も洗練されたスタイルに完成されていて、筋肉が良く発達しています。
    飼い主に対して従順で、しつけもし易く、日本国内で飼われているシュナウザーの大半はこのミニチュアシュナウザーとなっています。

  • スタンダード・シュナウザー
    シュナウザーの元となっているのが。スタンダードシュナウザーです。
    訓練能力が非常に高く、忠誠心も高いので、第一次世界大戦では伝令犬や救護犬としても活躍していました。

  • ジャイアント・シュナウザー
    力強い牛追い犬を求めて、グレート・デーンやロットワイラーなどと交配し作られました。
    正確は大人しいですが、勇敢な性格で、猟犬としても活躍していました。
    また、独立心や自立心が高く、頼もしい犬種です。

ともに共通の祖先に由来しますが、性格としてはそれぞれ異なった個性をもっています。
また、ブラック・ロシアン・テリアはロシアン・ベア・シュナウザー(Russian Bear Schnauzer)の別名でも知られる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA