ミニチュアブルテリアの特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

ミニチュアブルテリアの特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

ミニチュアブルテリアの誕生した背景・歴史、性格や外見、手入れ方法や散歩の頻度、性質から見るしつけ方などがここにあります。


  • ミニチュアブルテリアの歴史
  • ミニチュアブルテリアの特徴
  • ミニチュアブルテリアの健康
  • ミニチュアブルテリアの運動
  • ミニチュアブルテリアのしつけ
  • ミニチュアブルテリアの手入れ

ミニチュアブルテリアの歴史

元々はブルテリアの中でも小さい個体を指していた

ミニチュア・ブルテリアは、イギリスのイングランド原産で、「ミニブル」の愛称でも親しまれています。
元々は、単に同じ犬種のサイズ違いで、もともとはブルテリアの中でも小さい個体を指していました。

19世紀、闘犬やネズミ狩りゲームに使うため、ブルドッグとテリアを交配したブルテリアを小型化して作られました。
その後、闘犬が廃止されたことから、犬種の存続を願う愛好家の手によって、家庭犬への改良が始まりました。
1939年にイギリスケネルクラブによってミニチュアブルテリアはブルテリアと別の犬種として登録されることになりました。

元々はブルテリアの獰猛な性格が残ったため扱いづらく、また体も弱い犬種でしたが、現在ではかなり改善されて、今では人気犬種となっています。

ミニチュアブルテリアの特徴

強面だが、家族思い

ミニチュアブルテリア
外見 筋肉質ながっちりした体形です。
立ち耳・垂れ尾で首が太く、頭はたまご型で目はアーモンド形です。
被毛はショートコートで、毛色はホワイトもしくはホワイト地に斑です。
ミニチュアという名前ではありますが、中型犬にカテゴライズされる大きさがあります。
性格 落ち着いており、家族思いな性格です。
少々頑固な面もありますが、基本的には温厚です。
何とも言えないユニークな一面が魅力的です。
体重  11~15kg
体高  25~35cm

ミニチュアブルテリアの健康

目や耳に障害が出やすい

かかりやすい疾患としては、「水晶体脱臼」があげられます。
また、聴覚障害がある事があり、特に白い個体に多く、ホワイトの血統を入れる際の全体の20%以上が何らかの聴覚障害を持っていると言われるダルメシアンから導入されたパイボールド遺伝子が原因と推定されています。
ブルテリアにおいても、ホワイトのものは聴覚障害を持つ個体がおり、左右どちらかの難聴から両耳の完全無聴覚など、程度の差も幅があります。

ミニチュアブルテリアの運動

毎日30分~1時間程度の散歩

毎日30分~1時間程度の散歩が必要です。
決して多い運動量ではないので、ストレス解消もかねて、散歩してあげて下さい。

ミニチュアブルテリアのしつけ

まずは主従関係を築きましょう

頑固な面もあるので、根気よくしつけを行いましょう。
特にまずは主従関係を築く必要があります。
幼犬のころから、たくさんの人や犬と触れさせて、社会性を身に付けさせましょう。
自分から攻撃を仕掛けるということは少ないですが、他の犬や小さな子どもが挑発してきた場合に反応してしまうことがあります。
こうした場合に対応できるように、子犬の頃から「おすわり」や「待て」などの訓練をしましょう。

しつけの基本は必ず確認しましょう⇒犬のしつけの基本理論 完全ガイド
「おすわり」や「待て」など行動別のしつけ方法はこちら⇒犬の行動別しつけ方法

ミニチュアブルテリアの手入れ

ブラッシングは週1回程度

短毛ですので、ブラッシングは週1回程度で十分です。
また、被毛が薄く、寒さに弱いので、寒冷地や寒い季節では衣類を着せることも良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA