スタンダードプードルの特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

優雅で品のある雰囲気のフランスの国犬 スタンダードプードル

「フレンチ・プードル」とも呼ばれるフランスの国犬でもあるスタンダードプードル。
「トイ・プードル」が人気ですが、元々はこの「スタンダー・・プードル」から始まった品のある中型犬です。

ここでは、スタンダードプードルの誕生した背景や歴史、性格や外見、手入れ方法や散歩の頻度、性質から見るしつけ方の詳細をまとめていますので、是非ご参考になさって下さい。



スタンダードプードルの歴史

フランスの国犬ですが、不明な事が多い犬種

プードルはフランスの国犬ですが、起源については不明な事が多く、古くからヨーロッパ各地にみられ、原産地の特定は困難となっており、フランスだけではなく、ロシアまたは中央アジア北部という説も有力です。

プードルの名前は「跳ねる」を意味するドイツ語の「PUDEL(プデル)」から来ているという説があり、ドイツの水辺で猟をする犬が祖先ではないかとも言われています。

16世紀までのプードルは、荷車を引き、水猟犬としてカモ猟に使役するなどして活躍していました。
胸回りや足先など体の一部を保護するための被毛を残してカットされる独特のトリミングは、水猟犬としてのニーズから生まれたとされています。
ドイツで猟犬として働いていた彼らは、フランスでも当初は猟犬として入り、カモ猟の犬という意味の造語で「カニシュ(caniche)」と呼ばれました。
16世紀末期から17世紀初期になると、小さく作られた「トイプードル」が、フランス上流階級の間で愛玩犬として人気を博すようになりました。
プードルはこの時期までに、すべてのサイズバラエティが存在していたと考えられています。

賢く、訓練性能が良く、人に親しむプードルたちはスタンダード以外のサイズも、サーカスで芸を見せたりトリュフ探しに使われたりするなど様々な目的で使役され、その場に合った改良をされてきたものと考えられます。

ゲーテの「ファウスト」の作中にも黒いプードルが登場し、第二次世界大戦では、救助犬としても活躍しました。
近年でも災害救助犬としての活躍に注目されています。
サイズの種類は多いですが、それぞれのプードルの能力はほとんど違いはありません。

スタンダードプードルの特徴

最も知能の高い犬種のひとつで、フレンドリーな性格

プードルは大きさによって4つに分類されており、小さい順に、トイ、ミニチュア、ミディアムと続き、最も大きいのがスタンダード・プードルです。

体長と体高がほぼ同じのスクエア型と呼ばれる体型をしており、四肢は細く、頭は小さめで、耳は垂れ耳です。

被毛はシングルコートで、品のある巻き毛が特徴的ですが、これは水に濡れても乾きやすいという利便性から生まれました。
カラーは様々あり、ブラック、ホワイト、グレー、ブラウン、アプリコット、クリーム、シルバー、レッド、カフェオレなどがあります。
毛色の濃淡は認められてはいるものの、基本的にはソリッドカラー(単色)です。

性格は、明るくて活発であり、飼い主に対しては従順です。
非常に賢く、好奇心も強くて、小さなお子さんや他の動物とも仲良くする事が出来ます。
理想的な家庭犬と言えるでしょう。

プードル
外見

プードルはすべてのサイズバラエティにおいて、体長と体高がほぼ同じのスクエアな体型です。
細い手足に小さな頭をしています。
被毛は独特の巻き毛は、シングルコートですので毛は抜けにくく、犬特有の体臭もほとんどありません。
毛色はホワイト、ブラック、シルバー、ブラウン、ブルー、グレー、シルバー・グレー、クリーム、カフェ・オ・レ、レッド、アプリコット、ベージュ、シャンパンで、単色の毛色(ソリッド・カラー)以外は失格とされています。
中間色は生後1ヶ月前後から退色が始まり、徐々にまたは急速に毛色が変化していきます。

性格

性格は明るく温厚で、活発です
最も知能の高い犬種のひとつとされていますが、甘えん坊で神経質な一面もある。
飼い主にも従順で、とても優秀なパートナーとなってくれます。

体重  16~25kg
体高  45~60cm

スタンダードプードルの健康

「アジソン病」、「クッシング症候群」などに注意!

スタンダード・プードルの平均寿命は、12〜15歳ほどです。

プードルは、「アジソン病」、「クッシング症候群」など、副腎にかかわる内分泌由来の疾患が多いとされています。
食欲が無かったり、急激に痩せたり、最近元気がないと思われたら、獣医に受診するようにしましょう。
急性の場合は、命の危険もありますので、速やかに行動をしましょう。

また、膝のお皿が本来の場所からずれてしまう「膝蓋骨脱臼」、「進行性網膜萎縮症(PRA)」、「流涙症」、「レッグ・パーセス症」、「外耳炎」、「てんかん」にも注意が必要です。

スタンダードプードルの食事

年齢や体調に合わせたフードを選びましょう

子犬の頃とシニア犬になった頃に必要とされるカロリーや栄養素は変わってきます。
また、食欲が旺盛な子にはカロリーバランスを考えて、低カロリーの食事を与える必要があります。

以上のように「子犬用」「成犬用」「シニア犬用」「体重管理用」など、年齢と目的に応じたフードを与えましょう。

愛犬に合ったドッグフードを探す

愛犬の健康を考える上で、食事の管理を大切です。
「太りすぎだな」と思ったら、低カロリーのフードにしなくてはいけません。
逆に年老いてきて、食欲が細くなったら、少ない量でもエネルギーを取れる老齢犬用のフードに替える必要があります。

下記は様々な犬用品を卸値に近い価格で提供してくれるサイトです。
参考までにどうぞ。

愛犬のフードを探す⇒外部リンク:犬の通販デパート ニコシティ

スタンダードプードルの運動

毎日1時間程度の散歩を

美しく気品ある容姿ですが、意外と体力がありますので、出来れば毎日1時間程度の散歩はしてあげたいところです。
また、非常に賢く好奇心も強いので、少し頭を使うゲーム的な運動や、水泳も得意なので、安全な環境で水遊びなどもさせてあげましょう。

フレンドリーな性格なので、ドッグランに連れて行っても、家族外の人やほかの犬種ともトラブルなく対応してくれます。

スタンダードプードルのしつけ

しつけもすぐに覚えてくれます

貸主に従順で、とても聡明ですので、しつけもすぐに覚えてくれます。
サーカスでも活躍できるほど、訓練性能に優れています。
大変賢いですが、遊び好きでもあるので、放置すると大変ないたずら者になる可能性がありますので、服従訓練などは必ず行いましょう。
頭が良いので、物覚えも早いので、逆に飼い主の正確な指示が必要とされます。

しつけの基本は必ず確認しましょう⇒犬のしつけの基本理論 完全ガイド
「おすわり」や「待て」など行動別のしつけ方法はこちら⇒犬の行動別しつけ方法

スタンダードプードルの手入れ

少なくとも週に2~3回はブラッシングを

シングルコートですので、抜け毛は少ないですが、毛玉になりやすいので、少なくとも週に2~3回はブラッシングを行いましょう。

シャンプーは月1回を目安に行って下さい。

また、垂れ耳ですので、定期的に耳掃除を行って下さい。
耳掃除を怠ると、「外耳炎」のリスクが高まります。

スタンダードプードルの価格

30万円前後が目安

スタンダードプードルは、ペットショップで見かける事はまずありません。
もしも家族に迎え入れるのであれば、ブリーダーさんから直接購入する方法がメインとなります。
その際の値段ですが、30万円前後が目安となります。
ただ、ドッグショーなどで入賞歴があるブリーダーさんですと、値段も高くなり、血統によっては70万円以上する場合もあります。

ブリーダーさんから直接購入する際は、必ず現地へ行き、飼育環境やブリーダーさんの人柄などを確認し、信頼できるかを見極めたうえで決定するようにしましょう。

まとめ

✔ 全犬種中トップクラスの聡明さ
✔ 副腎にかかわる内分泌由来の疾患に注意

スタンダードプードルは、非常に聡明であり、ボーダーコリーに次ぐ賢さを持っているとも言われています。
飼い主に対して非常に従順でもあるので、しつけは非常にし易い犬種と言えます。

また、スタンダードプードルは、副腎皮質ホルモンに関わる疾患が多い犬種とされています。
特に「アジソン病」はスタンダードプードルに多く、最悪の場合、命の危険もある恐ろしい病気です。
特徴としては、徐々に弱っていきます。多飲多尿であったり、食欲が無くなったりしたら、速やかに動物病院へ受診するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA