ジャーマンピンシャーの特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

飼い主に対して非常に従順な ジャーマンピンシャー

カッコいい犬種の代表格である「ドーベルマン」の元となった犬種であるジャーマンピンシャー。
飼い主に対しては非常に従順で、元々は家畜の護衛犬をしていたこともあり、番犬としてもかなり優秀です。

ここでは、ジャーマンピンシャーの誕生した背景や歴史、性格や外見、手入れ方法や散歩の頻度、性質から見るしつけ方の詳細をまとめていますので、是非ご参考になさって下さい。



ジャーマンピンシャーの歴史

ドーベルマンの祖先犬

「ジャーマン・ピンシャー」はドイツ原産であり、単に「ピンシャー」と呼ばれることもあります。
名前の「ピンシャー」とは、ドイツ語で「噛みつく」という意味です。

生い立ちの詳細は不明ですが、1884年には犬種として存在しており、「スタンダード・シュナウザー」とは兄弟関係にあります。
また「ミニチュア・ピンシャー」と「ドーベルマン」の祖先にもなっています。
多くの人は「ジャーマンピンシャー」が「ドーベルマン」を小さく改良した犬種だと思っているようですが、実は逆なのです。

第二次世界大戦の際には頭数が激減し、絶滅状態に瀕しました。
しかし、1958年に愛好家であったドイツ人のワーナー・ユング氏を始めとする繁殖家たちの手によって、西ドイツで再生プロジェクトが発足し、4頭のオーバーサイズのミニチュア・ピンシャーと、東ドイツから命がけで密輸した1頭の純血のジャーマン・ピンシャーの計5頭を基礎として復活させることが出来ました。

ジャーマンピンシャーの特徴

従順で優しく、凛々しい佇まい

ジャーマンピンシャーは、筋肉質で引き締まった無駄のない美しい体格をしています。
顔にはシワが寄っており、耳は半垂れ耳で、尾は先細りの垂れ尾をしています。
ただ、耳は断耳して立たせていたり、尾も断尾している場合もありますが、動物愛護の観点から断耳や断尾を行わないようになっています。

被毛は滑らかなスムースコートで、ブラックがベースでレッドやブラウンのマーキングが入ったブラック・アンド・タン、レッド、ブラウンなどがあります。

性格は陽気で活発でありながら、飼い主に対してはとても従順です。
家族への愛情は深く、辛抱強さもあるので、子供に対しても上手く対応してくれます。
訓練性能は高く、しっかりとしつけを行ったジャーマンピンシャーは、優秀なパートナーとなってくれるでしょう。

ジャーマンピンシャー
外見

筋肉質で引き締まった体つきをしており、マズル・首・脚・尾が長い。額には少々しわが寄っていて、半垂れ耳、飾り毛のない先細りの垂れ尾です。
コートはつややかなスムースコートです。
毛色はブラック・アンド・タン、イザベラ(栗毛)・アンド・タン、タンの単色。
稀にブルー・アンド・タンやフォーン・アンド・タンの仔犬も生まれることがります。

性格

陽気で従順で優しく、遊ぶことが大好きな性格です。
基本的にはフレンドリーですが、小型犬や齧歯目の動物を見ると狩猟本能の引き鉄を引かれるので、一緒にするべきではないでしょう。
忠誠心の厚さゆえ、家族以外の人間に対しての警戒心が強く、来客に対して吠えることもあります。

体重  14~20kg
体高  45〜50cm

ジャーマンピンシャーの健康

遺伝性の病気にかかりやすい傾向

ジャーマン・ピンシャーの平均寿命は12〜14年ほどです。

ジャーマンピンシャーはわずか5頭の犬から繁殖・育種された経緯から、繰り返された近親交配の歴史による遺伝疾患を可能性が多くあります。

気を付けたい疾患は、「遺伝性白内障」、成長時に股関節に異常を来す「股関節形成不全」、血液疾患である「フォン・ヴィレブランド病」、「拡張型心筋症」などの心臓病、「アトピー性皮膚炎」などがあげられます。

「股関節形成不全」は遺伝によるものだけではなく、肥満も原因となりますので、運動と食事のバランスに気をつけてあげてください。

ジャーマンピンシャーの食事

年齢や体調に合わせたフードを選びましょう

子犬の頃とシニア犬になった頃に必要とされるカロリーや栄養素は変わってきます。
また、食欲が旺盛な子にはカロリーバランスを考えて、低カロリーの食事を与える必要があります。

以上のように「子犬用」「成犬用」「シニア犬用」「体重管理用」など、年齢と目的に応じたフードを与えましょう。

愛犬に合ったドッグフードを探す

愛犬の健康を考える上で、食事の管理を大切です。
「太りすぎだな」と思ったら、低カロリーのフードにしなくてはいけません。
逆に年老いてきて、食欲が細くなったら、少ない量でもエネルギーを取れる老齢犬用のフードに替える必要があります。

下記は様々な犬用品を卸値に近い価格で提供してくれるサイトです。
参考までにどうぞ。

愛犬のフードを探す⇒外部リンク:犬の通販デパート ニコシティ

ジャーマンピンシャーの運動

毎日1回30分~1時間程度の散歩を2回

とても活発な犬種なので、毎日1回30分~1時間程度の散歩を2回行いましょう。

出来ればドッグランなど安全な場所で思いっきり走らせてあげたいです。
また、寒さにはあまり強くないので、寒い日や冬の散歩の際には洋服を着せることをオススメします。

ジャーマンピンシャーのしつけ

賢いので、しつけは難しくない?

とても賢いので、しつけは難しくないです。

ただ、警戒心が強いので、小さい子犬の頃から様々な人や他の犬と積極的に触れ合わせ、社会性を身に付けさせるようにしましょう。

吠え癖が気になる場合は、「無駄吠え癖のしつけ」を行うようにしましょう。

愛犬がしつけをマスターしていくと、ついつい「できて当然」と思ってしまいがちになります。
そうなるとしつけができても全く褒めなくなってしまうでしょう。
でも、これでは犬たちもしつけを忘れてしまう可能性もありますので、毎回ご褒美を与える必要はありませんが、しつけができた時には、褒めてあげるなどの気持ちを伝え続けることを忘れないようにしてください。

しつけの基本は必ず確認しましょう⇒犬のしつけの基本理論 完全ガイド
「おすわり」や「待て」など行動別のしつけ方法はこちら⇒犬の行動別しつけ方法

ジャーマンピンシャーの手入れ

スキンシップも兼ねて、毎日コーミングを

短毛で抜け毛も少ないですので、被毛の手入れは難しくありません。
ただ、皮膚病予防のためにも、スキンシップも兼ねて、毎日コーミングをすると良いでしょう。

シャンプーは月に1回程度を目安にしてあげましょう。

ジャーマンピンシャーの価格

30万円程度が相場

ジャーマンピンシャーは、ペットショップで見かける機会はあまり多くありません。
もしも家族に迎え入れるのであれば、ブリーダーさんから直接購入する方法がメインとなります。
その際の値段ですが、30万円程度が相場となります。

ブリーダーさんから直接購入する際は、必ず現地へ行き、飼育環境やブリーダーさんの人柄などを確認し、信頼できるかを見極めたうえで決定するようにしましょう。

まとめ

✔ 家族への愛情が深い
✔ 遺伝疾患に注意!

飼い主にはもちろん、家族に対しての愛情もとても深い犬種です。
賢さもあり、しつけの覚えも良いので、とても素敵な家族であり、よきパートナーになるでしょう。

ジャーマンピンシャーは、遺伝疾患が比較的多き犬種と言われています。
定期的に動物病院で検査をしたり、肥満によって体調を崩さないように適度な運動を心掛けるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA