ポメヨンの特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

ポメラニアンとパピヨンのミックス犬 ポメヨン

ポメヨンは甘え上手な愛すべき犬種です。
また、しつけもし易く、素敵なパートナーとなってくれます。

ここでは、ポメヨンの誕生した背景や歴史、性格や外見、手入れ方法や散歩の頻度、性質から見るしつけ方の詳細をまとめていますので、是非ご参考になさって下さい。



ポメヨンについて

ポメラニアンとパピヨンのMIX犬

ポメヨンは「ポメラニアン」と「パピヨン」を交配して誕生したミックス犬です。

ちなみにミックス犬は、両親ともに純血種であることが原則です。
雑種犬とミックス犬を混同される場合が多いですが、ミックス犬は純血の犬種同士を掛け合わせた犬のことを指し、雑種犬は2種以上の犬種の血が入っている犬を意味します。

ミックス犬を同志の交配は、遺伝的な疾患を持った子犬が生まれやすくなってしまうためタブーとされています。

ポメヨンの特徴

とても賢く、甘えん坊

ポメヨンは、両親犬であるポメラニアンとパピヨンどちらのDNAを強く受け継ぐかによって、被毛の長さや品のある飾り毛が有るのか無いのか分かれてきます。
形質に関しては、ポメラニアン寄りの場合は毛量が豊かでふわふわで、パピヨンの特徴を受け継いだ場合はツヤのある美しいストレートの被毛になります。
傾向としては、パピヨン譲りの大きな耳をもち、ポメラニアンのようなふわふわの飾り毛がある両親犬のいいとこ取りになる事が多いようです。
ただし、どちらに似てもダブルコートになりますので、抜け毛は比較的多く、特に換毛期にはたくさんのアンダーコートが抜け落ちます。

性格は、やはりどちらに似るかで変わってきますが、気品的には遊びが大好きな陽気で甘えん坊であり、賢さもあるので、しつけも比較的し易いです。
ポメラニアン寄りの子になると、警戒心が強く見知らぬ人や玄関のチャイムなどの物音に反応して、吠えてしまう場合もあります。

外見

外見は、どちらに似るかで変わってきますが、首周りにはポメラニアンのような特徴的な長毛が生えています。
顔はポメラニアンのような顔になることが多く、大きな目です。
耳はパピヨンのような立ち耳になる事が多いです。
被毛はふわふわの毛質で短毛が多いようです。
カラーは、「ホワイト×ブラウン」や「ホワイト×ブラック」など様々です。

性格

ミックス犬なので、個体差はありますが、基本的にはとても賢く、甘えん坊で人懐こい性格です。
反面、中にはやや臆病で神経質なところがあり、警戒心が強いポメラニアン寄りの子もいます。
逆にパピヨン寄りの子は、警戒心はないが頑固な面がある場合があります。

体重  3~4kg
体高  23~27cm

ポメヨンの健康

骨や関節の疾患には注意

ポメヨンの平均寿命は、12年~15年です。

かかりやすい疾患としては、小型犬に起こりやすい「骨折」や「脱臼」などの骨や関節の疾患があげられます。
滑りやすいフローリングの床には、滑り止め防止のマットや絨毯を敷いてあげましょう。
また、段差などからのジャンプはさせないように気を配る事も必要です。
ポメヨンの骨は細く、思っている以上に折れやすいという事を肝に銘じて下さい。

ポメヨンの食事

年齢や体調に合わせたフードを選びましょう

子犬の頃とシニア犬になった頃に必要とされるカロリーや栄養素は変わってきます。
また、食欲が旺盛な子にはカロリーバランスを考えて、低カロリーの食事を与える必要があります。

以上のように「子犬用」「成犬用」「シニア犬用」「体重管理用」など、年齢と目的に応じたフードを与えましょう。

愛犬に合ったドッグフードを探す

愛犬の健康を考える上で、食事の管理を大切です。
「太りすぎだな」と思ったら、低カロリーのフードにしなくてはいけません。
逆に年老いてきて、食欲が細くなったら、少ない量でもエネルギーを取れる老齢犬用のフードに替える必要があります。

下記は様々な犬用品を卸値に近い価格で提供してくれるサイトです。
参考までにどうぞ。

愛犬のフードを探す⇒外部リンク:犬の通販デパート ニコシティ

ポメヨンの運動

毎日30分程度の散歩

毎日30分程度の散歩で十分です。
骨や関節が弱いので、激しい運動や高い所からのジャンプは避けましょう。

室内での運動だけでも十分という事を聞く事もあるかも知れませんが、それだけではストレスが溜まってしまい、問題行動の原因となってしまいます。
少ない時間でもいいので、気分転換に外へ連れ出してあげて下さい。

また、甘えん坊な性格なので、散歩以外にも部屋の中で、一緒に遊んであげて下さい。

ポメヨンのしつけ

とても賢いので、しつけはしやすい

ポメヨンはとても賢いので、しつけはしやすいです。
ただ、その反面、ナイーブな一面もあります。
厳しく叱らずに、ほめて伸ばすようにしましょう。

また、幼犬の頃からたくさんの人や犬と触れさせ、社会性を身につけさせましょう。

愛犬がしつけをマスターしていくと、ついつい「できて当然」と思ってしまいがちになります。
そうなるとしつけができても全く褒めなくなってしまうでしょう。
でも、これでは犬たちもしつけを忘れてしまう可能性もありますので、毎回ご褒美を与える必要はありませんが、しつけができた時には、褒めてあげるなどの気持ちを伝え続けることを忘れないようにしてください。

しつけの基本は必ず確認しましょう⇒犬のしつけの基本理論 完全ガイド
「おすわり」や「待て」など行動別のしつけ方法はこちら⇒犬の行動別しつけ方法

ポメヨンの手入れ

毛玉になりやすいので、毎日ブラッシングを

ポメヨンの被毛は絡まりやすく、毛玉になりやすいので、スキンシップも兼ねて、毎日ブラッシングをしてあげて下さい。
また、ポメヨンはダブルコートですので抜け毛が比較的多く、特に春・秋の換毛期は抜け毛の量も多くなります。
その時期は念入りにブラッシングをする事をオススメします。

ポメヨンのカットスタイル

色々なスタイルを楽しみましょう

時折、カットスタイルを変えると、愛犬の可愛さを再認識できるでしょう。
ここでは、代表的なカットスタイルをまとめましたので、是非ご参考になさって下さい。

テディベアカット

定番のカットスタイルです。
顔全体を丸くし、耳も丸くカットします。
体も全体的に長めでふんわりとした丸みを帯びたカットで、ぬいぐるみのような雰囲気になります。
足は短く太く見えるようにすると、より可愛く見えます。

ライオンカット

遊び心のあるスタイルです。
体全体の毛は短くカットし、胸まわりから顔にかけてはライオンのたてがみのように長めにします。
しっぽの先の毛も長めに残してカットします。
体全体はかなり短めになるので、夏場でも良いでしょう。
小さな体でライオンのような雰囲気なのに、顔が可愛いというアンバランスさが周りの注目を惹くでしょう。

柴犬カット

首回りや全身の毛をスッキリと短めにしたスタイルです。
最近、ポメラニアンのカットの中でも人気が高まっているカットです。
小さな子犬のような雰囲気になり、愛犬の愛らしさを最大限に引き出してくれるでしょう。

たぬきカット

マズルの短い「たぬき顔」の子にピッタリのカットスタイルです。
首まわりの毛を多めに残し、全体的に真ん丸なシルエットを作るカットスタイルです。

アフロカット

頭の毛を長めに残し、ふわふわとしたボリュームを持たせるスタイルです。
それにより、クリっとした目も強調され、とても可愛くなります。
体の部分は短めにカットする事で、アフロが際立ちます。

まとめ

✔ 「骨折」や「脱臼」に要注意
✔ とても賢いので、しつけは楽
✔ 抜け毛は多い方

ポメヨンの骨は細く華奢な体格です。
滑りやすいフローリングの床などで転んだだけで、脱臼してしまうこともあります。
ですので、滑り防止に絨毯やマットを敷きましょう。
また、爪が伸びていると滑りやすいので、伸びているなと思ったら、爪切りをしてあげると良いです。

ポメヨンは賢いので物覚えが良く、しつけには苦労しないでしょう。
それでも上手くいかない事は必ずあるので、そのような場合は決して強く叱らず、無視をするようにして下さい。
そして、出来た時に思いっきり褒めるのが効果的です。

また、ポメヨンはダブルコートですので、抜け毛が多いです。
その被毛は絡まりやすくもあるので、出来れば毎日ブラッシングをしてあげて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA