甲斐犬の特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

甲斐犬の特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

甲斐犬の誕生した背景・歴史、性格や外見、手入れ方法や散歩の頻度、性質から見るしつけ方などがここにあります。


  • 甲斐犬の歴史
  • 甲斐犬の特徴
  • 甲斐犬の健康
  • 甲斐犬の運動
  • 甲斐犬のしつけ
  • 甲斐犬の手入れ

甲斐犬の歴史

天然記念物に指定される犬種

甲斐犬は日本の土着犬の1つで、昭和4年(1929年)に当時甲府地方検察庁に赴任した安達太助が発見しました。
甲斐地方(山梨県)の山岳地方土着の中型犬を基礎に、自然交配と猟犬としての選択繁殖とを繰り返しながら、長い時間をかけて今の形に定まりました。
山岳地方の狭い地域で繁殖をされていたこと、他犬種との相性を選ぶことから、純血化したと考えられています。

昭和6年(1931年)に「甲斐日本犬愛護会」を創立、昭和7年(1932年)日本犬保存会の初代会長斎藤弘吉、獣医師の小林承吉等が中巨摩郡芦安村(現南アルプス市)や奈良田村(後の西山村、現南巨摩郡早川町)に群生していた虎毛、立耳の地犬を調査し、発見した地方に因んで「甲斐犬(かいけん)」と命名、保存活動を開始しました。
また、本来、日本犬の名は「◯◯犬(いぬ)」という呼称になりますが、甲斐犬の場合は「◯◯犬(いぬ)」と呼ぶと「飼い犬(かいいぬ)」と誤解される可能性がある為、例外的に「甲斐犬(かいけん)」と命名される事になりました。

戦国時代には、「門西家文書」によれば永禄3年(1560年)11月3日に甲斐河内領の国衆・穴山信君が湯之奥郷(身延町湯之奥)の土豪で家臣である佐野縫殿右衛門尉が所有する犬3匹の保護を命じています。
これは、穴山氏が佐野縫殿右衛門尉が飼育する猟犬を保護する政策で、縫殿右衛門尉の所有する犬は甲斐犬であった可能性が考えられています。
昭和9年(1934年)、天然記念物に指定されました。
昭和期には甲府市横近習町(現在の甲府市中央)の呉服商・大木喬策(八代目当主)が甲斐犬を飼育しており、喬策の愛犬「ケン号」は1932年(昭和7年)の第一回日本犬展覧会で山梨県知事賞を受賞しています。
昭和9年に甲斐犬が天然記念物に指定されると、喬策は「ケン号」を北白川宮に献上しました。

甲斐犬の特徴

まるで武士のような一途で強い忠誠心

外見

被毛は短めのダブルコートです。
毛色は虎毛で、赤虎・黒虎・中虎がいます。
年齢を重ねる毎に虎毛がはっきりしてくることもあります。
虎毛は山野で狩りをする際の保護色となります。
虎毛部分の色が美しい赤い色素を持つ個体を赤虎毛とするが、赤の色素の無い褐色の縞の黒虎毛も勇壮な虎模様を特徴とするため、「虎毛犬(とらげいぬ)」の別名を持ちます。
また、「鹿犬型」(鹿型犬)と「猪犬型」(猪型犬)の体型がありましたが、現存する甲斐犬は、「鹿犬型」(鹿型犬)であり、猪の他、カモシカも追っていたとされ、細身で体が長めで、岩場に適応して垂直に飛び上がる力に優れています。
北海道犬」や「琉球犬」、中国の「チャウチャウ」などと同様、舌斑を持つ等、弥生時代以前からの特徴を有しており、太く長い毛と、細くてやわらかい短毛が密集しています。尾は差し尾、または巻尾です。
甲斐犬の評価ポイントは、三角形の肉厚な耳の角度、三角目の形、尾っぽの巻き方、足の開き方のバランス、飛節の角度などがあります。

性格

甲斐犬は、現在でも猟犬として活躍していて、気性の強さも大切な要件として繁殖されている犬です。

自ら飼い主だと決めた人に対してだけに見せる純真ともいえる姿は、まるで武士のようです。
状況に敏感で見知らぬ人や犬、他の動物には警戒心を見せますが、信頼し尊敬する飼い主に対しては別犬のように甘えん坊で従順な面を見せます。

体重  12~18kg
体高  43~56cm

甲斐犬の健康

とても健康的な犬種

甲斐犬の平均寿命は、13~16歳ほどです。
長い期間をかけて行ってきた繁殖のなかで、近親交配を避けてきた経緯がありますので、遺伝疾患は比較的少ないです。

甲斐犬の運動

散歩は1回1時間程度を1日2回

十分な量の散歩や運動が必要です。
散歩は1回1時間程度を1日2回を心掛けるようにしましょう。

人間の身長程度の壁をよじ登って越えてしまうことがしばしばあるようです。
運動場を作る場合は、2m以上の高さのフェンスを用意することが安全のようです。
他の犬との相性があまり良くない個体が多いため、ドッグランの利用などはトラブル防止によく注意しておく必要があります。

甲斐犬のしつけ

日々の訓練を行いながら信頼関係を

甲斐犬は気性が強い上に、ただひとりの主人に生涯仕えようとする「一代一主」の典型的な犬です。
主従関係がしっかりと構築できるように、毅然とした態度で臨みましょう。
長く共に暮らしてから他人に譲渡することになった場合、新しい飼い主に馴染むのが大変難しい場合が多くあります。

飼う人の年齢や体力、犬の飼育経験を十分に検討した上で迎えるようにしましょう。
愛玩犬として可愛がるだけでは、気の強い甲斐犬から尊敬される飼い主になるのは難しく、しつけがしにくくなったり、言うことを聞かなくなることがあります。
生活にけじめをつけるとともに、日々しっかりと訓練を行いながら信頼を作りあげましょう。

しつけの基本は必ず確認しましょう⇒犬のしつけの基本理論 完全ガイド
「おすわり」や「待て」など行動別のしつけ方法はこちら⇒犬の行動別しつけ方法

甲斐犬の手入れ

被毛の手入れは楽

ダブルコートの短毛で、被毛の手入れは楽です。
春と秋の換毛期は、定期的にブラッシングを行ってあげましょう。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA