ハリアの特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

ハリアの特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

ハリアの誕生した背景・歴史、性格や外見、手入れ方法や散歩の頻度、性質から見るしつけ方などがここにあります。


  • ハリアの歴史
  • ハリアの特徴
  • ハリアの健康
  • ハリアの運動
  • ハリアのしつけ
  • ハリアの手入れ

ハリアの歴史

野ウサギ狩りで活躍していた古い犬種

ハリアは、イギリスのイングランド原産で、「ハーリア」と表記されることもあります。
また、ハーリーと言う愛称で呼ばれる事もあります。
なお、「ビーグル・ハーリア」はこれとは別の犬種です。
ハリアは13世紀ごろの文献にも登場する古い犬種で、その名前は野ウサギ(Hare)狩をする事からきています。
しかし、野ウサギ狩りが衰退していったことにより、ハリアも激減していきました。
絶滅から守るためにフォックス・ハウンドと異種交配されて容姿と能力を変化させ、野ウサギ狩りとキツネ狩りを兼ねる猟犬となり、絶滅の危機を乗り越えることができました。
しかし、ハリアは再び危機に瀕します。
二度の大戦により、飢えや伝染病で 多くが死に絶えて、第二次世界大戦後の生存数は100数頭まで減ってしまいました。
そのため残された犬たちを世界中から集め、犬種を回復させる努力がなされ、かつての質の高いまま数を回復することができました。

ハリアの特徴

攻撃性はなく人懐こい穏やかな犬種

ハリア
外見 ビーグルを2周り程度大きくしたイメージの外見で、筋肉質な体型ですが、頭部はビーグルほどは幅広くはありません。
額は平べったく大きく、眼はややくぼんでおり、間隔は離れています。
マズル(口吻部)は長く広く、鼻腔は大きく、鼻先は暗色になっています。
耳は大きな垂れ耳です。尻尾は長くて先細りしています。
性格 性格は明るく活発ですが穏やかで、責任感があります。
よく吠えますが、攻撃的ではなく人懐こいので番犬向きではありません。
争いを好まず、他の犬とも強調する事ができるので、多頭飼いに向いています。
体重  21~23kg
体高  48~50cm

ハリアの健康

外耳炎に注意

基本的に健康な犬種と言われています。
垂れ耳ですので、「外耳炎」などの疾患にはかかりやすい犬種となります。

ハリアの運動

最低でも毎日1時間程度の散歩

ハリアは活発でスタミナがあるので、最低でも毎日1時間程度の散歩が必要となります。
嗅覚が鋭く、においを嗅ぎながら散歩することが好きなので、そのあたりは大目にみてあげましょう。

ハリアのしつけ

叱らず、ほめて伸ばすようにしましょう

しつけは特に難しくはありませんが、遊び好きなので、根気よく行う必要があるかもしれません。
叱らず、ほめて伸ばすようにしましょう。
頑固な面もありますが、愛情を持って小さいころからしつけをすれば、とても優秀なかけがえのない存在となってくれるでしょう。

しつけの基本は必ず確認しましょう⇒犬のしつけの基本理論 完全ガイド
「おすわり」や「待て」など行動別のしつけ方法はこちら⇒犬の行動別しつけ方法

ハリアの手入れ

被毛の手入れは難しくはありません

被毛の手入れは短毛ですので、難しくはありませんが、換毛期にはブラシで毎日丹念に取るようにしましょう。
それ以外は、週1回程度のブラッシングでOKです。
シャンプーは1〜2ヶ月に一回程度で十分でしょう。
また、垂れ耳なので、週1回程度は耳の掃除しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA