オーストラリアンシェパードの特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

オーストラリアンシェパードの誕生した背景・歴史、性格や外見、手入れ方法や散歩の頻度、性質から見るしつけ方などがここにあります。

オーストラリアンシェパードの歴史

1800年代にバスク地方からオーストラリアへ移住した羊飼いが牧羊犬として持ち込んだのが本種の先祖とする説が有力です。これらの羊飼いはその後、牧羊犬と共にアメリカ合衆国西部へ再移住しました。
この犬は「グレート・ピレニーズ」、「ワーキング・コリー」、「ティモンズ・バイター」、「ラフ・コリー」、「スムース・コリー」、「ボーダー・コリー」などです。これらが自然に交雑して生まれた犬種ですが、初期にはオーストラリアから直接連れて来られた犬種であるとみなされていたため、このような犬種名になっています。
現在は世界中で多く飼育されていて、牧羊犬としてだけでなく聴導犬や救助犬、麻薬探知犬や介助犬、ドッグスポーツ用の犬として広い分野で使われています。勿論、ペットやショードッグとしても人気が高く、日本でも人気がある犬種で、国内でもブリーディングが行われています。
オーストラリアンシェパード

外見  コリータイプの体型をしており、脚は長く、マズルはやや短い。
耳は垂れ耳です。尾は短いが断尾されている訳では無く、ナチュラル ボブテイルという生まれながらの短尾でコートはロングコート、毛色はブラックトライ・レッドトライ・ブルーマール・レッドマールの4色。アメリカ先住民から「ゴーストアイ」と呼ばれていた瞳の色は黒(アメリカでは茶色とする)のものと青のもの、オドアイ(黒と青)のものがいます。
性格  陽気で優しく愛情深い性格をしています。警戒心と独立心に富み、責任感の強い面も持ち合わせています。仕事熱心で愛情深い牧畜犬です。おとなしいので、他の犬や子供と遊ぶことも大好きで、犬同士で喧嘩することも滅多になく、家庭でも飼いやすいです。
体重  16~32kg
体高  46~59cm

オーストラリアンシェパードの健康

残念ながら、乱繁殖により眼に遺伝性の疾患を持つ個体が多いです。生まれつきの盲目や失明しやすかったり、難聴や耳が聞こえなかったりする血統もいますが、血統書で判断出来ますので、飼育予定の方は充分に調査した上で入手するようにしてください。注意しなければいけない寄生虫はフィラリアです。イベルメクチンという成分のフィラリアの予防薬はコリー系の犬に中毒症状を引き起こす恐れがあると言われているので獣医と相談して処方してもらってください。
また、股関節疾患にも注意が必要です。

オーストラリアンシェパードの運動

身体能力が高く、運動量はとても多く、最低でも60分、駆け足などの運動を兼ねた散歩を、毎日2回することが必要です。肉体的、精神的な両方の面で、活動的に行える運動がオススメします。

たった55秒でペット保険の無料資料請求

 大切なペットの具合が悪くなり、動物病院へ行くと、
 かなりの請求金額になる事はよくあります。

 ケガや病気で手術が必要となった場合、
 「入院費+手術代で120,000円」ですとなったら、
 どうしますか?
 
 いざという時の為にも人間と同様に保険には加入を検討してみて下さい。

 保険料よりも補償内容をきちんと比較する必要があります。
 保険料の安さだけで選んだら、いざ、病院に行ったら、
 「こちらは保険外です」なんて事にならないように、

 ワンちゃんの為にも、飼い主様の為にも、しっかりと各社を比較して、
 ご自分と愛するペットに最適な保険を選びましょう!

 大切なペットの保険選びの前に「無料資料請求」はこちら ⇒ 保険スクエアbang!/ペット保険

オーストラリアンシェパードのしつけ

大変賢いので一度覚えると従順で状況判断力にも富んだ行動をとれるようになります。牧畜犬の本能が残っているせいか、小動物や自分より小さい子供を軽く噛むことでコントロールしようとするため注意が必要です。噛み癖は幼犬のときにしっかりとしつけておいてください。

しつけの基本は必ず確認しましょう⇒犬のしつけの基本理論 完全ガイド
「おすわり」や「待て」など行動別のしつけ方法はこちら⇒犬の行動別しつけ方法

オーストラリアンシェパードの手入れ

手入れは週に1~2回ほど、ブラッシングやコーミングを行ってあげてください。シャンプーは汚れが気になった時で問題ありません。皮膚炎を防ぐためにも換毛期には入念にブラッシングをして、抜け毛をしっかり取り除いてあげてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA