ペキニーズの特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

ペキニーズの誕生した背景・歴史、性格や外見、手入れ方法や散歩の頻度、性質から見るしつけ方などがここにあります。

ペキニーズの歴史

 ペキニーズは中国原産で、「北京の犬」という意味の英語に由来します。
起源は「チベタン・スパニエル」とされ、中国の歴代王朝の宮廷では門外不出とされ、寵愛をうけていました。また、清朝後期にこのペキニーズと「ラサ・アプソ」の交配により出来たのが、「シーズー」と言われ、「パグ」の祖先でもあります。
阿片戦争の時、紫禁城内にてイギリス軍が5匹のペキニーズを発見し、この内の1匹は、ヴィクトリア女王に献上され、「ルーティ(Looty)」と名付けられて、1872年までの10年間をウィンザー城で生涯を全うしています。
ペキニーズ(1)

外見  洋梨のような体型をしており、前肢は短く、がに股のため、前足を回し身体を横に揺らしながら歩くローリング歩行が特徴です。耳と尻尾に飾り毛があります。
被毛は分厚い下毛と、長くて硬めのまっすぐな上毛のダブルコートで、カラーはホワイト、フォーン、ブラックなどが多く、中国では2000年代以降、鷹のような顔相を持つ白色のペキニーズが「鷹版犬」(ユンバンチェン)として珍重されました。
性格 「猫のような犬」と言われる事もあり、勇敢で、大胆、自尊心が強く、気が強い性格です。飼い主に忠実ですが、頑固で、気紛れでマイペースな面があります。抱っこをあまり好まない傾向があります。
体重  4.5~5.5kg
体高  20~30cm

ペキニーズの健康

かかりやすい疾患としては、「椎間板ヘルニア」、「僧帽弁閉鎖不全症」、「鼻腔狹窄」には注意が必要です。また、目が大きく出ているので、「角膜炎」にも気を付けましょう。

ペキニーズの運動

運動はあまり必要とせず、室内での遊びでも十分ですが、気分転換も兼ねて、一日20分程度の散歩に連れ出してほいいところです。

たった55秒でペット保険の無料資料請求

 大切なペットの具合が悪くなり、動物病院へ行くと、
 かなりの請求金額になる事はよくあります。

 ケガや病気で手術が必要となった場合、
 「入院費+手術代で120,000円」ですとなったら、
 どうしますか?
 
 いざという時の為にも人間と同様に保険には加入を検討してみて下さい。

 保険料よりも補償内容をきちんと比較する必要があります。
 保険料の安さだけで選んだら、いざ、病院に行ったら、
 「こちらは保険外です」なんて事にならないように、

 ワンちゃんの為にも、飼い主様の為にも、しっかりと各社を比較して、
 ご自分と愛するペットに最適な保険を選びましょう!

 大切なペットの保険選びの前に「無料資料請求」はこちら ⇒ 保険スクエアbang!/ペット保険

ペキニーズのしつけ

ペキニーズはプライドが高く、マイペースで、頑固なため、しつけにくい面があります。
しつけは一貫した姿勢でのぞみ、根気よく行いましょう。

しつけの基本は必ず確認しましょう⇒犬のしつけの基本理論 完全ガイド
「おすわり」や「待て」など行動別のしつけ方法はこちら⇒犬の行動別しつけ方法

ペキニーズ(2)

ペキニーズの手入れ

ペキニーズはアンダーコートが絡みやすく、喚毛期には大量の抜け毛があります。毎日のブラッシングは欠かさずに行いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA