犬のブドウ膜炎

ワイヤーフォックステリア

犬のブドウ膜炎~愛犬の目の瞳孔が小さくなったと思ったら~

犬のブドウ膜炎とは、眼球のブドウ膜に炎症が生じた状態を言います。
ブドウ膜(眼球血管膜)とは虹彩(こうさい)、毛様体(もうようたい)、脈絡膜(みゃくらくまく)など血管に富んだ膜の総称です。
・虹彩:眼球に入る光の量を調整する絞り
・毛様体:水晶体より前方の空間を満たす房水という液体の分泌や流出に関わり、また、水晶体を支え、遠近調節を行うなどの働きを持っています。
・脈絡膜:血管が豊富に走行し、眼球や網膜に酸素や栄養を与える補給部隊として機能しています。

脈絡膜に発生した炎症を「脈絡膜炎」、毛様体に発生した炎症を「毛様体炎」、そして虹彩に発生した炎症を「虹彩炎」と呼び分けることもあります。
その多くは互いに随伴して発生するため、多くの場合は一括して「ブドウ膜炎」と呼ばれます。

ここでは、犬のブドウ膜炎の主な原因はもちろん、症状から対処法、かかりやすい犬種などをまとめていますので、是非ご参考になさって下さい。


  • 犬のブドウ膜炎の主な症状
  • 犬のブドウ膜炎の主な原因
  • 犬のブドウ膜炎の主な治療法 

犬のブドウ膜炎の主な症状

犬のブドウ膜炎の主な症状として、瞳孔が小さくなる縮瞳(しゅくどう)があります。
他には、白目の部分が赤く充血したり、涙が増えたりすることもあります。
また、虹彩や瞳孔の前の部分で、もやがかかったように白く見える、出血している、白い液体が溜まっている(蓄膿)などの症状が現れる犬もいます。

主な症状
☆角膜の裏側がにごる
前房出血
☆虹彩の変形
☆瞳孔が縮む
☆涙が増える
☆目やにが増える
☆目をこすろうとする

犬のブドウ膜炎の主な原因

犬のブドウ膜炎の原因は、様々なものがありますが、原因が分からない特発性も多いです。
主な症状は、下記にまとめていますので、是非ご参考になさって下さい。

犬のブドウ膜炎の主な治療法 

  • 基礎疾患の治療
    別の疾病によってブドウ膜炎が引き起こされている場合は、そうした基礎疾患への治療が施されます。
    感染症が原因の場合は抗生物質、抗真菌薬、駆虫薬の投与、角膜炎結膜炎が原因の場合はまずそれらの疾患に対する管理が優先されます。

  • 対症療法
    ブドウ膜皮膚症候群や色素性ブドウ膜炎など、原因がよくわからない場合は、症状を抑えることを目的とした対症療法が施されます。
    具体的には炎症を抑えるための点眼薬、結膜下注射などです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA