犬の副鼻腔炎(ふくびくうえん)

 鼻の奥にある空洞、「副鼻腔」内に炎症が発生した状態です。

 副鼻腔の一部は鼻腔とつながっているため、鼻腔内に炎症があると、小さな穴を伝って副鼻腔内に侵入してしまうことがあります。鼻腔と副鼻腔の炎症は併発することが多いため、「鼻副鼻腔炎」(びふくびくうえん)と合体させて呼ばれることもしばしばです。ちなみに炎症の結果として副鼻腔内に膿(うみ)がたまった状態は蓄膿症(ちくのうしょう)と呼ばれます。

たった55秒でペットの安心を確認しませんか?

 大切なペットの具合が悪くなり、動物病院へ行くと、
 かなりの請求金額になる事はよくあります。

 ケガや病気で手術が必要となった場合、
 「入院費+手術代で200,000円」ですとなったら、
 どうしますか?
 
 いざという時の為にも人間と同様に保険には加入を検討してみて下さい。

 保険料よりも補償内容をきちんと比較する必要があります。
 保険料の安さだけで選んだら、いざ、病院に行ったら、
 「こちらは保険外です」なんて事にならないように、

 ワンちゃんの為にも、飼い主様の為にも、しっかりと各社を比較して、
 ご自分と愛するペットに最適な保険を選びましょう!

 大切なペットの保険選びの前にたったの55秒で「無料資料請求」はこちら ⇒ かわいいペットの急な病気に備えて!!

主な症状
☆鼻水
☆くしゃみ
☆鼻が詰まって呼吸が荒くなる
☆鼻筋が盛り上がる
結膜炎鼻炎の併発
☆鼻や顔を気にするそぶりを見せる

 

犬の副鼻腔炎の主な原因

  • 鼻腔内に鼻炎が発生していると、隣接している副鼻腔内にまで炎症が波及してしまうことがあります。副鼻腔炎の大部分はこのパターンです。
  • 犬の副鼻腔には、額に近い場所にある「前頭洞」(ぜんとうどう)と、奥歯に近い場所にある「上顎洞」(じょうがくどう)の2つがあります。このうち特に「上顎洞」の方は、上顎に発生した炎症の影響を受けることがあります。具体的には歯周病です。

 

犬の副鼻腔炎の主な治療法

  • 別の疾病によって副鼻腔炎が引き起こされている場合は、まずそれらの基礎疾患への治療が施されます。鼻炎が原因の場合は抗生物質や抗真菌薬の投与、また歯周病が原因の場合はそちらの治療が優先されます。
  • 症状が重く、犬が呼吸困難を示しているような場合は、取り急ぎネブライザーと呼ばれる吸入器を用い、鼻やのどに薬剤を噴霧して炎症を抑えます
  • 副鼻腔に膿がたまる「蓄膿症」を発症している場合は、チューブなどを用いてたまった膿を洗い流します

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA