ラフコリーの特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

ラフコリーの特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

ラフコリーの誕生した背景・歴史、性格や外見、手入れ方法や散歩の頻度、性質から見るしつけ方などがここにあります。


  • ラフコリーの歴史
  • ラフコリーの特徴
  • ラフコリーの健康
  • ラフコリーの運動
  • ラフコリーのしつけ
  • ラフコリーの手入れ

ラフコリーの歴史

「コリー」とは「黒い犬」という意味

ラフ・コリーは、スコットランド原産で、また、単に「コリー」と呼ばれることが多いです。
「コリー」という名前はスコットランド語で「黒い犬」という意味です。
約2000年前にローマ人がスコットランドに連れてきた牧羊犬がルーツと言われています。
牧羊犬として羊の誘導の他に、水難救助犬としても活躍していました。
コリー犬には、毛の長い犬種(ラフ・コリー)と、短い犬種(スムース・コリー)がおり、1860年代には「スムース・コリー」がヴィクトリア女王を気に入ったため、兄弟種として「ラフ・コリー」も人気が出ました。
「スムース・コリー」は「イングリッシュ・グレイハウンド」を、「ラフ・コリー」は「ボルゾイ」をそれぞれ交配させ、両犬種は現在のマズルや脚が長い洗練された姿に改良されました。

ラフコリーの特徴

気品に満ち溢れて優しく、とても温厚

ラフコリー
外見 マズルと脚が長く、先が折れ曲がった半垂れ耳(セミクリップイヤ)で、ふさふさしたサーベル形の垂れ尾を持ちます。
被毛は美しいロングコートを持ち、首回りや脚回りの飾り毛がなんとも気品に満ち溢れています。
毛色はブラック・アンド・ホワイト、ホワイト、セーブル、マーブルなどがあります。
性格 陽気で優しく、とても温厚で我慢強い性格です。
また、非常に賢く、飼い主に従順なので初心者でも飼いやすいです。
体重  20~34kg
体高  56~61cm

ラフコリーの健康

目や耳、胃などの消化器系が弱い傾向

「コリー・アイ」と呼ばれる疾患には注意が必要です。
成長に従って目の中の血管や組織の異常化が進行し、失明する恐れもあります。
また、頭部が白いコリーや、両親がブルーマールやセーブルマールの場合、聴覚障害や視覚障害を起こす可能性が高くなります。

また、コリーは「胃がん」にも注意が必要で、消化器が弱い傾向があります。

毛量の多さから暑さに弱いので、エアコンなどで温度管理が必要です。

なお、ラフコリーは「イベルメクチン」というフィラリア予防薬にも使われる成分に敏感で、突然倒れるなど神経症状を起こすことがあります。
フィラリア予防薬は必ず獣医師と相談しましょう。

ラフコリーの運動

運動量は多め

たくさんの運動量を必要とし、毎日1~2時間の散歩が必要です。
定期的にドッグランなどへ行き、思い切り自由に走らせる事も重要です。
人と接するのが大好きな犬種ですので、一緒に遊んであげて下さい。

ラフコリーのしつけ

しつけは難しくない

非常に賢く物覚えが良いので、しつけは難しくありません。
ただ、賢いだけに甘やかすと飼い主さんの事をなめてしまいますので、幼犬期からしっかりとしつけを行いましょう。

しつけの基本は必ず確認しましょう⇒犬のしつけの基本理論 完全ガイド
「おすわり」や「待て」など行動別のしつけ方法はこちら⇒犬の行動別しつけ方法

ラフコリーの手入れ

日々のブラッシングで気品を維持

ラフコリーは長毛のダブルコートで、抜け毛も多いので、できれば毎日ブラッシングをしてあげましょう。
特に換毛期である暖かい季節は、ペットサロンへ行くなどして、しっかりと手入れをしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA