日本スピッツの特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

日本スピッツの誕生した背景・歴史、性格や外見、手入れ方法や散歩の頻度、性質から見るしつけ方などがここにあります。

日本スピッツの歴史

 日本スピッツは、日本原産ですが、出自には諸説があり、はっきりとはわかっておりません。一般的には、1920年代以降、白い「ジャーマン・スピッツ」や、「アメリカン・エスキモー・ドッグ」等の白いスピッツ系の犬を交配して小さく改良し、純白に固定化したものが有力です。
真っ白な毛並みや黒く大きな眼が愛され、第二次世界大戦後の混乱期から高度成長期にかけて、日本国内で家庭犬として一大ブームを巻き起こしました。ところがその後、無駄吠えの多さから人気は衰え、「マルチーズ」や「ポメラニアン」にとって代わられることになりました。その後、性格の改良が続けられ、現在のスピッツは、あまり無駄ぼえはしなくなりました。
日本スピッツ

外見   目鼻が黒く、全身を光沢のある純白の長い被毛で覆われています。特に、首から前胸にかけての飾り毛が非常に美しいです。被毛はダブルコートで、換毛期である春になると、大量の毛が抜け落ちます。
性格   性格は明るく活発で賢く、好奇心が強く警戒心も強いが、飼い主に対しては従順です。しかし、繊細で神経質でストレスを抱え込みやすいところがあります。
また、昔のような「キャンキャン」と一日中吠える事はありません。
体重  9~11kg
体高  30~38cm

日本スピッツの健康

日本スピッツは手足が細く、膝蓋骨や肘関節の「脱臼」が起きやすい犬種です。しっかりした筋肉が付くように、日々の散歩をきちんと行ってあげましょう。
また、日本スピッツは皮膚疾患が起こりやすく、「膿皮症」、「落葉状天疱瘡」、「アレルギー性皮膚炎」などに注意が必要です。
そのほかに、「流涙症」、中年期以降には「僧帽弁閉鎖不全症」、「甲状腺機能低下症」などにも気を付けましょう。

日本スピッツの運動

毎日1時間程度の散歩をしてあげたいところです。遊び好きなので、ドッグランに連れて行くのもいいでしょう。

たった55秒でペット保険の無料資料請求

 大切なペットの具合が悪くなり、動物病院へ行くと、
 かなりの請求金額になる事はよくあります。

 ケガや病気で手術が必要となった場合、
 「入院費+手術代で200,000円」ですとなったら、
 どうしますか?
 
 いざという時の為にも人間と同様に保険には加入を検討してみて下さい。

 保険料よりも補償内容をきちんと比較する必要があります。
 保険料の安さだけで選んだら、いざ、病院に行ったら、
 「こちらは保険外です」なんて事にならないように、

 ワンちゃんの為にも、飼い主様の為にも、しっかりと各社を比較して、
 ご自分と愛するペットに最適な保険を選びましょう!

 大切なペットの保険選びの前に「無料資料請求」はこちら ⇒ かわいいペットの急な病気に備えて!!

日本スピッツのしつけ

日本スピッツは賢いので、しつけは難しくありません。たくさんの人や犬との交流を持たせ、社会性を身につけさせましょう。

しつけの基本は必ず確認しましょう⇒犬のしつけの基本理論 完全ガイド
「おすわり」や「待て」など行動別のしつけ方法はこちら⇒犬の行動別しつけ方法

日本スピッツの手入れ

ダブルコートで抜け毛は多めです。特に換毛期である春ごろはかなりの抜け毛があります。ブラッシングは出来れば毎日、最低でも週に3~4回は行ってください。また、シャンプーも定期的に行なってあげましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA