土佐闘犬の特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

土佐闘犬の特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

土佐闘犬の誕生した背景・歴史、性格や外見、手入れ方法や散歩の頻度、性質から見るしつけ方などがここにあります。


  • 土佐闘犬の歴史
  • 土佐闘犬の特徴
  • 土佐闘犬の健康
  • 土佐闘犬の運動
  • 土佐闘犬のしつけ
  • 土佐闘犬の手入れ

土佐闘犬の歴史

海外で「ジャパニーズマスティフ」と呼ばれる犬種

土佐闘犬(とさとうけん)は、鎌倉時代または室町時代から闘犬が行われており、藩士の士気を高めるため土佐藩では「四国犬」を使った闘犬が盛んでした。
江戸後期から明治にかけて「四国犬」に「イングリッシュ・マスティフ」、「オールド・イングリッシュ・ブルドッグ」、「セント・バーナード」、「ブル・アンド・テリア」、「グレート・デン」などを配し作出されました。
海外では、「ジャパニーズマスティフ」と呼ばれ、飼育の規制対象に指定されている国もあります。
また、単に土佐犬と呼ばれる事もあります。

土佐闘犬の特徴

普段は穏やかな超強面な闘犬

外見

骨太で堂々とした風格があります。
筋肉質で頭は大きく、特徴的な垂れたマズル、皮膚は咬まれても大丈夫なように弛んでいます。
長いたれ尾に、耳はたれ耳だが稀に笹耳もいます。
毛色は赤、黒、虎が基本色です。

性格

飼い主に忠実であり、とても人懐っこくて、普段は穏やかな愛嬌のある性格しています。
また、忍耐強い性格ですが、ふとしたときに闘争本能が目覚めることがあります。
闘犬用として作られた犬なので、闘争本能が強く成犬のオス同士は近づけない方が良いでしょう。

体重  30~90kg
体高  60~95cm

土佐闘犬の健康

「股関節形成不全」や「肘関節形成不全」に注意

大型犬ですので、「股関節形成不全」や「肘関節形成不全」、「胃捻転」にも気をつけたほうが良いようです。
食後に運動をさせないことや、一回に多くの量をどか食いさせることはやめましょう。

土佐闘犬の運動

毎日1回1時間以上の散歩2回以上

体が大きく体力もあるので、毎日1回1時間以上の散歩2回以上が必要です。
また、散歩なども人や他の犬があまりいない場所、時間帯を選ぶと良いでしょう。

土佐闘犬のしつけ

それなりの覚悟が必要

土佐闘犬を飼うには、それなりの覚悟が必要となります。
子犬の頃から多くの人に触れさせ、たくさんの犬とも触れさせながら社会化訓練をすることが非常に大切です。
また、非常に力の強い土佐闘犬をコントロールするために、スキンシップの時間を多くし、確固たる信頼関係を築く必要があります。
深い知識や十分な時間が必要となりますので、それを行う覚悟がないなら飼育は諦めましょう。
いずれにしても専門のトレーナーに訓練してもらう事をおすすめします。

しつけの基本は必ず確認しましょう⇒犬のしつけの基本理論 完全ガイド
「おすわり」や「待て」など行動別のしつけ方法はこちら⇒犬の行動別しつけ方法

土佐闘犬の手入れ

被毛の手入れは楽?

固い短毛なので、お手入れはブラッシングより濡れたタオルで拭いてあげましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA