マルチーズの特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

常に世界中で愛され続けているマルチーズ!

シルクのような真っ白で柔らかな被毛に、丸くて真っ黒な目がぬいぐるみの様で可愛らしいマルチーズ。
様々なカットスタイルで、好みの外見にする事が出来るのも人気の理由の一つでしょう。

世界最古の愛玩犬ともいわれ、今なお世界中で愛されている本当に可愛く愛すべき犬種です。
ここでは、マルチーズの誕生した背景や歴史、性格や外見、手入れ方法や散歩の頻度、性質から見るしつけ方の詳細などをまとめていますので、是非ご参考になさって下さい。



マルチーズの歴史

世界最古の愛玩犬

マルチーズは、マルタ共和国原産で、紀元前1500年頃からの歴史を持つ世界最古の愛玩犬の一つです。
地中海に浮かぶマルタ島にフェニキア人の水夫たちが持ち込んだ犬が元になっていると言われています。
そこから犬種名の由来である「マルタの犬」との意味でマルチーズと名付けられました。

そんなマルチーズは2500年前から語られてたイソップ寓話にも登場しており、船乗りと長旅をと共にするペットとしても登場しており、昔から人々と愛されていたことが伺えます。

血統的には「ビション・フリーゼ」、「ハバニーズ」、「ボロニーズ」、「コトン・ド・テュレアール」などのビション系犬種と関係があります。

15世紀頃のフランスでは貴婦人の愛玩犬として親しまれていました。
マルタ島がイギリス領となった1813年以降には、ビクトリア女王がマルチーズを飼い始めたことからイギリスの一般市民の間でもマルチーズの人気が高まりました。

マルチーズは選択交配により、今の愛すべき容姿を手にしたわけではなく、元から小さい犬種でした。
ただ、元々は白以外の個体もいたとされていますが、近親交配を繰り返すうちに白い毛色が固定されたようです。

マルチーズの特徴

抱っこ好きの甘えん坊

シルキーコートとも呼ばれる白くて柔らかな美しい被毛が魅力的な犬種です。
骨格は華奢な傾向がある小型犬です。

愛玩犬として長い年月を人間と過ごしてきただけあって、人なつっこく、社交的な性格です。
とても明るく甘えん坊で、「King of 愛玩犬」と言える愛すべき性質を持っています。
また、賢く飼い主には従順なので、しつけも問題ないでしょう。

その反面、ときには無鉄砲と言える勇敢さと警戒心から、自分よりも大きいほかの犬に対して吠えることもあります。

マルチーズ
外見

クリッとした目、耳は垂れ耳です。
被毛はシングルコートで、光沢のある純白のものがほとんどです。
ただ、中にはレモンといわれる黄味がかった白や、タンと呼ばれるごく淡いベージュのような白色も見られます。

性格

温厚であり、陽気で活発な性格で、抱っこが大好きな甘えん坊です。
その反面、神経質で気の強い一面もあり、大きな犬に向かっていくなど大胆な行動をすることがあります。
飼い主に対してはとても深い愛情を示し、従順な態度を取ってくれます。
ただ、甘やかし過ぎて、様々な人や他の犬との接触を極端に減らすと、他人に対してはシャイな振る舞いをする子も多いです。

体重  2~3kg
体高  20~25cm

マルチーズの健康

体は弱い傾向があります

マルチーズの平均寿命は、12〜15歳と平均的です。

マルチーズはかかりやすい病気は比較的多く、「眼瞼内反症」や「白内障」などの眼病、「ホワイトシェイカードッグ症」という、寒くもないのに四肢をぶるぶる震わせる症状を見せたり、エネルギー不足から「低血糖症」などを起こす可能性もあります。
僧帽弁閉鎖不全症」などの心臓疾患に犬種に比べて掛かりやすいので、注意が必要です。

また、垂れ耳ですので、「外耳炎」になり易く、定期的に耳掃除を行うようにして下さい。

定期的な健診をオススメします。
ペット保険に加入するなどして、対応したほうが良いでしょう。

マルチーズの食事

年齢や体調に合わせたフードを選びましょう

子犬の頃とシニア犬になった頃に必要とされるカロリーや栄養素は変わってきます。
また、食欲が旺盛な子にはカロリーバランスを考えて、低カロリーの食事を与える必要があります。

以上のように「子犬用」「成犬用」「シニア犬用」「体重管理用」など、年齢と目的に応じたフードを与えましょう。

愛犬に合ったドッグフードを探す

愛犬の健康を考える上で、食事の管理を大切です。
「太りすぎだな」と思ったら、低カロリーのフードにしなくてはいけません。
逆に年老いてきて、食欲が細くなったら、少ない量でもエネルギーを取れる老齢犬用のフードに替える必要があります。

下記は様々な犬用品を卸値に近い価格で提供してくれるサイトです。
参考までにどうぞ。

愛犬のフードを探す⇒外部リンク:犬の通販デパート ニコシティ

マルチーズの運動

長時間の散歩は不要

激しい運動は必要なく、1日20分程度の散歩で十分です。
ただ、意外と散歩は大好きですので、短い時間でも気分転換に外へ連れ出して、ストレスを溜めないようにしましょう。
散歩自体は短くてもいいですが、その分、甘えん坊ですので、室内でたくさん遊んであげてください。

大好きな飼い主と接する事がマルチーズにとって、一番の喜びです。

マルチーズのしつけ

しつけはとても楽⁉

しつけは特に難しくはありません。
人見知りをする傾向があるので、幼い子犬の頃から様々な人や他の犬たちと触れさせて、社会性を身に付けさせましょう。
かわいいからと言って、甘やかしすぎると、神経質になりすぎるので、気を付けましょう。

いけないことをしたら「ダメ」と低い声で叱り、出来たときにはしっかり褒めて、信頼関係を築くようにしてください。
くれぐれも体罰はしてはいけません。信頼関係が崩れてしまいます。

しつけの基本は必ず確認しましょう⇒犬のしつけの基本理論 完全ガイド
「おすわり」や「待て」など行動別のしつけ方法はこちら⇒犬の行動別しつけ方法

マルチーズの手入れ

毎日のブラッシングは必須

被毛の手入れはかなり丹念に行う必要があります。
真っ白な美しい被毛は汚れてしまうとブラッシングをする際に毛が痛むので、できるだけこまめにやる必要があります。
マルチーズはシングルコートですので、換毛期がなく抜け毛も少ないですが、とても毛玉になりやすい毛質なので、スキンシップを兼ねて、毎日ブラッシングをしてあげましょう。

シャンプーも月に2回程度行うと良いでしょう。
その際は、皮膚への負担も考えて、低刺激の天然素材のシャンプーがオススメです。

愛犬のシャンプーを探す⇒外部リンク:犬の通販デパート ニコシティ

また、被毛は放っておくと伸び続けますので、定期的なトリミングと耳掃除は必要です。
特に耳掃除を怠ると、「外耳炎」になりやすいです。

「涙やけ」をしやすいので、目の周りは時折優しく拭いてあげて下さい。

マルチーズのカットスタイル

トリミングが欠かせな犬種だからこそ、スタイルを気にしてみては?

マルチーズは、真っ白な美しい直毛を生かした様々なカットスタイルが可能です。
流行のテディベアカットやエレガントなフルコートなど、さまざまな一面を見せてくれるのも魅力の一つです。

フルコートと呼ばれる全身の毛を地面に着くくらい長く伸ばしたエレガントスタイルが昔ながらの「ザ・マルチーズ!」という雰囲気です。
毛が長くなる分、お手入れも大変になりますが、その場が華やかな雰囲気になるので、挑戦してみてもいいと思います。

最近に人気なのが、テディベアカットです。
トイプードルでよく見られるカットスタイルで、顔をまんまるに仕上げます。
あかちゃんみたいな顔になるので、愛おしさが更にUPするでしょう。

お手入れのしやすさと快適さで根強い人気なのが、サマーカットでしょう。
基本的に全身にバリカンを当てるので、毛玉やもつれを防止することができます。
特に夏場は快適に過ごせるので、オススメです。

パピーカットも定番的な人気のカットスタイルです。
まん丸に仕上げるのはテディベアと似ているのですが、それよりも少し長さを残して、全体的にフワフワした感じに仕上げます。
そうする事により、名前の通り子犬らしいあどけなさを出します。

上記以外にもオリジナルで色々と自分好みのスタイルも出来ますので、トリマーさんに相談しながら、可愛くしていくのもアリだと思います。

マルチーズの値段

平均約22万円程度?

ぬいぐるみのような可愛らしマルチーズを家族として迎え入れたいと思う方は多いと思います。
そんなマルチーズの価格相場ですが、平均約22万円程度です。

正直、ペットショップによって値段はバラバラですが、高い場合だと40万円近くなる場合もあります。
安くても大体15万円程度だと思ってよいでしょう。

マルチーズは比較的体が弱い犬種ですので、安いからといって、安易に購入するのはオススメしません。
きちんと「耳は汚れていないか?」「足の関節を触っても痛がらないか?」「呼吸音は問題ないか?」など気になる事はきちんと確認しるようにしましょう。

もし、色々と聞いて不機嫌な態度を見せるようなペットショップであれば、そこでの購入は考え直した方が良いでしょう。

まとめ

✔ 甘えん坊で飼い主に従順な愛すべき犬種
✔ 気を付けなくてはいけない病気が多い
✔ ブラッシングは毎日行う事

マルチーズは飼い主への依存性が高くとても甘えん坊です。
飼い主の後を追って、家の中をずっとついて回るような可愛くて仕方なくなるような犬種です。
また、賢く飼い主には従順なので、しつけもどんどんこなしてくれます。

ただ、体が華奢で弱い傾向があるのが、難点ではあります。
特に心臓疾患には特段の注意が必要が必要です。
あまり激しい運動はさせないのが賢明かも知れません。
妙な咳をしたり、呼吸音がおかしかったら、すぐに病院へ行きましょう。

マルチーズの被毛は、とても絡まりやすく、すぐに毛玉になってしまいます。
ですので、出来れば毎日ブラッシングを行って、被毛の手入れを行ってください。
また、ブラッシング自体がスキンシップにもなりますので、喜ぶ子が結構多いです。

とても愛らしくぬいぐるみのようなマルチーズですが、体が弱く、毛玉になりやすいので、色々とケアをする必要があります。
本当に可愛い犬種ですので、家族として迎え入れた際は、思う存分愛を注いであげて下さい。
飼い主思いで甘えん坊なマルチーズは、その愛にきっと応えてくれるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA