グレートピレニーズの特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

グレートピレニーズの特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

グレートピレニーズの誕生した背景・歴史、性格や外見、手入れ方法や散歩の頻度、性質から見るしつけ方などがここにあります。


  • グレートピレニーズの歴史
  • グレートピレニーズの特徴
  • グレートピレニーズの健康
  • グレートピレニーズの運動
  • グレートピレニーズのしつけ
  • グレートピレニーズの手入れ

グレートピレニーズの歴史

マリー・アントワネットの護衛犬

グレート・ピレニーズは家畜を保護するために飼われ、数千年前からチベット高原で飼われる大きな犬「チベタン・マスティフ」の子孫だと言われています。
紀元前1800年から1000年の間に、この大きな犬は西方へと移動する遊牧民やアジア系民族の侵略に伴われて徐々に中央・西アジアを西進し、紀元前6世紀頃にヨーロッパに到達したと推測されています。
1675年頃、ルイ14世が宮廷犬として愛玩したことから、当時の流行犬となり、マリー・アントワネットはピレニーズを護衛犬として所有していました。
中世から始まって19世紀中頃まで、この犬種はフランス王立法廷の公式犬としても用いられています。
1850年には英国のビクトリア女王がピレニーズを所有していました。
その後、山岳では狼や熊などの野生動物が減り、上流階級でも犬による護衛が行われなくなると、グレートピレニーズの人気も徐々に下がり、原産国フランスでも絶滅寸前と言われた時代さえありました。
そんな中、山岳地帯で生き残っていたピレニーズたちが愛好家により発見され、彼らを土台に改良繁殖が行われることになりました。
19世紀後半には最初にイギリスで公認の犬種として登録され、本国フランスでは、20世紀初頭にかけて愛好家たちの手によりスタンダード(犬種標準)が定められました。
アメリカには少数のピレニーズたちが早い時代に「ニューファンドランド」作出の基礎犬として入りましたが、20世紀前半に本格的に輸入され、アメリカンケンネルクラブでも登録されることとなりました。

グレートピレニーズの特徴

もふもふの被毛が魅力的な温厚で穏やかな犬種

グレートピレニーズ
 
外見 グレートピレニーズは巨体でありがなら意外と敏捷であり、優雅かつ迫力のある姿をしています。
体長は体高よりやや長く、がっちりとした骨格で大きな頭に垂れ耳です。
被毛はもふもふのダブルコートで、厚い毛に覆われた大型犬です。
毛色は、白、グレー、薄いイエロー、ウルフカラーなどです。
性格 飼い主に対して忠実で、散歩や広い場所で人と接することが大好きです。また、子供も好きです。
グレートピレニーズはもともとは番犬・牧羊犬として、防衛能力と運動能力の向上を目的に繁殖されていました。
警戒心の強いこの性質は近年の交配により弱められているものの、完全に失われたわけではなく、個体差があります。
縄張り意識が強いため、見知らぬ人には警戒心をむき出しにします。
グレートピレニーズは洞察力があり、自分で考える力があるため、主人より先回りして判断をしようとすることがあります。
体重  50~60kg
体高  65~81cm

グレートピレニーズの健康

「骨肉腫」に要注意

グレート・ピレニーズの平均寿命は10〜12歳ほどです。

グレートピレニーズがかかりやすい病気として「骨肉腫」が知られています。
定期的な健康診断や日頃からよく体に触れ、歩き方の異常など早期発見に努め、腫瘍の小さいうちに処置ができることが望ましいです。

また、大型犬ですので、「股関節形成不全」にも注意が必要です。

グレートピレニーズの運動

暑さが苦手なので、季節ごとに散歩の時間を変えましょう

グレートピレニーズは身体を動かすことが好きですが、日本の夏の気候は厳しいため散歩は30分程度にするのが無難かもしれません。
逆に寒い季節は積極的に連れ出して1時間以上はたっぷりと運動するようにしましょう。
体重があるので、跳躍などの運動は避け、関節に負担を掛けないようにしましょう。

グレートピレニーズのしつけ

信頼関係を作っておく必要

グレートピレニーズは自分の判断で行動することが身に着いています。
ですので、飼い主のリーダーシップがとても重要になります。
比較的コントロールしやすい子犬や若い犬のうちから、きちんとしたしつけや訓練を通して信頼関係を作っておく必要があります。

しつけの基本は必ず確認しましょう⇒犬のしつけの基本理論 完全ガイド
「おすわり」や「待て」など行動別のしつけ方法はこちら⇒犬の行動別しつけ方法

グレートピレニーズの手入れ

毎日、ブラッシングを

換毛期でなくても下毛は相当抜けます。
できれば毎日、ブラッシングで抜け毛を取り去ってあげたいです。

また、ろ足の足首あたりに「狼爪」と呼ばれるツメがあります。
狼爪はほかの爪とは異なり、お散歩などで自然に削れるということがないので、月に1〜2回程度、忘れずに爪切りをしてあげるといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA