レークランドテリアの特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

レークランドテリアの特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

レークランドテリアの誕生した背景・歴史、性格や外見、手入れ方法や散歩の頻度、性質から見るしつけ方などがここにあります。


  • レークランドテリアの歴史
  • レークランドテリアの特徴
  • レークランドテリアの健康
  • レークランドテリアの運動
  • レークランドテリアのしつけ
  • レークランドテリアの手入れ

レークランドテリアの歴史

作業犬テリアの中で最も古い犬種

レークランドテリアはイギリス原産で、「バターデール・テリア」や「フェル・テリア」などと呼ばれていました。
元々は農作物を荒らすキツネなどの害獣駆除のために飼われていました。
しかし、猟が娯楽として発展すると、「ペドリントンテリア」や「フォックステリア」などを交配して、猟犬としての性質を高められることになりました。
また、同じ時代に生まれた「ウェルシュテリア」は、「レークランドテリア」と非常に多くの類似点があり、近縁種であると考えられています。

20世紀になってからは犬種として固定化が計画され、1912年に改めて「レークランドテリア」という犬種名が与えられました。

レークランドテリア

レークランドテリアの特徴

小さいながらも勇敢で活発でエネルギッシュ

外見

平らな頭頂部とわずかなストップ、幅の広いマズルで目の間隔が開いている、特徴的な顔立ちをしています。
短めの背中と筋肉質な長めの四肢の、バランスの良い体型です。
目の色はダークまたはヘーゼルで、小さめの耳は高めにあり、V字型に折れています。
被毛はダブルコートで、カラーはブルー、ブラック、レバー、ブラック&タン、ブルー&タン、レッド、ウィートン、レッド・グリズルなどがあります。

性格 明るくとても活発で、勇敢であり、警戒心も強いので、番犬に最適です。
また、気が強く、頑固な一面があります。
飼い主に対しては、とても従順です。
体重  7~8kg
体高  約37cm

レークランドテリアの健康

丈夫な体質です

平均寿命は13~15歳です。
レークランドテリアは遺伝的疾患が比較的少ない犬種ですが、「水晶体脱臼」、「緑内障」、「白内障」などの眼病には注意する必要があります。
その他では「肘関節形成不全」、「レッグ・パーセス症」などにも気を付けましょう。
また、遺伝性の血液疾患である「フォン・ヴィレブランド病」が起こる可能性がある犬種です。

レークランドテリアの運動

とても活発なのでしっかりと運動させましょう

とても活発なので、多く運動量を必要とします。
散歩は1回30分~1時間くらいで1日2回程度連れ出してあげましょう。
ただ、狩猟本能が強い傾向もあるので、小動物などを追いかけてしまう事があります。
必ずリードは持つようにしましょう。

レークランドテリアのしつけ

しつけは簡単ではない

気が強く頑固な面があるので、しつけは簡単ではないかもしれません。
根気よくしつける必要があります。
ダメなものはダメと、一貫した態度で接しましょう。

しつけの基本は必ず確認しましょう⇒犬のしつけの基本理論 完全ガイド
「おすわり」や「待て」など行動別のしつけ方法はこちら⇒犬の行動別しつけ方法

レークランドテリアの手入れ

手入れはこまめに

脱毛は多く、特に季節の変わり目はアンドーコートが抜け替わるため脱毛がさらに多くなります。
古い被毛が上手に抜けずに体に残ってしまうと皮膚炎を起こすことがありますので、こまめにブラッシングをしましょう。
週3回程度のブラッシングやコーミングをしてあげましょう。
また、毛が伸びて乱れますので、定期的にトリミングに出してあげましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA