バセンジーの特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

バセンジーの特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

バセンジーの誕生した背景・歴史、性格や外見、手入れ方法や散歩の頻度、性質から見るしつけ方などがここにあります。


  • バセンジーの歴史
  • バセンジーの特徴
  • バセンジーの健康
  • バセンジーの運動
  • バセンジーのしつけ
  • バセンジーの手入れ

バセンジーの歴史

紀元前7000年~5000年頃には存在した?

バセンジーは、コンゴ共和国原産で、同国原産の別の民族が作り出したニャム・ニャムという犬種の親戚種です。
一説には紀元前7000年~5000年頃には存在したとされている古代犬種です。
繁殖期が年に一度ということも原始的な特性を今もなお残している証でしょう。
バセンジーはパックでの狩猟に使われ、サイトハント(視覚猟)とセントハント(嗅覚猟)を同時に行える優れた性質を持っていたため、非常に重宝されていて大切に飼育されていました。
19世紀後半になると、優れた容姿と能力が外部の人の目にも留まり、イギリスに数頭が輸出されましたが、1回目の輸出は犬ジステンパーで全滅し、2回目も繁殖に成功したものの、1回目と同じ病気によって、雄1頭を残して全て死んでしまいました。
3回目にようやく輸入が成功し、イギリスでブリーディングが行われました。

バセンジーの特徴

「吠えない犬」として有名

バセンジー
外見 筋肉質で引き締まった体を持ち、脚は長く、ほとんど吠えません。
常に額にしわを寄せているが、困ったことが起こるとそのしわを更に深く寄せます。
やや大きめの立ち耳で、尾は飾り毛のない巻き尾です。
被毛は非常に短いスムースコートで毛色はレット・アンド・ホワイトなどです。
性格 性格はとても落ち着いていますが、家族思いの甘えん坊です。
見知らぬ人に対しては警戒心を示しますが、吠えたてることはありません。
体重  9.5~11kg
体高  42~43cm

バセンジーの健康

冬季には洋服を着せる必要が

寒さに弱く、冬季の散歩時には洋服を着せる必要があります。
また、腸が弱く下痢を起こしやすい上、貧血になりやすいため注意する必要があります。
バセンジーは「ファンコーニ症候群」という、比較的珍しい腎臓疾患に遺伝的にかかりやすい傾向があります。

バセンジーの運動

大型犬並みの運動量

散歩は大型犬並みの運動量で行う必要があり、毎日1回1時間以上の散歩を2回は必要です。
ただし、リードは絶対に放さないでください。
驚くほど遠くへ走り出してしまいます。
また、ジャンプ力も優れており、腰くらいの高さの囲いなら飛び出してしまいます。

バセンジーのしつけ

しつけは難しくありません

賢いうえに落ち着いているので、しつけは難しくありません。
ただ、マイペースなところもあるので、根気よくしつけしましょう。

しつけの基本は必ず確認しましょう⇒犬のしつけの基本理論 完全ガイド
「おすわり」や「待て」など行動別のしつけ方法はこちら⇒犬の行動別しつけ方法

バセンジーの手入れ

被毛の手入れは簡単?

短毛で被毛の手入れは簡単です。
良く絞ったタオルで拭いて、週に何度かブラッシングをしてあげましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA