犬のイヌヘルペス感染症

犬のイヌヘルペス感染症~子犬が乳を飲まなくなったり、嘔吐やよだれを垂らしたら~

犬のイヌヘルペス感染症とは、イヌヘルペスウイルス(CHV)によって引き起こされる感染症です。
イヌヘルペスウイルスは世界中の犬で普通に見られるありふれたウイルスで、オオカミやコヨーテなど、他のイヌ科動物にも感染することが確認されています。
成犬ではほとんど無害ですが、体温調整能力や免疫力が未発達な生後間もない子犬に感染した場合は、腎臓、肺、肝臓などの壊死により大半が死に至ります
潜伏期間は約1週間で、発症から死亡まではおおむね4~7日です。

発症するのは生後1~3週間の子犬がほとんどです。
この病気が子犬に限られている理由として、ウィルスが活発に活動する温度と、体温調節機能が未熟な子犬の体温との関係が考えられています。

ここでは、犬のイヌヘルペス感染症の主な原因はもちろん、症状から対処法などをまとめていますので是非ご参考になさって下さい。


  • 犬のイヌヘルペス感染症の主な症状
  • 犬のイヌヘルペス感染症の主な原因
  • 犬のイヌヘルペス感染症の主な治療法

犬のイヌヘルペス感染症の主な症状

犬のイヌヘルペス感染症の主な症状は、乳を飲まなくなったり、嘔吐やよだれがでるなどが挙げられます。
感染してから発病するまでの潜伏期間は1週間程度で、発病後、多くが4~7日ほどで死亡します。

主な症状
☆乳を飲まなくなる
☆持続的な泣き声
嘔吐
よだれ
下痢(黄緑~緑)
☆息切れ
肺炎
☆腹痛(おなかを触ると痛がる)

犬のイヌヘルペス感染症の主な原因

感染のほとんどが母犬→子犬というルートであるため、生まれてきた子犬すべてが感染してしまうというケースも珍しくありません。
また妊娠したメス犬が同じ場所に集められている繁殖施設のような場所では、たった1頭の感染犬からウイルスが蔓延し、いわゆる「流産の嵐」と呼ばれる大惨事を引き起こすこともあります。

  • 垂直感染 
    母犬の胎内にいるとき、胎盤を経由してウイルスに感染します。
    出産前の3~4週間で母犬が感染した場合、胎盤感染した胎仔は産まれる前に死亡してミイラ化することもあります。
    また仮に生きて生まれたとしても瀕死の状態です。

  • 産道感染 
    母犬の体から外に出る際、産道に付着したウイルスに感染します。

  • 経口感染 
    母犬の口や鼻からの分泌物と子犬の口や鼻が接触することによってウイルスに感染します。

犬のイヌヘルペス感染症の主な治療法

現在のところ有効なワクチンは存在しません。
ウィルスの活動を弱めるために、子犬の体温を上げるため、積極的に保温することも有効な可能性があるとされています。

  • 保育器への隔離 
    発症してしまった子犬を救うことは、ほぼ不可能に近いといわれます。
    感染犬の近くにいた兄弟姉妹犬を救うため、保育器に隔離して体温を38度以上に保つことがありますが、これも確実な方法ではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA