犬の心不全

犬の心不全~呼吸が荒くなったり、口の粘膜や舌が青白くなったりしたら~

 犬の心不全とは、心臓そのもの、もしくは心臓とかかわる臓器に何らかの異常が生じ、全身に血液を送り出すことができなくなった状態のことです。
 特定の病気を指しているわけではなく、心臓本来の働きが障害された状態を示す広い概念と言えます。

 心不全には、急性心不全と慢性心不全の2種類があります。
 急性心不全は、急激に心機能が低下した、命を落としかねない危険な状態です。
 慢性心不全は、長期間にわたり徐々に心機能が低下し、心不全の状態が進行していきます。

 心臓の右側に位置している右心室や右心房に障害があると、本来そこに流入するはずの腹部からの血液が渋滞を起こし、おなか、肝臓、脾臓などに水分がたまってしまいます。
 逆に、心臓の左側に位置している左心室や左心房に障害があると、本来そこに流入するはずの肺からの血液が渋滞を起こし、肺の中に水分がたまってしまいます。

 ここでは、犬の心不全の主な原因はもちろん、症状から対処法などをまとめていますので、是非ご参考になさってください。


  • 犬の心不全の主な症状
  • 犬の心不全の主な原因
  • 犬の心不全の主な治療法

犬の心不全の主な症状

 犬の心不全の主な症状としては、元気がなかったり、呼吸が荒くなったり、口の粘膜や舌が青白くなったりします。
 さらに病状が進行すると、腹水や胸水なども現れます。

  主な症状
☆右心系心不全 胸水・腹水(おなかが膨れる)・肝臓の腫れ・四肢のむくみ
☆左心系心不全 高窒素血症(腎前性)・肺水腫・夜間に悪化する咳
☆共通 元気がない・すぐに疲れる・運動を嫌がる・呼吸が荒い・酸欠によるチアノーゼや失神

犬の心不全の主な原因

 犬の心不全の原因は、主に心疾患です。
 心臓の疾患部位によって、原因が異なります。
 下記にまとめましたので、是非ご参考になさってください。

犬の心不全の主な治療法

 心不全の治療は、原因となる疾患や状態によって治療法が選択されます。

  • 基礎疾患の治療
    心不全が何らかの他の疾患の影響で生じているような場合は、まず基礎疾患の治療が優先されます。

  • 投薬治療
    症状に応じて強心薬、利尿薬、血管拡張薬などの薬が投与されます。
    期間も一時的なものから一生にわたるものまで様々です。

  • 運動制限
    慢性的な心不全を抱えている場合は、過度な運動を控えて心臓への負担を減らします。

  • 食事制限
    塩分の高い食事は高血圧を招き、心臓への負担を増やしますので、適正量を守るようにします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA