犬の天疱瘡(てんぽうそう)

犬の天疱瘡~顔や肉球などに「かさぶた」があったり、脱毛や水疱があったら~

 犬の天疱瘡(てんぽうそう)とは、本来であれば守るはずの自分の組織を、免疫系統がなぜか異物とみなし、内部から自分の組織を破壊することで発症する皮膚病のことです。
 攻撃対象となるのは、細胞と細胞を結び付けている「デスモソーム」(接着斑)と呼ばれる部位です。
 結果として細胞間の接着が弱くなり、細胞同士の分離、水疱や膿疱の形成、潰瘍と痂疲(かさぶた)といった様々な皮膚症状を引き起こします。

 病変がみられる部位や症状によって、天疱瘡は落葉(らくよう)性天疱瘡、紅斑(こうはん)性天疱瘡、尋常(じんじょう)性天疱瘡、増殖(ぞうしょく)性天疱瘡に分ける事ができます。
 犬では主に落葉性天疱瘡を発症する事が多いです。
 逆に増殖性天疱瘡を発症するのは非常にまれです。

 ここでは、犬の天疱瘡の主な原因はもちろん、症状から対処法、かかりやすい犬種などをまとめていますので、是非ご参考になさってください。


  • 犬の天疱瘡の主な症状
  • 犬の天疱瘡の主な原因
  • 犬の天疱瘡の主な治療法

犬の天疱瘡の主な症状

 犬の天疱瘡の各分類の主な症状を下記にまとめていますので、是非ご参考になさって下さい。

種類 主な症状
落葉性天疱瘡(らくようせい) 「落葉性」の攻撃対象は、表皮の角質化細胞に限局して存在している、デスモソーム中の「デスモグレイン1-Aデスモソームトランスメンブレン分子」です。
好発年齢は4~5歳で、かかりやすい犬種は下記の通りです。
秋田犬
チャウチャウ
・ダックスフント
ビアデッドコリー
ニューファンドランド
ドーベルマン
スキッパーキ

薬物や慢性疾患が原因となるものもありますが、その多くは原因不明(特発性)です。
症状は鼻、目の周囲、唇、耳に多く現れ、紅斑から膿疱を形成し、破裂すると黄色~褐色のかさぶた(痂疲)に置き換わります。
放置された場合、60%の確率で、半年以内に皮膚全体に拡大すると言われています。

紅斑性天疱瘡(こうはんせい) 「紅斑性」は、落葉性が頭部~顔面に現れたときの亜種です。
かかりやすい犬種は下記の通りです。
・コリー
ジャーマンシェパード
シェットランドシープドッグ

症状は顔や耳の後半に現れ、形成された膿疱が破れて痂疲、鱗屑、脱毛、びらんを生じ、鼻では色素脱失が起こります。
まれに肉球や生殖器にも発症します。

尋常性天疱瘡(じんじょうせい) 「尋常性」の攻撃対象となるのは、粘膜や皮膚上層の扁平上皮に存在している、デスモソームの「デスモグレイン3-A」という部位です。
口内粘膜、食道、肛門、腋の下、鼠径部(太ももの付け根)、爪などに発症し、皮膚のやや深いところにびらんと潰瘍を形成します。
増殖性天疱瘡(ぞうしょくせい) 「増殖性」の攻撃対象となるのは、デスモソーム中の「デスモグレイン1」という部位です。
水疱や膿疱がいぼ状の腫瘤に変化するという特徴を持っています。
好発部位は顔で、口の中や体幹に病変は現れません。

犬の天疱瘡の主な原因

 犬の天疱瘡の原因は、はっきりとした事は実はよくわかっていません。
 紫外線や遺伝、アレルギー、細菌やウイルスなど感染が引き金になっていると考えられています。
 犬の天疱瘡は、夏に発症する事が多いです。

  • 遺伝
    好発品種が存在していることから、何らかの形で遺伝が関わっていることは間違いないようです。デスモソーム中の「デスモグレイン」と呼ばれるタンパク質の一種を、免疫系が異物とみなすことまでは判明しましたが、詳細なメカニズムに関してはよくわかっていません。

  • 薬物による副作用
    落葉性天疱瘡の一部は、薬物の摂取によって引き起こされることがあります。

犬の天疱瘡の主な治療法

 天疱瘡は完治が難しい病気です。
 ですので、長期間の治療が必要です。
 場合によっては、一生涯となります。

  • 日光を避ける
    明確な理由はわからないものの、紫外線が発症の一因として考えられるため、極力太陽光を避けるような生活に切り替えます。

  • 投薬治療
    通常はグルココルチコイド、漢方薬、ビタミン、免疫抑制剤などのうちから数種類を合わせて投与されます。
    生涯に渡る投薬が必要となるケースも少なくありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA