離れていても、いつでも一緒。【ドッグカメラ】

カーリーコーテッドレトリーバーの特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

ウェブクルー  ペット保険資料一括請求

カーリーコーテッドレトリーバーの誕生した背景・歴史、性格や外見、手入れ方法や散歩の頻度、性質から見るしつけ方などがここにあります。

カーリーコーテッドレトリーバーの歴史

カーリーコーテッドレトリバーは「最も古いレトリーバー種」と言われることが多いものの、本種と推察される犬種として確認できる古い記録は1803年のイギリスのものになります。ただ、飼育していた猟師などの言い伝えとして17~18世紀頃から存在したではないかと推察されています。
中でも、「アイリッシュ・ウォーター・スパニエル」とは類似点が多く、さらに「ニューファンドランド」や「セッター」、イギリスの土着犬の交配により生まれたと考えられています。独特の巻き毛は猟の際には植物から身を守り、寒い時には保温の役割を果たしてきました。
19世紀になるとカーリーコーテッドレトリバーは、「ラブラドールレトリバー」と交配されて鳥猟犬として、また「プードル」と交配されてもともと巻き毛であったのが、より強く巻くようになり、水猟犬としての能力を与えられるようになりました。
初めはその優れた猟犬としての能力から、ハンターたちに間で評判となっていましたが、家庭でも良き伴侶としての振る舞いや手入れされた容姿の美しさから、次第に人気が高まっていくことになります。
1860年、イギリスのドッグショーで初めて出展され、1896年に設立された犬種クラブにより1913年にはスタンダードが成立しました。また、この頃には、ニュージーランドやオーストラリア、アメリカにも輸出が始まりました。1924年にはAKCアメリカンケンネルクラブにも登録されたカーリーですが、その後の第一次・第二次世界大戦の影響で、イギリス国内では他の犬種同様減少してしまい、絶滅寸前にまでなってしまいました。
原産国イギリスでは1940年代に入り戦火が静まり始めると、カーリーたちを愛した育種家が犬種の再生に乗り出しました。
その後は安定的に頭数を増やし、ラブラドールやゴールデンほど多くはないものの、世界中の愛好家に支えられています。
カーリーコーテッドレトリーバー

外見  体長のほうが体高よりやや長く、しっかりとした首は若干カーブしています。全体に筋肉がたくましく、胸は深く、すらりとして気品がある体型です。垂れ耳でしっぽはまっすぐです。全身を特徴的な巻き毛で覆われています。
性格  原産国であるイギリスの犬種標準でも「知性を感じさせる」と書かれているほど、賢い犬種です。
落ち着いていて、家族には大変愛情深く、他の人や動物にも基本的にはフレンドリーですが、相手を見て場合によっては距離を置いて接することがあります。
体重  32~36kg
体高  64~69cm

カーリーコーテッドレトリーバーの健康

カーリーコーテッドレトリバーは特徴的な遺伝性疾患は比較的少ない犬種ですが、大型犬ですので股関節形成不全が起こることがあります。
若いうちにしっかり運動をさせて骨格の成長を促し、筋肉をつけることは大切ですが、異常が感じられた場合は無理をさせずに早めに検査を受けましょう。
また、胸の深い体型ですので、胃捻転が起きやすい傾向がありますので、食事はドカ食いをさせないように1日2回以上に分け、食後は落ち着いて過ごさせるようにしましょう。
その他、かかりやすい疾患としては、角膜ジストロフィー、白内障、眼瞼内反および外反、進行性網膜萎縮などの眼病があります。

カーリーコーテッドレトリーバーの運動

散歩は1回1時間以上、1日2回は行うのが理想です。
また、休日など時間がある時は、フライングディスクやドッグスポーツに挑戦したり、泳ぐことも大好きなので安全な場所で泳がせたりするのも良いでしょう。もちろん、安全には十分に注意してあげてください。

カーリーコーテッドレトリーバーのしつけ

賢い犬で理解力が高く、コミュニケーションが取りやすいため、しつけは難しくありません。
若いころは大変元気でバタバタすることがありますが、知的さゆえの繊細な面がありますので、力で抑え込んではいけません。運動やトレーニングを通じて、信頼関係を育てましょう。
洞察力があり、十分な信頼関係ができれば、飼い主のよろこぶような判断ができるようになります。
人間の子どもとも相性が良く、家族と認めれば多少のいたずらにも我慢強く対応してくれます。

しつけの基本は必ず確認しましょう⇒犬のしつけの基本理論 完全ガイド
「おすわり」や「待て」など行動別のしつけ方法はこちら⇒犬の行動別しつけ方法

カーリーコーテッドレトリーバーの手入れ

独特の巻き毛はシングルコートで、他のレトリーバー種に比べれば手入れはしやすいです。
しかし、年に1~2度の換毛期にはかなり抜けますので、その時期はできれば週に3~4回はブラッシングをしましょう。
それ以外の季節では週に1~2度のお手入れで良いでしょう。

最後にとても大切な事

 大切なペットの具合が悪くなり、動物病院へ行くと、かなりの請求金額になる事はよくあります。
 いざという時の為にも必ず人と同様に保険には入っておきましょう!

 まずは無料で下記から資料請求を行い、ご自分と愛するペットに最適な保険を選びましょう。

大切なペットの保険選びは保険スクエアbang!/ペット保険

オリジナル歯磨きペースト バイオペースト ルース お試し

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA